2008年01月18日

ポケット争奪戦 -KDDI&SBの室内アンテナ -

春モデルで盛り上がっておりますauOneブログ界隈ですが、こういう地味ながらもユーザーの利便性に繋がる話は捨てて置けません。

総務省、KDDIとソフトバンクモバイルに対して携帯電話用小電力リピータの包括免許

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0801/17/news074.html

 総務省は1月16日、KDDIとソフトバンクモバイルから申請があった携帯電話用の小電力リピータについて包括免許を付与すると発表した。リピータは、室内や地下など電波が届きにくい場所に電波を中継し、携帯電話を利用できるようにするための機器。

 これまでリピータは、電波の混信を防止するため事前に設置場所を特定し、個別に免許の申請を行う必要があった。また設置工事を行う人は無線従事者免許を持っている必要があるなど、設置はハードルが高かった。

 ソフトバンクモバイルは、以前から住宅にリピータを設置するサービスを提供している。しかし、電波状況の事前調査やソフトバンクモバイルによる免許の申請などが必要で、申し込みから設置までには多くの時間と手間がかかっているのが現状だ。設置後の制限も多く、ユーザー自身によるリピータの移動はもとより電源のオン/オフもできない。

 しかし今回の包括免許の交付により、これらの問題が解消される。個別に免許を取得する必要がなくなり、例えば携帯電話事業者がリピータを販売しユーザーが自由設置するといったことが可能になる。


これLancerさんのブログ「騎兵隊の徒然日記」の記事「ホームアンテナの設置「!!」」にて実際に今回のKDDIとSBへ免許交付される前のSBホームアンテナを導入された話をかかれてますが、その記事によると・・・


●ホームアンテナは電気通信業務を行うことを目的とする無線局にあたります。

●設置には工事スタッフがお伺いしますので、お客さまご自身で設置したり、電源のON/OFFを行わないでください。

●お客さまご自身で設置、電源のON/OFFを行うと、『電波法』の定めにより、一年以下の懲役または百万円以下の罰金に処せられる場合があります。


なんだそうです・・・百万円「!!」ショッキングあせあせ(飛び散る汗)羽のはえたお札
自分で勝手にさわれない、しかも余計なことをすれば一年以下の懲役または百万円以下の罰金かもしれない代物が家の中に居座るってのは僕だったら辛抱出来ずに「出て行け「!!」出なきゃ俺が出て行ってやる「!!」「!!」 なまはげ怒り(ムカッ)」ってなりかねないですねwww泣き笑い(ネコ)
更に設置場所の特定などでのやりとりの煩雑さも記事にされてますのでリンク先からご覧になってください。

そんな扱いにくい機器がこれからは自由に扱えるようになるって事で電波の弱かったユーザーにとっては一筋の光明となりえる商品と言ってもいいかもしれません。

電波はアンテナ3本立ってるのにおかしな症状に悩まされる僕の環境の改善にも繋がるのであれば僕も導入したいですねぇチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)


posted by 犬すけ at 18:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。