2007年10月26日

ゲーム機の標準と携帯電話の話(番外編)ゲームのコントローラ循環矢印電話3うっしっし(ネコ)

ゲーム機の標準と携帯電話の話の前、中、後、まとめと続けてゲーム機と携帯の話を絡めて書きましたが、その中では流通の話しについては書かなかったのですが、今回はその流通についての話を少々書いてみようと思いますチュー(ネコ)
ま、流通と言いつつも、販売における特色についてですがw
これには個人的にauに取り入れてもらいたい事がありまして、今回はソレがテーマとなります。

また長ったらしい話かよ・・・って怒らないでくださいね今回は極力簡潔に行きますんでうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

さてゲーム業界って携帯業界と比べて...全然違うって言って良い訳ですがw
似ている点もありまして。

それはゲーム業界はソフトで儲けているという事です。
これは携帯業界が通信料で稼いでいるのと同じ様な特色があります。
ゲーム業界は本体の数を売らなきゃソフトが売れない、ソフトを作るサードパーティは売れてないハードでゲームを出しても儲けが少ないから作らない。
ソフトが少ないとユーザーはそのゲーム機を買わない。
そしてそのゲーム機を製造販売しているメーカーは衰退してしまうわけです。
実際コレでSEGAはゲーム機を作る事を止めソフトメーカーに転向したわけです。

そんなわけでゲーム機を作って販売すると言う事はヒットすれば大儲けだけど失敗したら会社の存亡に関わるほどの大ダメージを食らう大勝負とも言える一面があると言えます困り

この大勝負、何と言ってもスタートダッシュで先行する事が絶対条件。過去にスタートダッシュで失敗して立て直したハードなんて見た事がありません。
そこで以前の記事で書いたように、ユーザーも発売当初のソフトの数やビッグタイトルの有無等から、そのゲーム機の未来を睨みつつ機種の選択をするわけですね。

ここで絶対に負けられない勝負に製造販売する会社がどういう手に出るか、それが・・・

原価割れショッキング

ゲーム機の製造価格以下でゲーム機を販売してでも数が多く出ればその後のソフトの数でリカバーできるという計算の元に成り立つ戦法で勝負に出ます。
・・・これで売れなきゃ悲惨なのは想像するまでもないですね顔3(かなしいカオ)

それだけに各社必勝の戦略でハードの構成、ソフトのラインナップなど詰めて行くわけです。

これ、携帯業界で総務省と揉めている販売方式に似てませんか?
端末を安く多く売って通信料で稼ぐ、ってやり方。

このゲーム業界的販売方式を携帯業界にも持っていくと還付金が云々とか通信料が云々ってのを還付金廃止、通信料割安でも面白いことが出来るんじゃないかって思うんですようっしっし(ネコ)

もちろん、今のプランでも通信料は安いし機種も安いので「現状でそんな事する必要無いだろ?」って思ってる方も多いと思います。
僕も既存の携帯機種ならこんな販売方式はいらないしキャリアが損をすると思いますようっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

じゃあ何にその販売方式を適用すればいいのかって言うと・・・続きを読む


posted by 犬すけ at 21:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。