2008年01月07日

ポケット争奪戦 -悪魔無菌培養天使 -

今年の携帯事情に於いて大きな話題の一つになる・・・のかならないのか知りませんが、健全モバイルサイト認定ってのが始まるそうです。

青少年育成の為に有害なサイトにアクセスさせないようにするという事ですが・・・
こういう決まりを作るってのは「俺達は出来る限り対策してるんだから」ってポーズなのか、もしくは総務省に勤めるボン達は親の言う事に逆らうことや親の目の届かないところで悪さをした事が無い人たちなのではないかと本気でその神経を疑ってしまいますが、それはあちしの育ちが悪いだけなんでしょうかw泣き笑い(ネコ)

健全モバイルサイト認定、2008年4月より開始--総務省のフィルタリング要請を受け
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20364076,00.htm

 総務省が通信キャリア4社に対して、未成年が携帯電話の有害サイトにアクセスしない制限するフィルタリングサービスを、対象者が原則加入するよう要請したことを受け、モバイルコンテンツ事業者が動き出した。
 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)が中心となって発足した「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)準備委員会」が12月26日に第1回会合を開催。健全なモバイルサイトを認定する機関を2008年4月に設立することを確認した。

 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)は、未成年が利用しても問題ないサイトを認定するための機関。サイト内のコンテンツや運営者の監視状況などをもとに、サイトの健全性を検証する。具体的な基準については準備委員会が策定する。その際、通信事業者やモバイルコンテンツプロバイダーだけでなく、弁護士や主婦連合会、特定非営利活動法人 東京都地域婦人団体連盟などの意見も取り入れる。

なぜ認定が必要か

 携帯電話事業者が提供しているフィルタリングサービスは主に2種類あり、1つは通信キャリアが認めた公式サイトのみアクセスできるホワイトリスト方式、もう1つは「アダルト」「政治」などいくつかのカテゴリに入るサイトにはアクセスできないブラックリスト方式がある。

 しかし、公式サイトだけしかアクセスできないようにすることは、一般サイトと呼ばれる通信キャリア非公認のサイトのビジネスを大きく阻害することになる。また、ブラックリスト方式の場合は大きなカテゴリでしか区分していないため、たとえば「政治」カテゴリに入る自民党や民主党などのサイトは有害サイトではないにもかかわらずアクセスできないことになる。

 NTTドコモのフィルタリングサービスでは「コミュニケーション」カテゴリもフィルタリングサービスの対象としており、モバイルソーシャルネットワーキングサービスの「mixi」やディー・エヌ・エーの「モバゲータウン」、携帯小説で人気の「魔法のiらんど」などもアクセスできない。

 携帯電話の利用者には未成年が多いため、フィルタリング対象となったサイトは利用者が激減する恐れがある。このため、モバイルコンテンツ事業者は自ら認定機関を設けて有害なサイトと健全なサイトを区別し、未成年者が安心してモバイルインターネットを利用できる環境をつくることにした。

 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(仮称)は3月までに第1弾となる基準を策定し、4月より認定業務を開始する。同時に、同機構が認定したサイトはフィルタリングの対象から外すように通信事業者に働きかける。

 準備委員会は一橋大学名誉教授の堀部雅男氏が座長を、慶應義塾大学教授で国際IT財団専務理事の中村伊知哉氏が座長代理を務める。トピックに応じてワーキンググループ(WG)を設立して詳細を詰める方針で、公共・教育関連サイト検討WG、企業情報サイトWG、健全コミュニティ検討WGなどが設立される予定だ。


まぁデリケートな問題ですが、子供に有害なものを生み出し蔓延させているのは須らく大人なわけで、むしろ性根の腐った大人の醜さを子供のうちから教え道義に生きる大人に育てた方が健全なのではないかと思ったりもしますが、そんな真っ当な大人が増えたら困るのは今の大人ですねwww泣き笑い(ネコ)続きを読む


posted by 犬すけ at 22:43 | Comment(7) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 -WM7流出? -

Windows Mobile 7「流出」スクリーンショット:画像認識&マルチタッチ搭載?
http://japanese.engadget.com/2008/01/06/windows-mobile-7/


CES 2008以外の場所から大きなニュースが届きました。InsideMicrosoft BlogのNathan Weinberg氏によると、画像はマイクロソフトのモバイル向けOS次期バージョン Windows Mobile 7の内部文書とされるもの。もし本物だとすれば、マイクロソフトは次のWindows Mobileに向けて多数の新たな入力方式を開発しているようです。

新入力方式のひとつはiPhone / iPod touch的な......というよりマイクロソフトが以前からデモしている「Surface」的なマルチタッチ入力。加えてデバイス本体を傾けたり振ったりするモーションセンサー入力、さらにカメラでジェスチャーを認識する画像入力といったものまで。


って事だそうです。
2007年のiPhoneフィーバーとソレに便乗して勢いづいた感のあるLinux陣営に対抗して相変わらずてんこ盛りで攻めてくるMicrosoftですが、Menlowプラットフォームで大きな進化を遂げれば携帯端末でも出来る事が大幅に増えるのかもしれません。
WM7がユーザーにとってどの様な物になるのか興味深いところです。
そこで、先日/.Jにて掲載されていた興味深い(ってか面白おかしいw)記事をご紹介wうっしっし(ネコ)

Windows Mobile、あなたの評価は?
http://slashdot.jp/askslashdot/08/01/05/1319211.shtml

W-ZERO3やスマートフォン関連のストーリーが立つ毎に、WMの使い勝手の悪さを嘆くコメントが見受けられることからも、マニア層の評価がさほど高くないことが察せられるだろう。編者自身はPsPCもPocketPCも好きではなかったので、「こんなものだろう」と諦観ありきで使っているが、大きな期待を寄せてWM搭載機を手にした人にとってはやはり、がっかり感が大きいのではないだろうか? 鬱憤晴らし、とはいわないが、思うところを語ってほしい。


以下参照コメント抜粋


OSの評判云々以前に選択肢がないんだよ。

最高じゃないが最善って感じですかね。

最善とかいうとWMに何かいいところがあるような言い方だなぁ。
最悪にして唯一、という感じですよ。他の選択肢があったら窓から投げ捨てている。

大きな問題はPCの広い画面とマウスの狭い範囲を的確にポイントできる特性にあわせて策定されたインタフェースデザインを、そのまま狭い画面でのペン入力にあてはめてしまっているという点。
具体的には数インチの狭い画面に幅数ミリの決定ボタンやスクロールタブや拡大縮小アイコンがずらりと並んで、気合で操作することを余儀なくする非人間的な操作性。あとどこをどう操作すれば何がどうなるのかさっぱりわからん構成とか、「OK」と「クローズ」と「キャンセル」と「×印」がその都度少しづつ意味合いを変えて同じだったり微妙に違ったりする用途に入り乱れて出てくるような難解なガイドラインをなんとかしてくれ。そもそも「どこがタップ可能か」すら一目でわからんのはPDAのUIとしてどうよ

とにかくまず、何故か右上隅にある OK や Close(と言う名の最小化) やキャンセルや決定やなんやかんやのボタン配置がアプリ毎に統一されていないのはどうにかならないんだろうか。

>W-ZERO3やスマートフォン関連のストーリーが立つ毎に
>WMの使い勝手の悪さを嘆くコメントが見受けられることからも
それは、WindowsMobile自体の評価と言うか
それをハードとの組み合わせて実装する製品の評価であるべきだとおもう
よくW-ZERO3は止まるとかフリーズするとかよく言われているけど
WindowsMobile自体の問題ではなく実装するメーカー側の質による部分がかなり多くすべてをWindowsMobileは「マイクロソフト製だから」っていうのはちょっと違ってたりもします。

 それと、WindowsMobileに限らず、PDAとかスマートフォンは、カスタマイズして使うものという意識のない人や、WindowsXPやVistaと同じ使い勝手でないと駄目な人は使ってはいけないと思います。そういう意味では非常に敷居が高いもので、市場的にはかなりのニッチな商品だと思います。

とにかく不安定の一言.
着信でフリーズするわ,一日一回はリセット必要だし,何ぞこれって端末です.
#まあW-SIM制御系の座りが異様に悪いんだろうが...

このOSを載せるような機器を開発している日本のメーカーって、
明るく精細で美しいLCDパネルを作るとか、縦にも横にも開く頑丈なヒンジ機構とか、ハゲない塗装の美しい筐体を作るとか、そういうハードウェアばかり得意な代わりに、いまだに独自のOSなんか作れない。もしも独自OSを一旦作ったら、その上で動く数々のアプリも作らないといけないし、その為には多くの開発者(社)にお金を払って頼むことになる。そしてその環境は次世代機種・その次の機種…と世代が変わっても使い続けられるものでないと、投入した資産が無駄になる。 だから、慎重な設計が必要で、独自OSを開発することは大変にリスキーだとメーカーは考えている。

ユーザーランドだけで考えると「Palmのほうがずっとよかった」というのが正直なところ。Palm III の頃と比べてもあの頃のほうがずっと使いやすかった。もちろんマルチメディア系については Windows Mobileのほうが上だけどこれも OS の差なのか CPU の差なのかはよくわからない。まあ「必要のないものを切り捨てて軽くする」というものと「とにかく一通りのものを取り込んでいろんな事を出来るようにする」というある意味相反した思想で作られているんだろうからPDA向け OS だからといって単純に比較できるわけじゃないって事はわかってます。

親コメではPalmとWndowsMobile(CE)を比較していますが同じ市場にいたとは言え直接比較すべき商品でない気がします。メモ帳の延長とも言えるPalmとパソコンの縮小版とも言えるWndowsMobile(CE?)を直接比較するのには違和感があります


使いやすさに於いてはご覧の通り定評wのあるWMシリーズがここで大きな進化を遂げるのか、それともやはり・・・うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 09:49 | Comment(12) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。