2008年03月31日

ポケット争奪戦 - SIMロックフリーはLTEから -

忙しすぎてコメントも投稿も出来ない状態ですが、何とか生きてます。
明日の記事で「死にました」とか書こうかと思うくらいに忙しいので文章が極めてあっさりになってしまいますが、僕の文章の場合そっちの方がいいのかもwww

次世代携帯電話、通信方式統一で端末に互換性へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080331-OYT1T00021.htm?from=main5
 2010年ごろにスタートする次世代携帯電話サービスでは、利用者が一つの端末で好きな携帯電話会社を選べるようになりそうだ。
Click here to find out more!

 総務省が通信方式(規格)が同じ端末に互換性を持たせる方針であることを踏まえ、KDDI(au)が次世代サービスから独自の通信方式を改め、NTTドコモなどが採用する方式に合流する方向となったためだ。利用者は端末に無関係に通話料金が格安なプランなどを選べるようになり、料金引き下げ競争が活発になることも予想される。

 すでに、携帯電話会社間での電話番号の持ち運びはできる。同じ端末から携帯電話会社の選択も可能になることで、携帯電話サービスの自由化は最終局面を迎える。

 現在、携帯電話会社は電機メーカーに自社向けの携帯端末を作らせ、電話番号を特定するICカード(SIMカード)を他社端末では使えないよう制限している。このため、携帯電話会社をまたいで同じ端末を使えず、利用者は端末で携帯電話会社に囲い込まれる形になっている。

 ただ、今でもNTTドコモとソフトバンクモバイルは同じ通信方式(W―CDMA)を利用しており、次世代では光ファイバー回線並みの高速通信が可能な「LTE」方式にそろって移行することを決めている。

 また、独自の通信方式(CDMA2000)を採用しているKDDIも、今後、国際標準となる可能性が強いとみてLTE方式を採用する方向で最終調整中だ。第4の携帯会社であるイー・モバイルもLTEを採用する方針だ。

 一方で、総務省は、利用者に対するサービス向上の観点から、次世代サービスに対応した端末から、ICカードの他社利用制限を原則禁止する方針を固めている。このため、利用者は気に入った端末とサービスの組み合わせを自由に選べるようになる。携帯電話会社はより格安な料金プランなどを用意して顧客をつなぎ留める必要が出てくる。
(2008年3月31日03時04分 読売新聞)


国内キャリアによるポケット争奪戦の山場は2010年頃・・・LTEでの攻勢が始る頃になるんでしょうね。こうなると完全に対等な環境下でサービス勝負になりますから・・・端末は・・・どうなってるんでしょうね。
posted by 犬すけ at 12:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

共通点?


http://www.motormagazinesha.co.jp/medialog/car/supercar/ital_nazca/005.html
http://www.motormagazinesha.co.jp/medialog/car/supercar/mac_f1/007.html

        マクラーレンF1 NAZCA M12
エンジン:60度V12 DOHC4バルブ・ミッド縦置 60度V12 SOHC2バルブ・ミッド縦置 
排気量:6064cc 4988cc
ボア×ストローク:86×87mm 84×75mm
圧縮比:11.0 8.8
最高出力 :627ps/7000rpm 300ps/5200rpm
最大トルク :69.3kgm/4000〜7000rpm 45.9kgm/4100rpm
全長×全幅×全高:4290×1820×1140mm 4365×1990×1105mm
車両重量:1140kg(92年当時) 1100kg
トランスミッション:6MT 5MT
サスペンション前/後:四輪ダブルウイッシュボーン 四輪ダブルウイッシュボーン
ブレーキ前/後:四輪ベンチレーテッドディスク 四輪ベンチレーテッドディスク
タイヤ前/後:235/45ZR17 315/45ZR17 235/40ZR18 295/35ZR18
最高速度:350km/h 300km/h以上


スペックで見てもずいぶん違うしコンセプトなんかまったく違う同時期に生まれた2台のスーパーカー・・・
でもエンジンは共にBMW製V12エンジンだったりします。
ただそれだけなんですけどねwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 07:53 | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

ポケット争奪戦 - 次のEeePCは大幅に進化か -

ATOM、アトムとうるさいブログで申し訳ございませんが、もうしばらく好き勝手に騒がせてくださいませ平謝りあせあせ(飛び散る汗) もうこれは個人的な意見で言えばPC会の大革命期と思えるわけでして。何といっても世代を飛び越え進化したCPUによってVistaクラスの重いOSすら動かせるATOMプラットフォームが搭載される手帳サイズと言ってもいいくらい軽量コンパクトなノートが爆発的に増えてくるのに加え、モバイル環境の価格破壊が国内でも同時に進んでるわけですから・・・

もはやインターネットカフェは不要

施設によるネット接続環境の提供なんて過去の話。
あんなものは公衆電話と同じく消え行く運命だ・・・

なんて誰かが言いそうな。誰も言わないならこの僕がwww泣き笑い(ネコ)
そんな革命期を感じているから騒がずにはいられないってもんです。
EeePCは話題になったが、本命はこれからですぜ旦那wうっしっし(ネコ)

Asus Eee PC 8.9インチ版にタッチスクリーンモデル、GPSサポート
http://japanese.engadget.com/2008/03/26/asus-eee-pc-8-9-gps/
8.9インチ画面になった次世代Eee PCにはタッチスクリーンモデルも登場することが明らかになりました。リンク先DigiTimesに引用されているAsustek セールス部門VP Kevin Lin氏によると、タッチスクリーンモデルの8.9型 Eee PCは5月から6月出荷、価格は15000台湾圓、日本円にして約5万円程度になる見込み。

Eee PCの次期モデルは8.9型1024 x 600液晶パネルを採用することが発表されていますが、Lin氏によればタッチスクリーンはresistive (抵抗膜)式。またGPSサポートの可能性も示唆されています。このほか触れられているのは:

* 2008年のEee PC出荷目標は店頭販売とcontract order (法人向けなど)をあわせて500万台。
* 店頭向けの出荷目標は四半期で65から70万台。
* 現在はLGケミカルの火災などからバッテリーの供給に問題があるものの、第2四半期には解決の見込み。
* デスクトップ版のE-DTは8.9インチ版と同時期にUS$199で販売予定。

など。タッチスクリーンモデルの位置づけがどのようなものか(あるいは国内でも販売されるか)は今のところ不明確。
CEOが語ったロードマップによれば、5〜6月にはインテルのAtomを採用した「スタイリッシュな新色・新デザイン」 Eee PCが登場するとされています。他社からはタッチスクリーン搭載の日本版が登場したEverex CloudBookをはじめAcerの「Eee PCキラー」、アルミボディのHP 2133、3Gデータ通信内蔵のECS G10ILなど、今年はミニノートPCの大豊作となりそうです。


さぁさぁ来ました。
EeePCの後継機、初代より若干大きくなったそうですが、ただでさえ小さな初代機が少々大きくなったところでそれほど大きな問題にはならないでしょう。
それよりもGPS搭載なんて実現するとGMap連携アプリとか色々出て来そうでワクワクしますね。
タッチパネルも工人舎のUMPCなどで先例があるので可能性は十分ありそう。拡張性とタフさも合わせてくれれば言う事なしですが、そこまでいかなくても値段と大きさで十分満足できそう目がハート(ネコ)
イーモバやウィルコムのモバイルカードの契約込みでの割り引きを本気で狙いたくなりますが・・・何度も言うように、UMPCはスペックだけではなく端末のデザイン、ギミックなどなど様々な点で既存のPCの概念とかけ離れた所に魅力があるわけですから、十分にラインナップが出揃った頃に、まさに自分のベストパートナーとなるオンリーワンを見つける楽しみがあります。

もうね・・・ワクワクどきどきで大変ですよwwwチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
posted by 犬すけ at 00:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

アルファロメオMi.To 発表

今まで何度もモーターショーに顔を出して、ファンの間からは市販化を望む声も多かったと思われる8C Competizioneのデザインの流れを汲む新モデルが発表されたそうです。

アルファロメオ Mi.To 発表…コンパクトスポーツ
http://response.jp/issue/2008/0324/article107306_1.html

アルファロメオは、新世代のコンパクトなスポーティーカーとして『Mi.To』を発表。Mi.Toの「Mi」はこの車のスタイルを生んだデザインの街ミラノを、「To」は生産を担うことになるトリノを表している。

Mi.Toは、フレームのないサイドウィンドーの形、フロントバンパーの三角グリルやヘッドライトとLEDテールランプのフォームなど、アルファロメオのスタイルとテクノロジーの象徴である『8C Competizione』の特徴を受け継いでいる

サイズは、全長4060mm、全高1440mm、全幅1720mmとなり、エンジンは、ガソリンとディーゼルのターボエンジンを搭載し、90馬力から155馬力まで用意される。今後、より高出力のものへと拡大していく予定。

VDCスタビリティコントロールシステムを標準装備、将来制定予定のユーロNCAP(欧州新型車評価プログラム)の最高ランキング獲得を目指して設計された車体構造を持つ。

また、Mi.Toは「アルファロメオDNA」システムを採用。走行状況やドライバーの要望にあわせて、スポーティーな「ダイナミック」、都市走行時の「ノーマル」、スリップしやすい走行困難時の「オールウェザー」の三つの走行モードが用意され、エンジン、ブレーキ、ステアリング、サスペンション、ギアの設定を変更する。

Mi.Toは、6月に正式発表され。その後7月より順次、各主要マーケットに導入されていく予定。


レーシーなロードゴーイングカーとして、アルファロメオのフラッグシップとして8C Competizioneに登場して欲しかったお金持ちの皆様にはお気の毒としか言いようのない所ですが、個人的にはメーカー自ら「やっちゃった」感の強いデザインは結構好きです目がハート(ネコ)
なんたってニュースを見て「本気で冗談かと思った」くらいですからwww泣き笑い(ネコ)

二輪ではイタリアのカジバでも125ccのDUCATI916のデザインをそっくりそのまま採用したモデルでMITOってのを出してましたが、イタリア語でMitoは伝説という意味を持つそうで・・・

なんつーかブレラもそうでしたがフロントオーバーハングの長い車って嫌いなのでこれも嫌い・・・と言いたい所ですが、コンセプトカー大好きで8Cのデザインも大好きだっただけに、現実として受け入れ難いあり得ない結末として見事に伝説の名を欲しいままにしてるんじゃないかと思いますw泣き笑い

コレねぇ・・・ポストNewMINIやNewFIAT500みたいなプレミアム市場ではなく「ポストロードスター」としてオープンスポーツとして作られていれば拍手モノだったと思うのですが・・・それじゃ売れないのかねぇ・・・困り
posted by 犬すけ at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 - 今週のビックリドッキリメカ -

ここんとこ非常に忙しい毎日が続いておりまして記事のアップどころかほとんどネットも出来なければ携帯をいじる事もままならない状態でした。ってかまだまだしばらく続きそうな気配。

そんな中ですが、それでも気になる不思議な何かがengadgetで紹介されていました。

Windows XPとLinuxのデュアルOSポータブル MIU HDPC
http://japanese.engadget.com/2008/03/24/windows-xp-linux-os-miu-hdcp/


韓国のMIUから、フル機能のWindowsとLinuxのデュアルOSを搭載するハンドヘルドデバイス「HDPC」が公開されました。HDPCは「ハイブリッドデュアルポータブルコンピューター」の略。Windows XPとWindows CE 5.0またはLinuxQplusを状況によって切り替えて使うことにより機能と長時間駆動の両立を実現すると謳った製品です。仕様は:

* 4インチ 800 x 480タッチスクリーン
* ディスプレイ部はスライド・回転して裏返すことができ、メインディスプレイの裏側はサブディスプレイとテンキー・通話キー・ファンクションキーを備えた携帯電話風インターフェース。
* QWERTYキーボード
* VIA C7M ULV 1GHz, 最大4GB DDR2メモリ
* 最大60GB 1.3インチHDD, または4GB SSD。miniSD/microSDスロット
* 「7時間」バッテリー。低消費電力モードでは90時間
* 802.11b/g WiFi, Bluetooth 2.0
* DMBチューナー、カメラ、オプションのGPS etc
* 163 x 67 x 24.5mm, 重さ387g

XPとCE / Windows MobileのデュアルOSという製品はDualCorcPCなど前例がないこともありませんが、AtomベースのMIDやUMPCが続々と登場しそうなこのご時世に、しかもなんだかものすごいインパクトの筐体で登場するのはなかなかチャレンジャーです。AVINGによれば韓国では7月に40万から50万ウォン、日本円にして4〜5万円くらいで登場予定。


なんだか昔の特撮やタツノコアニメのよくわからないSFモノなんかで出てきそうな、やっぱりよくわからない機械って感じのデザインが斬新というか奇抜というか・・・そして僕はiPhoneみたいなスマートなやつも好きですが、こういうへんてこりんな奴も結構好きだったりしますwww

しかし僕も何度も言ってるとおり、engadgetでも言ってるとおり、これから出てくるモデルにはもはやATOMが乗らなきゃそれだけで見劣りするってもんです。
普通のPCと違ってUMPCほどデザイン・ギミック・機能などにいろんな趣向の凝らされたPCはないですからATOMベースになるだけでなく、こんな見ただけでなんだかわからないけど凄そうなモノってのにも期待したいものですチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
posted by 犬すけ at 08:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

かにや


かにや


おみぎりとお茶漬けの美味しいお店。
長崎に住んでる時から大好きなお店。
思案橋で飲んだら最後に必ず行く店。





戴いたコメントへの返事と皆様のところへの訪問は後日・・・多謝平謝りあせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | favorite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

共通点


この2台の共通点?チュー(ネコ)



この2台は?チュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 22:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

本日休業



さてさて、日付が変わってるのにこっそり前日の日付で更新。
ま、写真の様な感じでしてwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

これまたこっそりPhotoカテゴリを追加しました。
今回のように更新の暇が無いときはこういうのでお茶を濁してみようかって魂胆。
Lancerさんみたく「お休み」って宣言するのも潔いと思うけど
どうにもカレンダーのリンクに空きがあると気持ち悪く感じる性分なのでwww泣き笑い(ネコ)

またいつかこっそり日付が変わった後にアップしてるかもしれませんwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 19:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | その他、雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

モータースポーツインドア派

日差しが暖かくてついドライブやらツーリングに出かけたくなって、出かけたところで花粉や黄砂にクシャミしまくり鼻たれまくりの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんなクシャミに負けず、鼻水にも負けず、暇が出来ればドライブに出かけ、身内らが家を空ければバイクで出かけ、調子が悪くなれば修理屋に出かけ、西に良いショップがあれば行って話し込み、北に旨い飯屋があれば行って食事をする。そういう人ですが・・・


雨だけはどうにもならんかたつむり雨あせりあせあせ(飛び散る汗)


そんなわけで、つまんない雨の日にインドアでちまちま遊べるのが・・・


ラジコン「!!」キャラクター(万歳)

TVゲームでGTなんてのもまぁマニアックなゲームですから楽しいかもしれませんが、基本的にゲームはやらない僕には触って楽しめるモノの方が好みでして。お勧めは以前紹介したチョロQのラジコンQステアが非常に安く、テーブルの上でも楽しめるのでいいのですが、もっと凝ったモノを・・・って場合にお勧めなのが京商のMINI-Z Racerシリーズなどの小さなラジコンチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

http://www.kyosho.com/jpn/products/rc/series.html?series_group_id=100003

ここでは僕の愛車をご紹介うっしっし(ネコ)


マクラーレンF1 GT-R ガルフレーシング

コレが一番のお気に入り。本音を言えば関谷ル・マン優勝のGT-R LMが欲しいのですが、買いに行った時にはこれしかなかったのでこいつに決定。Gulfってだけでとりあえず満足度高してれてれハート3(大きい&小さい)
ちなみにミッドシップで空力に優れたボディなので安定した走りを楽しめます。


ヴォグゾール BTCC アストラ・クーペ

身内と一緒に遊ぶために合わせて買った一台。しかし、遊ぶのは結局僕だけ・・・うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)


Audi TT

Mini'zRacerが発売された当初に買ったモノ、カスタムパーツに期待して買ったモノのリリース当初なのでまだまだパーツも少なく不満を抱えたまま数年放置。
新しいモデルとソレ用のカスタムパーツが色々ある今となっては戦力外通告w

やっぱり京商なだけあってボディの完成度が違いますねぇ。飾って眺めても非常にカッコいい「!!」目がハート(ネコ)
ボディだけの販売あるので好きな車種のボディを集めるってだけでも十分楽しめます。もちろんラインナップも豊富で基本的に一般ウケするモデルは非常に豊富。僕には全く物足りない絶対にコレだというモデルの無い状態www泣き笑い(ネコ)

カスタムパーツも非常に多くて色々やりだしたら本当に止まりませんよwうっしっし(ネコ)

10年以上前にスロットカーにはまってた事がありましたが、アレもパーツが豊富で、スロットカーの場合市販のプラモデルをボディに出来るので本当に自分の好みの一台を作る事が出来て(タイヤすら自分で削ってサイズを調整するんですよ「!!」びっくりあせあせ(飛び散る汗))非常に楽しかったのですが、その自由さは無いものの自由に動かせるラジコンという面を踏まえて納得しています。

さてさて、このMINI-Z Racerシリーズ、現在ではF1から普通車、小型車からオフロード車までかなり多種多様にありますが、最近出てきたモノが何とも凄い。
ロボットなんかの発売も始めた京商らしい…のかどうかはわかりませんが、それが・・・

2.4GHzラジコン

なんとクリスタルを必要とせず最大40台の同時走行が可能なんだそうです「!!」びっくりあせあせ(飛び散る汗)
しかも1台の送信機IDを複数の受信機に登録可能なのでクリスタルの抜き差しなんてのも必要なく一台のプロポで操縦可能OK!2

http://www.kyosho.com/jpn/fun/special/2_4ghz-miniz/index.html

しかもル・マンシリーズとしてプロトタイプカーばかりをリリースしているから嬉しいじゃないですか目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
現行のMINI-Z Racerシリーズを2.4Ghz化するキットも出ているので95LE MANS WinnerのマクラーレンF1もバトルに参加させる事が出来るし、チームオレカのヴァイパーだってコーヴェットだって参戦出来ますね車ダッシュ車ダッシュキャラクター(万歳)
個人的にはリスターストームとマーコスLM、ロータスGT1(何故か英国車ばかりw やっぱりライトウェイトと言えば英国だからなのかなぁwww)が激しく欲しいのですが、どうにもこれらはマニアックなのか普通のダイキャストモデルでさえ滅多にお目にかかれません・・・カッコいいのに涙ぽろり(ネコ)
ま、売れ線ばかりの京商ラインナップだからそんなコアなマシンは出ないだろうと思いますが、これから先出てくるであろうモデルとしてはザウバーメルセデスC9や華麗に宙を舞ったCLKGT-R、ポルシェの911GT1や日産R390GT1にトヨタのアレにベントレースピード8、もちろん外しちゃいけないAudiのR8ロードスターなどなどでしょうか。
・・・やっぱりマニア成分が枯渇してますなぁ・・・マイナーなのも入り乱れて40台ほどのマシンが犇くから楽しんだけどなぁ・・・キャラクター(しょんぼり)

是非京商さんにはルマンシリーズを突き詰めて40台のマシン全てルマンカーになるような百花繚乱なラインナップを実現していただきたい平謝りあせあせ(飛び散る汗)

ぁ、途中から話がそれたwww

ところでこのMINI-Z Racerシリーズはおおよそ市販の車のプラモデル24分の1スケールに近い(若干小さい)サイズなので家の中で走らせるにしても結構広いスペースが必要だったりします。カスタムして強化したマシンだったらかなり広い部屋でないとちょっと全開で走るのは無理かもしれません。うちも狭い家なのでチョロQのが遊ぶのには良いんですけどねwww


そんなわけで京商より4月18日発売の新製品「dNANO(ディーナノ)」なんてのもあります。こちらは43分の1スケールで相変わらず綺麗に作られた小型ラジコン。
しかしこれまたICタグを仕込んで走行データをサーバに蓄積したりオンライン対戦の可能性まで秘めていると言うから物凄い「!!」青ざめあせあせ(飛び散る汗)
実はこのdNANOが今現在凄く欲しいラジコンなんですが・・・悲しいかな欲しいボディが無い「!!」あせり 車種のラインナップに関しては43分の1スケールで真面目に作ってるみたいなのでマイナー路線を望む人は諦めた方がいいかも涙ぽろり(ネコ)
しかしきちんと43分の1であれば逆に市販の43分の1モデルから型取りして・・・なんて事も全く不可能ではないので半端に合わないサイズよりはむしろ幸せかもしれません。


こういうラジコンで鬱陶しい雨の日を楽しく過ごすのも良いもんじゃないでしょうか?
posted by 犬すけ at 13:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | favorite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ポケット争奪戦 - UMPCの本番はこれからなんだぜ -

先日の記事でEeePC対抗馬のCloudBookの記事を紹介しましたが、何度も言うように今年はATOM発売の年ですからATOM抜きにUMPCもMIDも語れないと言って良いんじゃないでしょうか?
ウィルコムもATOM機でVista搭載のスマートフォンを発売すると言ってますし、これからますます面白くなってくることは間違いありませんOK!2

そんな中今年のUMPCの本流とも言うべきPCが発表されたようです。

ECS G10ILは8.2 / 10.2型、Atomベース
http://japanese.engadget.com/2008/03/20/ecs-g10il-8-2-10-2-atom/


Elitegroup Computer Systemsのミニノート ECS G10ILが正式に発表されました。GSMAから「最優秀モバイルブロードバンドノートブック (発売前)」を受賞したというリリースのなかで明らかにされたもので、主な仕様は:

* 8.2インチ または 10.2インチ液晶ディスプレイ
* インテルAtom (Diamondville)プロセッサ、945GSEチップセット+ ICH7M
* 最大2GBメモリ(1スロット)
* HDDまたはSSD
* 内蔵HDSPA 7.2Mbps, HSUPA 2Mbps
* 無線LAN、Bluetooth、イーサネット、56Kモデム
* USB 2.0ポート x3、4 in 1 カードリーダ、1.3Mピクセルカメラ
* バッテリーは4セルまたは6セル。
* サイズは259 x 180 x 28.5 (mm)


内蔵HSDPA / HSUPAや拡張性などいわゆる低価格ミニノートに留まらない強力な仕様ですが、エリートは「お求めやすい価格」かつ「マスマーケット向けのモバイルブロードバンド内蔵ノート」を強調しています。価格は$500以下らしいものの今回のリリースでは未詳。AsusのEee PCもQ3にはHSDPA内蔵モデルを投入可能、各国のキャリア待ちとされていますが、ECSの8.2インチ / 10.2インチも気になるマシンです。


ほらほら、EeePC買ってる場合じゃないかもしれませんよ?www泣き笑い(ネコ)
これだけの仕様です、しかもATOMは既存のモバイル端末向けプロセッサから飛躍的に進化したCPUですから(Vistaが動くって言うんだからホント凄いですよねw)このターニングポイントに先走って買っちゃうのは危険ですよ。ホント。
なのでEeePCはスルーしたものの、こちらは僕的には完全にターゲットの一つです目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

・・・しかし、まだまだ出てくるに決まってるUMPCラッシュを十分に見極めてモノを選びたいですね。
・・・場合によってはiPhoneいらないかもwww泣き笑い
posted by 犬すけ at 21:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。