2008年02月15日

ポケット争奪戦 - ペンギン戦争か共存かペンギン -

AndroidとLimo・・・これら似て非なるモバイル端末向けLinuxについての記事がITmediaにありましたのでご紹介。当分この辺の話題はLinux陣営でも議論が続くでしょうから、いろいろ楽しめそうですwうっしっし(ネコ)

AndroidとLiMo、2つのオープンソース携帯は共存できるか
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/15/news038.html
オープンソースのモバイルOS普及を目指すGoogleのAndroidとLiMo。両陣営の間で衝突は起きないのか。
2008年02月15日 13時04分 更新

 スペインのバルセロナで今週開かれたMobile World Congressで、おかしなことが起きた。

 米Googleのモバイル用オープンソースOS「Android」は、半導体メーカーの米Texas Instruments(TI)やARMがこれを搭載した携帯電話の試作機を披露して大いに注目を集めた。一方、オープンソースの携帯電話OS組織LiMo Foundationは、市販準備が整った電話機15機種を披露したが、その発表は地味だった。

 Androidを支持するのはGoogle、Samsung、MotorolaなどOpen Handset Alliance(OHA)の加盟企業。そしてSamsungとMotorolaは、同様の理念を掲げるLiMoにも加盟している。OHAとLiMoは、 Symbian、Microsoft、Apple製のプロプライエタリなスマートフォンOSの代替となるオープンソースOSを、コンシューマーに提供したい考えだ。

 同じような目標を持つこの2つのオープンソース組織が衝突し、互いに相手を打ち消し合うことにはならないだろうか。

 Googleにコメントを求めたが返事はもらえなかった。一方、LiMoはそうなるとは思っていないようだ。

 LiMo Foundationのエグゼクティブディレクター、モーガン・ギリス氏は2月14日、LiMoのR1プラットフォームはミドルウェアにすぎないと eWEEKに語った。この上で実行するユーザーインタフェースとアプリケーションは、携帯電話機メーカーやキャリアが好きなものを選択できる。これに対し GoogleのAndroidはミドルウェア、ユーザーインタフェース、アプリケーションの完全なOSスタックを提供するもので、「オールオアナッシング」のアプローチだとギリス氏は言う。

 Androidの強みはユーザーインタフェースにあり、LiMoのR1の中核はミドルウェアにあるのかもしれない。しかし結局のところ両プラットフォームとも、Symbian、Windows Mobileといった主要なモバイルOSの代替となるオープンソース版として、果たす役割は同じだということは、ギリス氏も認めている。

 「われわれは本当の意味で競合はしていない」とギリス氏は言い、LiMoはGoogleと協力する用意があると表明した。「LiMoの上に Googleのユーザー体験を導入することを、もしGoogleが選べば非常にうまくいくだろうが、向こうはまだ自分たちの技術をどう導入するかを説明していない」

 一方、英調査会社Ovum Researchのアダム・リーチ氏の見方は異なる。

 「LiMoのメンバーがAndroidのサポートを口にしていたとしても、この2陣営の間には利益の衝突があると思う。確かに目標は同じだが、やり方には微妙な違いがある。両陣営とも、Windows MobileとSymbianが占める同じ場所を狙っているのだ」。リーチ氏はeWEEKにこう語った。

 米調査会社Enderle Groupのロブ・エンダール氏も同じ見方を示した上で、LiMoは一群の企業が作成した不完全なセットであり、加盟社のどこもユーザー体験を持っていないため、別のどこかが仕上げをしなければならないと指摘した。これに対しAndroidはハードウェアの調整が必要なだけの完全なものになることが想定されるという。

 電話機メーカーにはユーザー体験を完成させる能力も意思もないため不完全キットの提供は厳しいが、AndroidならSymbian OSやWindows Mobileのような成功が見えて好意的に受け止められるかもしれないとエンダール氏は言う。

 「Googleはオープンソースの勝負の仕方をわきまえており、誰かがユーザー体験を持っていなければどうにもならないと分かっている。わたしの見方では(AndroidとLiMoは)競合するが、詰まるところ実行力と資金の問題だ」(エンダール氏)

 Googleは競争上の優位性を守るためオープンソース技術を活用し、実行力、資金力ともにLiMoをしのげるはずだと同氏はみる。

 それでも先に市場に出るという点はLiMoの強みになる。LiMo加盟社のMotorola、NEC、Samsung、パナソニック・モバイルコミュニケーションズは2月11日、全社がLiMo R1搭載の携帯電話を発表した。Androidは公式には、同日の時点で試作機の段階だ。

 商業的にはLiMoが先行しているように見えるが、SymbianおよびMicrosoftに対抗するという大きな戦略の中で、これは問題にならないかもしれない。現行製品に対抗して勢力を伸ばすには何年もかかる可能性があるからだ。

 Google側は新しいAndroid SDKを発表した。これには新しいユーザーインタフェース、レイアウトアニメーション、住所と座標の相互変換ができるジオコーディング、企業検索が含まれる。

 Android搭載の携帯電話がSamsung、HTC、Motorolaなどのメーカーから登場するのは2008年下半期になる見通しで、オープンソース携帯を早く試してみたいユーザーにとってのOSはLiMoになる。


とりあえず僕が気になるのはAndroidは最初から「携帯端末用OSのみのものではない」と言ってる事ですが、この辺は組み込みOSとまで言わずともEeePCの様な激安UMPCのOSとして乗るとか色々な含みがあるものと思います。
これでそのうちGoogleパックみたいにAndroidをネットワークからインストール出来るようになったりするんだろうかとか思ったら利用するとは思いますが、他のディストリがGoogleの思惑に追随するような世の中だけにはなって欲しくないなとか思ったり思わなかったり。

とりあえずAccessが参加したんだからLimo頑張れと言わせてもらいますペンギンきらきらキャラクター(万歳)


posted by 犬すけ at 22:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 - 薄っぺらなヤツ -

以前「ポケット争奪戦 - 最も近くにあるPaperDisplayっぽい未来 -」にて電子ペーパーディスプレイのモバイル端末(ITmediaの記事)をご紹介しましたが、今回はそれのちょっとしたお話。今度はNikkeiから。


【MWC】Polymer Visionの電子ペーパー端末,Qualcommのチップセットを利用
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080214/147401/
 オランダPolymer Vision Ltd.は,同社が2008年中頃に発売を予定している電子ペーパー・ディスプレイを搭載した携帯端末「Readius」において,米Qualcomm Inc.の携帯電話機向けチップセットを利用していることを明らかにした。

 Polymer Vision社のReadiusでは,携帯電話網を通じて電子メールのやりとりや通話も可能である。このため,W-CDMA方式でHSDPA対応の送受信回路を備えている。同社によれば,Qualcomm社のHSDPA対応のチップセットである「MSM7200」を利用しているという。MSM7200は,最大600万画素のカメラ機能やVGA画質で30フレーム/秒の動画表示などを実行する能力がある。

 Polymer Vision社はこのほか,携帯機器向け地上デジタル放送規格「DVB-H」に対応する受信回路を搭載した機種も開発中であることを明らかにした。MSM7200を使うことで,こうしたマルチメディア処理も実行できるようにしている。


auもペーパーディスプレイ搭載機を出したけど、デザインのためのものだし・・・これくらいの物を出してくれたら嬉しいなぁ・・・QUALCOMM・MSM7200で動いてるって事だし、出来ないもんですかねぇチュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 21:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。