2008年01月09日

ポケット争奪戦 - 今年WILLCOMから国内最初のMenlow端末? -

さてさてMenlowで熱くなりそうな今年のUMPC事情ですが、国内でもその火は燃え盛りそうな気配になってきました炎びっくりあせあせ(飛び散る汗)
その先陣はやっぱりあのWILLCOMからかもしれません。

ウィルコム、PCと同等機能を持つ端末を2008年中に発売か
--インテルの新プラットフォーム搭載
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20364430,00.htm

 ウィルコムがIntelの新しいモバイル機器用プロセッサ「Menlow」(開発コード名)を搭載した端末を開発しているようだ。米国で開催中の家電展示会「2008 International CES」(CES 2008)のIntelブースでは、「WILLCOM」と書かれた謎のモックアップが展示されている。

筆箱程度の大きさで、つやのある黒い表面に大きくウィルコムのロゴが書かれており、電源を入れると丸い明かりがゆっくりと点滅する。
ウィルコムロゴの入ったモック Intelブースに展示されていた、ウィルコムロゴの入った謎のモック

 Intelブースの説明員によれば、今回の展示ではプロトタイプの製作が間に合わなかったため、大きさを示すモックを用意したとのこと。詳細については明らかにされていないが、「PCと同等の機能を持つデータ通信端末」(説明員)とのことだ。OSはWindowsになるという。

 Menlowはモバイルインターネット端末向けに設計された低消費電力のプロセッサとチップセットからなるプラットフォーム。シングルチップ設計のチップセット「Poulsbo」(開発コード名)と、2006年に出荷した超低電圧版モバイルプロセッサよりも5分の1の大きさで10倍の電力効率をもつプロセッサ「Silverthorne」(開発コード名)で構成される。Menlowは2008上半期中に出荷される予定で、ウィルコムの端末については「2008年半ばに市場に出るだろう」(説明員)とした。


これはWindowsである事を差し引いても素晴らしい事だと思いますキャラクター(万歳)
Menlow搭載でもって実寸を示すモックだけとは言え、そこから判断するに・・・携帯用として許容出来るサイズ(出来ないって人は黙ってて下さい)でPCとして実用に足るサイズ(出来ないって人は黙って(ry)でPCとして要求される仕事をこなせる処理能力(出来ない(ry)を備えた携帯端末がついに発売されるわけですから「!!」キャラクター(万歳)(それをUMPCと言うのか?)

って事でUMPC・・・いや、UMPCの定義だけでは電話としての機能は必須ではないのですから、この場合スマートフォン・・・と言うには抵抗があるのでやはりUMPC・・・UMPCP?・・・?うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

国内におけるiPhone発売の発表もまだなされていない内から、それ以外にも物凄いスマートフォンが今年発売される事がわかったわけでまさに携帯の新時代を感じさせてくれますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

それはそうとWindows・・・ほえー(ネコ)雫(涙・汗)

別にWILLCOMにLinux端末を期待しているわけではないですが、タイミング的には今こそLinux勢の大攻勢をかける時だと思うのですが・・・国内では当分出てこないでしょうねぇ涙ぽろり(ネコ)


posted by 犬すけ at 18:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 - 外面の良いソニエリ -

ITmediaより・・・ソニエリが2つの新機種を発表したそうで・・・と言っても国内モデルの話ではありませんが…うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
今回気になったのがW760というスライドモデル。なかなか好みです。これでJOG機ならビンゴなのですが…目がハート(ネコ)


ソニエリ、新ウォークマン携帯2機種を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0801/07/news029.html

新しいウォークマン携帯には、トライバンドHSDPA対応のグローバルモデルも含まれる。
Sony Ericssonは1月6日、ウォークマン携帯の新モデル2機種を含む新しい携帯電話3種を発表した。

新しいウォークマン携帯「W350」は厚さ10ミリのストレート型で、キーパッド部分にはカバーが付いている。カバーには再生、一時停止、スクロールなどのキーが付いており、カバーを開かなくても音楽機能を操作できる。音楽情報ブラウジング機能「TrackID」も搭載されている。この機能を使えば、町中で耳にした曲の名前を知りたいといった場合に、その曲を本体のマイクから取り込んで、曲名や歌手名などを調べることができる。

 もう1つの新しいウォークマン携帯「W760」はスライドタイプで、トライバンドHSDPA対応のグローバルモデル。音楽機能のほかに、GPS機能とGoogle Mapsも内蔵する。ムードに合わせて曲を選ぶ「SensMe」機能や、本体の持ち方に応じて回転する「Media User Interface」、ゲーム機のようなボタンで遊べるゲーム機能もある。




どうして海外のソニエリ製品ばかりデザインが秀逸で国内のはパッとしないんだろう・・・困りそう思って海外のソニエリサイトをウロウロしてみました地球きらきら電話3きらきらキャラクター(万歳)

そもそも海外のソニエリサイトなんて見たことがなかったのですが、こうやって並んでいる端末を見るとやはりソニエリ・・・良いですね目がハート(ネコ)
かつてdocomoからauに乗り換えた時の気持ちを思い出させてくれるようですてれてれ
アレもいいなぁ〜コレもいいなぁ〜と珍しくアレもコレも欲しいモードでウロウロしてると・・・


そんな中でものすごく気になる端末が「!!」青ざめ続きを読む
posted by 犬すけ at 00:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。