2007年10月17日

KCP+からUIが変わる?VIVID UI うっしっし(ネコ)

前の記事でも同じ内容の事を書いたのですが、その記事では触れなかったもう一つの革新について...

「KCP+」導入開始、マルチウィンドウやVIVID UIなどを採用
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/36740.html
KCP+の一部として、auとしては初}}めて、{{keyword:アクロディア製の技術{{keyword:「}}VIVID UI」が導入される。従来のFlash Liteと比べると「メニュー画面での動画再生」が、他キャリアで採用されているVIVID UIと比べると 「3D表示」が大きな特徴となる。

メインメニューのほか、第2階層やアドレス帳、ダイヤル発信画面など適用できる。アニメ再生のFlashLiteと比べると、実写動画を扱えることが特徴的な機能とされているほか、3D表示を活かせば「リングが回転するようなメニューも作成できる」という。なお、対応機種のW56T、W54S、W54SAに3D表示のメニューはプリセットされない。

・・・との事で、これだけ読んだだけでは「ふ〜ん・・・3D表示が出来て派手になるのかな?Flashの自作メニューはもう使えないのかしら困り」とか「秋冬モデルは3Dじゃないんだ・・・チュッ」くらいにしか思わなかったりするわけですが・・・

アクロディアのVIVID UIのページを見てみると・・・
http://www.acrodea.co.jp/product/ui/index.html

アクロディアの「VIVID UI」は、携帯電話自体を使いやすくするのではなく、携帯電話のメニューや操作方法に着目し、それを使いやすくすることで、必要な機能を無駄なく簡単に使いこなすことを可能にするUIです。使い慣れた機種の操作方法を新しい機種でも設定できるSoftBank「おなじみ操作」など、ユーザーのニーズに合わせて携帯電話をカスタマイズする製品として採用されています。

DoCoMo SH903iなど、より魅力的な「きせかえツール」の動画対応コンテンツを実現する技術として採用されています。

使用例
DoCoMo:N904i, SH904i, SH903i, SH903iTV, SH704i, SH703i
SoftBank:913SH, 912SH, 911SH, 815SH, 814SH, 812SH, 810P


へぇ・・・DocomoもSBも採用してる技術なのね・・・で、他キャリアって事は2社が現時点でサポートしていない3Dを使えるわけねチュー(ネコ)
って事でやっぱり「ふ〜ん・・・今流行りの技術なんだ」って事で片付けようと思ったら、アクロディアのサイトの説明でこんな事が書いてありましたびっくり

http://www.acrodea.co.jp/product/ui/index.html
「VIVID UI」のオーサリングは、「Workshop」というツールを使用して行います。GUIベースであるためコーディングが必要なく、WEBサイトを制作する感覚でスクリプト生成が行えます。ユーザインターフェース開発におけるプログラマとデザイナーの作業をきれいに分離することができ、デザイナーはUIコンポーネントをスクリーン上に配置するだけで、UIの外観をデザイナーの思い通りに表現することができます。作成したUIの動作もWorkshop上で確認でき、デザイナーが感覚的に、短期間で作成することが可能です。

ぐはっ!!・・・さ・・・触ってみたい泣き笑い

FlashはどうにもVer.3の頃に大嫌いになって以降滅多にさわらないソフトになってましたが、同じAdobe(ってかMacromedia)のDirectorは大好きでしたから、一応説明では簡単と書いてあると、実際のところはどうであれオーサリングツールって物凄く触ってみたくなりますwww泣き笑い(ネコ)
と言っても相変わらずFlashのASとかDirectorのLingoとかスクリプトはノーサンキューって感じのヘタレなんですけどねwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

しかし、どうでしょう。
売り口上を真に受ければ、随分簡単に凄いメニューが作れるみたいですね。まぁ、ムービーはともかく3Dでアクションを付けるとなると途端に凄く面倒になったりするのはどのアプリでも同じだと思うのですがw
ここで気になるのは今まで通りFlashによる自作メニューが相変わらず使用可能なのか?って事と、例のVIVIDUI Workshopはベンダーにしか提供されないものなのか?って事なんですよね困り
au端末用に機能限定された物でもいいのでVIVIDUI WorkshopをUI開発ツールとしてユーザーに提供してもらえたら凄く楽しい世界が待ってる気がするのですが・・・金にならない所でユーザーが盛り上がるのはお気に召しませんか?auさん・・・涙ぽろり(ネコ)

個人的にはアドレス帳の3D化を希望しますね。最初の表示は自分を核にワイヤーで繋がった各カテゴリが見える。
カテゴリに移動するとそのカテゴリ名を核に放射状に広がる登録した個人名。どれかを選択すると、その人に関連付けられた人の名前にワイヤーが伸びて・・・って感じで視覚化された人の繋がりを追いかけていける・・・親子とか上司・部下の関係なんかは縦に並んで出来たりして・・・
また、誰かを選んでるときに「所属」でソートすれば、その人の所属する組織名や家族が核となり、そこに属する人が放射状に集まる・・・なんてのをやっていくと組織内での上下関係や自分との仕事上での繋がりが一目でわかって便利そう「!!」キャラクター(万歳)
よく、かかってきた電話の名前を見て「この人誰だったっけ?困り」って悩む僕みたいな阿呆には必須になりそうですwww泣き笑い
極力一目で分かるように名前以外にも所属とか名前の欄に入れてるんだけど、人の繋がりとかまでは覚えてなかったりするし、何所の何の件で会った人か思い出すのも大変なのでwうっしっし雫(涙・汗)

さて、愚か者の恥自慢はこの辺にしてw
どうでしょうかね?前の記事で書いたKCP+に変わったら開発が凄く楽になりそうなのでauの端末はこれからUIとかアプリの使い勝手が凄く良くなるかもよ?って話にくわえ、基本メニュー等の使い勝手やデザインも凄く向上すると同時に、色々楽しめる物になるかもしれない・・・って話でした。

ただ、気がかりなのはWorkshopを一般ユーザーが使ってメニューとか開発できないのならFlashメニューを残してくれないとかえってつまんなくなってしまいそうな事ですかね・・・auさん、頼むからユーザーサイドで盛り上がれる場を提供して下さいよ・・・涙ぽろり(ネコ)


posted by 犬すけ at 11:32 | Comment(9) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rev.AとかMSM7500とかKCP+とか


前の記事ではちょっと茶化し過ぎたのでwww
今度は真面目に少々期待してる面での話しwwwうっしっし(ネコ)

いつでも情報スタンバイ「}}au one ガジェット」、{{keyword:新プラットフォーム「KCP+」〜au携帯電話が12月}}以降に大きく変化
http://www.rbbtoday.com/news/20071016/45628.html

 KDDIと沖縄}}セルラーは、au携帯電話において、待ち受け画面用の情報サービス「au oneガジェット」の提供を開始する。また、クアルコムとの業務提携により、先進技術を凝縮し新サービスの提供を可能とするKDDI統合プラットフォーム「KCP+(ケイシーピープラス)」構築の搭載を開始する。

 いずれも、{{keyword:本年12月以降発売予定の「W56T」「W54S」「W54SA」から対応を開始し、今後対応{{keyword:・搭載機種を拡大していくとのこと。

 「KCP+」は、従来より採用されていた、クアルコム社のMSMチップセットとBREWをベースにしたアプリケーションの共通化プラットフォーム「KDDI CommonPlatform」(KCP)の拡大版。KCPでは、ブラウザやメーラーを{{keyword:初}}めとするモバイルインターネット}}における基本アプリケーションについて、各携帯電話間の{{keyword:ソフトウェアの共通化が図られていたが、「KCP+」では基本アプリケーションにとどまらず、OSやミドルウェアを含めた携帯電話におけるソフトウェアのほぼ全域まで、共通化範囲を拡大する。

 クアルコム社のMSM7500と合わせ、KDDI統合プラットフォームとして携帯電話メーカーに提供し、新規開発におけるコストダウン、開発期間の短縮を実現する。携帯電話メーカーは「KCP+」を搭載することにより、携帯電話の開発資源をデザイン、ユーザインターフェース、実装デバイスといった個々の携帯電話の差別化につながる要素に注力できるようになるとのこと。


MSM7500とKCP+についてのメリットが書かれてて詳しいことまでは分からないものの、なかなか面白かったので転載。前にもITmediaか何かの記事でauのお偉いさんが話してたような気がするけど・・・

この記事を読めばRev.A端末って通信が早くなって、MSM7500でサクサクになるって事?って事で済ませてはいけない話って風に解釈して良いんじゃないでしょうか?
いやwユーザーサイドはそれで良いんでしょうけど、実際何が変わるのか...って考える時にはRBBの記事は簡易な説明とは言え重要かなとwww

KCPとKCP+の図を見てみると成る程大きく変わった事が分かります。
・・・ってか新しいKCP+はパソコンみたいですね。逆に今までのKCP・・・独自実装するためには色々やらなきゃいけなかったんですねぇ・・・青ざめあせあせ(飛び散る汗)
もちろん僕は携帯の開発者ではありません。が、この図を見て勝手に判断する分には理屈では開発は大幅に簡素化されるはず・・・
そりゃT5GP搭載したハイエンド端末とか作るのは骨の折れる作業だったんだろうなぁ・・・って気がします。東芝さんお疲れ様でしたwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

もちろんKCP+に移ることで新規OS上での開発環境ががらりと変わったり、物凄く使いにくい物だったり、上に覆い被さったことで激遅になるような物だったりしたらアレなんでしょうがw
とは言え名称から察するところはKCPを進化させた物・・・って風に見えるのですが、どうなんでしょうね?
調べてないので憶測のまま行っちゃいますがw

この記事に書いてある事を素直に鵜呑みにしちゃえば、今まではメーカーが独自で実装した部分についてはドライバのみならずアプリとの連携に於いても全てメーカーで作りこまなければならなかった事が、KCP+からはPCなんかと同じ様にドライバでOSにきちんと認識させれば、それに関わる全てのアプリケーション上で動作するって事ですよね。

じゃぁ、GUIの操作性とかデザインに今まで以上に力を注げるって事でしょうか?
Microsoftの新OSみたいにリリース当初はスペックに見合わず使い物にならないくらい遅い・・・って事は無いと信じていますが、だとしたらこれから先の端末はどんどん凄い物(ハード的にではなくソフトが洗練されていくって意味で・・・)が出てくるって思っていいんですよね電話3きらきら目がハート(ネコ)

だったら秋冬モデルがどうかは知らんけど、これから先の展望に多少は期待も出来るというもの。通信速度やサクサクって表で言われてる以上のユーザビリティと言う機械と人の接点に力を注げるのであれば
願わくばどのメーカーの端末を選んでも文字入力やアドレス帳操作など、超基本的な部分を素晴らしく使い易い物に進化させて行って頂きたい。
JOG+Poboxで文字入力していた時は面白いくらい文章をサクサク打てましたが、これからはどの端末でも面白いくらい操作が楽で面白い・・・そんなUI作りを目指して欲しいですねOK!2

そうすりゃ相変わらずセコイ商売してても「auの携帯はストレス知らず、触って凄く楽しいUI」ってだけで僕は付いて行きますよwww泣き笑い(ネコ)
どうせPCSVやEZwebを駆使しても面倒な事に目を瞑れば端末の機能じゃ物足りない何かをそこそこのレベルで利用出来たりしますからねwうっしっし(ネコ)

・・・ってか、スマートフォン・・・WM6使わずにコレで出そうって言うのなら脊髄で反射して買っちゃうかもねwwww泣き笑い
posted by 犬すけ at 02:07 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。