2007年12月15日

ナイトライダー復活OK!2



80年代の米人気ドラマ、ナイトライダーが復活するそうです。
これは僕も大好きでいつも見てたので新しいナイトライダーがどんな作品になるのか楽しみでたまりませんチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

ちなみに新作ではナイト2000に該当する車にフォード『マスタング・シェルビィGT500KR』を採用したそうで、初代のは売れない車の処分的な理由から生まれたってな話を耳にした事がありましたが、その人気で逆に売れまくった流れから新作は完全にプロモーションとしての採用みたいです。でスポンサー含めフォードに乗り換えたわけねwwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

しかしながら正直言うと大好きな新型マスタングもナイト2000の後継・・・と言われるとピンと来ませんね困り
あの喋る車はトランザムの様なリトラクタブルの無機質的な感じの方が似合ってたように思います。それに対し丸二灯のマスタングは・・・車っぽさが際立ってらしくないと言うか・・・

それとも新しいナイト2000(ってナイト2000って名前ではないと思いますがw)は喋らないのでしょうか?うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

更に言わせて貰えばイマドキって感じで電気自動車にするとか
http://wiredvision.jp/news/200712/2007121221.html
ってのもいいかもしれませんねwにこ(ネコ)


ところで個人的にはAIRWOLFも是非是非新しい作品を作って欲しいものですが・・・AIRWOLF2みたいに安っぽいモノにはしてほしくないなぁチュー(ネコ)


posted by 犬すけ at 19:32 | Comment(8) | TrackBack(0) | その他、雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 -覗き穴から見えるのは大平原?象 -

ASCII.jpの記事で面白かったのでご紹介にこ(ネコ)

林信行のマイクロトレンド
第15回 ウェブブラウザー戦線異状あり──2008年、「Safari/WebKit」が大ブレイク!?
http://ascii.jp/elem/000/000/093/93032/


同社では月間1億6000万PVのページを使い、ウェブアクセスに使われたOSのシェアを割り出している。11月時点でのiPhoneの出荷台数は140万台(iPod touchは未公表)だが、両製品のブラウザーのシェアは0.09%となった。

非常に小さい数字のように見えるが、実は出荷台数が2000万台以上のWindows Mobileのブラウザーシェアは0.06%で、iPhoneはこれを上回っている。

ちなみに世界で何億台と売れている、ノキアのSymbian(S60)ブラウザーのシェアは0.01%だ。

実はSafariは「Konqueror」というオープンソースのブラウザプロジェクトがベースとなって誕生したもの。アップルはSafariの基盤部分を「WebKit」という名のオープンソースプロジェクトとして公開しているが、最近、ケータイの世界でこの「WebKit」の採用が急速な勢いで広がっているのだ。

世界のケータイ電話市場では、ノキア、サムスン、モトローラ、ソニー・エリクソン、LG電子が5強と言われている。IDCが8月に発表した世界の携帯電話マーケットシェア(関連サイト)では、この5社の製品が世界市場のほぼ80%を占めている。会社別シェアは多い順にノキアが37.0%、サムスンが13.7%、モトローラが13.0%、ソニー・エリクソンが9.1%、LG電子が7.0%だ。

ここで驚くべきは、この5強のうち、ソニー・エリクソンを除く全メーカーがSafari/WebKit陣営に入っている点だ。

実はこれに加え、グーグルを中心とした「Open Handset Alliance」という企業連合が推進しているケータイ規格「Android」(関連記事2)でも、ウェブブラウザーに「WebKit」を採用した。そして、このOpen Handset Allinaceには、5強メーカーのうちサムスン、モトローラ、LG電子の3社が名を連ねている。さらに、最近、スマートフォン市場で急速にシェアを伸ばしつつあったHTC社も参加している。

ソニーには、ブラウザー市場でシェア0.02%(ネット・アプリケーションズ統計)のPlaystation用ウェブブラウザーがある。日本製ウェブブラウザーとして一番成功している有望な製品であり、そういう意味でも応援したい。ちなみに同じく日本のアクセスが開発した「NetFront」もシェア0.1%で健闘している。


世界市場で見る携帯市場での5強ノキア、サムスン、モトローラ、ソニー・エリクソン、LGの内ソニエリ以外はSafari/WebKit陣営という非常に面白い話ですね。
ここに現在開発中って話の携帯端末向けFireFoxが早い時期に割り込んでくれば更に面白い戦いになると思いますが、まずは先陣を切ったSafari陣営がAppleのバックを持ってる分、完成度含め総合力でアドバンテージがあるかと。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/10/11/17143.html
要はFireFoxの出来次第、Appleの悪い癖(オレオレ戦法)が炸裂するかしないかでも状況は変わってくると思われますが・・・

WVGAの恩恵に与ろうと喜んで買ったW54Tですが、ウザいバナーも含め非常に使いにくくて+数千円の価値を見出せなかったのでほったらかしてますが、現在の多くのPCSVってのは使いにくい覗き穴の様なもんだと思いますほえー(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

そこに革命を起し、使い易い覗き穴を生み出したのがAppleのiPhoneでしょう。
小さな文字が判別できなくても一度に全体を把握できれば見出し位は読めるし興味のある記事さえ読めればレイアウトの中に多く含まれる広告の類なんて実際どうでもいいわけですしねw
そういう意味で言うと新聞や雑誌を読む時の人間の視点の動きに似てる気がします。視野に入っていても見てないところの文字がなんて書いてあるかなんてそんなに判断してませんものねチュー(ネコ)

・・・と、話がそれましたが・・携帯用のWebブラウザとしてSafariが選ばれているって話でした。

auOneガジェットがOperaのガジェット機能をベースにしているとの事だったのでauの方向性はますますスタンダードから離れていきそうな気がしてなりませんが・・・ソレはソレ、スタンダードが最良の選択で無い事は国内の自動車シェアを見れば火を見るより明らかwうっしっし(ネコ)

しかし国内キャリアが消極的に搭載してきたPCSVがいよいよユーザーの関心の的になりそうなこれからの携帯事情、国内キャリアもまた大平原に躍り出すのか、それとも確実なソリューションを提案できる時までひたすら携帯専用独自コンテンツで引っ張るのか・・・色んな方向性で見切り時も近付いてそうで面白くなってきましたうっしっし
posted by 犬すけ at 10:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。