2007年08月19日

W54Tのカメラの性能カメラキャラクター(万歳)



ムービーが凄いと評判のW54Tで予想外に健闘していると評されるのがカメラの性能カメラにこ(ネコ)
リコーファンの僕としては手に馴染んだ感のある28mm広角だし、僕もやっぱり試したくなるわけですうっしっし(ネコ)

そんで撮ったのがこの写真

・・・電柱が歪んでる青ざめ

28mmともなると歪曲収差があるのはともかく、これは許せるってレベルじゃねぇ・・・


って・・・嘘です。ごめんなさい平謝り


W41Sの時もこうやって遊んでた記事をアップしましたが、カメラを持った手を大きく振りながらシャッターを切ってグニャグニャ写真を撮って遊んでたのですwww泣き笑い(ネコ)

しかし、驚いたのはこの写真最大解像度で撮っているにもかかわらずシャッタースピードはW41Sの時と差はないどころか若干早い様です。
手の振り加減と写るグニャグニャ加減で処理速度が判る訳ですね。なんつー調べ方だとか言わんでねwww泣き笑い(ネコ)

実際300万画素で携帯カメラがこのスピードでシャッターを切れたら御の字じゃないでしょうか。
しかも、広角28mmです。さすがに歪みも目立つ物の携帯のカメラとして考えればトイカメラ的にその歪みも楽しむのが筋ってもんでしょうOK!2

後は遠近感など強調される28mmの魅力を活かしたグニャグニャ写真の撮り方をじっくり考えなくてはなりません。

・・・東京なんかに住んでたら摩天楼で中心に近い高層ビルを捕らえアオリでグニャグニャ〜っと撮ると見てて酔いそうな迫力ある写真が出来そうです。
あぁ・・・都会の人が羨ましいwww泣き笑い(ネコ)

ま、田舎には田舎の被写体があるでしょうから、色々追いかけて見る事にいたします。
いずれグニャグニャギャラリーでも作りましょうかねwうっしっし(ネコ)


posted by 犬すけ at 22:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | Photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。