2008年03月21日

軽量小排気量高回転型MTの勧め車ダッシュキャラクター(万歳)



仕事が複数乗っかって忙しさのあまり洗車してしまいましたwww泣き笑い(ネコ)
しかも念入りにワックスまでかけてwww泣き笑い

いやぁ、忙しすぎるとついこういう事をしてしまいますうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

ところでピエインさんのブログ「のんびりゆるーり時々マジメ?」の「AT(及び限定免許)」という記事にてピエインさんが「お前らATに乗って調子こいてんじゃねーぞ!」とは言ってませんがw 時には凶器にもなり得る車と言う物を動かす上でオートマのみでのお気楽な運転技術で気安く乗るのは危険であるという記事を書かれていました。

全くその通りだと思いますチュー(ネコ)

で、そんな話にトラバさせていただきました。

僕は車に乗るなら喜んでMT車を選びます。(ま、車にもよりますがwww)なぜならAT車は面白くない上に思い通りにならないから・・・
最近はクラッチを踏まなくてシフトチェンジできるものが多くあるみたいですが、アレも出来ればお断りしたい。 以前試乗したRX-8がAT車でしたがマニュアル操作出来る機構を備えてまして、試乗時にハンドルのボタンでシフトチェンジして「ふ〜ん…困り」と唸る僕に店員が嬉しそうに「綺麗に繋いでくれるでしょ「!!」コレならミスする事無いですから「!!」顔1」と嬉しそうにアピールするのに対し・・・


ミスしちゃ悪いんか「!!」ミスもあるから楽しいんだよ「!!」なまはげ怒り(ムカッ)
気持ちよく決まるもミスるも自分の腕一つだから楽しいんだよ「!!」

と言い返したくなるのをグッとこらえたのを今でも思い出しますwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

・・・って、ちと話たい話題からそれましたがw 
MTですよ、マニュアル。なんでコレに乗ったほうが良いのか・・・これについてピエインさんはATはお手軽で考えなしにアクセルを踏めば走るがMTはそうは行かないってな事を仰ってますが、ここで僕はもう一つ言わせてもらいたい。コレ、ライトウェイト小排気量の車をビンビン回して遊ぶのが好きな人なら当たり前田のクラッカーってやつなんですが・・・

それが・・・


エンジンとの対話

なんですねぇチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
小排気量で高回転の車…乗った事は無いですが例えばFIAT PANDAやABARTH A110なんてのが有名ですね。もちろん我が愛するビートもその中に入れさせて戴きますうっしっし(ネコ)
こいつらは基本的に下が無い(回転数の低い所は使い物にならない)車ですから当然回さなくてはなりません。なので回転数の合わないシフトチェンジなんかすると当然もたついたりするわけです。デカイ車のように1速、2速外しててもとりあえずそれなりに加速するような力強さは持っていません。必然的に適当な回転数に合わせてシフトチェンジするようになるんです。しかし、毎度タコメーターを見ながらシフトチェンジする人がいるでしょうか?そんな事は無いですよねw泣き笑い(ネコ) じゃぁどこで判断するか。エンジン音や速度に決まってます。体感する速度とエンジン音からシフトチェンジできるタイミングを知るわけです。次のギアに上げた時に気持ちよく加速できる回転域を知らなきゃいけないんですからもちろん今何速に入ってるかなんて事も頭に入ってなきゃいけない。
コーナーに向かえばはコーナーの深さから適切なギアを判断しなければならないし、そのギアに見合った速度域に狙って落とす必要もある。コーナーを抜ける中加速するのに適切なシフトアップも出来る準備を作っておかなければならないわけで、道に対して先読みを必要とする一面もありますね。
車の流れに合わせざるを得ない状況になれば望まなくてもその場の走りに合わせたシフトチェンジも必要になってくるんですね。

僕はそういう非力なエンジンをぶんぶん回して走る乗り方が大好きなのでバイクでもモンキーを乗り継いできましたし、ビートだってそういう車です目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

そうやって走る事で自然とエンジン音に対して車の挙動に対して敏感になります。当然自分の車のエンジンの速度に対して丁度良い回転数、気持ちいい回転数と速度のラインも知る事になります。
当然車の調子が悪いとすぐにわかるわけですよ。走ってて違和感を感じるんですから当然です。

ATでアクセルとブレーキを踏むだけのドライバーがコレだけの事を一度に考えたり感じたりするでしょうか?まず多くの人がMTを足にしてる人ほどは感じないでしょうね。

それだけATが楽と言えばそういう事になりますが、逆にMTはそこまで車と一体になれるわけですよ。ってかいつまでたってもそうならなきゃMTの運転は止めたほうがいいかもwww泣き笑い(ネコ)

僕の父の世代なんかだと当時のスポーティな車は今のMT車よりまだまだ気難しかったようで「アレは下手なやつは運転できなかった」なんて話も聞いたりしますが、だからこそ軽自動車の様な車が入門用の登竜門として有効だったのかもしれませんね。

そんなわけで若いうち、免許取りたてのうちこそ小排気量のMT車に乗る事をお勧めいたしますよチュー(ネコ)


posted by 犬すけ at 21:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

お彼岸でした


本日お彼岸にてお寺参りに墓参りでした。
父方と母方の墓参りで結構な距離をドライブ。
ま、行きは父が、帰りは僕が運転したので対して疲れたわけでもなく・・・
とりあえず相変わらずセルシオ・・・つまんないですチュー(ネコ)

カテ違いなので比べても仕方ないのはわかってますが・・・

ちなみに写真は道中で見つけた巨大沙羅曼陀羅ちゃん。

お彼岸ですなぁ・・・
posted by 犬すけ at 16:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ポケット争奪戦 - 大戦前の小競り合い -

EeePCで沸いているのはまだまだ一部のマニアックな人たちがメインで、安さに釣られて興味を持った何も知らない人の多くはスペックなどの面で考慮して離れてしまうカテゴリなんじゃないでしょうか。
しかしUMPC市場はATOMの発売を機にメラメラと勢いを増し大手PCメーカー同士の戦いになるは必定。その流れの中でユーザーにとってもかりやすくまた、その大きさゆえに非常に魅力に映るであろう機能こそ「通信」なわけで、これが先の大戦の前触れである事は疑う余地はないかと思います。いずれ通信業界とPC業界が共に絡み合いながらある意味PC業界の中で最も大きな戦いへと発展していくのではないでしょうか。
そんな中、EeePCの対抗馬が一つ現れました。個人的にはまだまだ買いの時期ではないと見て静観してますが、すでにワクワクドキドキしてますwww泣き笑い(ネコ)

Eee PC対抗の本命,「CloudBook」が国内登場!
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080314/296327/?ST=oss


 台湾の大手PCメーカー,First International Computer社(FIC)の日本法人であるCTOは2008年3月17日,米Everex社の小型ノート・パソコン「CloudBook CE1200J」(写真)を3月22日に発売すると発表した。Everexは,FICの子会社。

 CloudBookは2008年2月に,米国でLinuxを搭載して399ドルで発売された(関連記事)。低価格がウリで,発売日に完売するなど,高い人気を誇る。米国では,同価格で販売される台湾ASUSTeK Computer社の「Eee PC」と並んで,注目を集めている。

 CloudBookの国内モデルは,海外モデルと比べ,OSがLinuxディストリビューションのgOS RocketからWindows XP Home Edition(日本語版,SP2)に変わり,IEEE802.11aとBluetoothの無線通信機能が加わった。価格は5万9800円で,現在の為替レートを基に日本円換算すると,日本では割高感がある。Eee PCも海外ではLinuxを搭載し,国内ではWindows XPを採用したが,価格は4万9800円とCloudBookより1万円安い。

 CloudBookのスペックは,CPUに台湾VIA Technologies社のC7-M(1.2GHz動作),512Mバイトのメイン・メモリー,30Gバイトのハード・ディスクを搭載する。

 液晶ディスプレイは7型の800×480ドット表示で,タッチ・パネル方式を採用。液晶用のスタイラス・ペンが付属する。ディスプレイの脇には,30万画素のWebカメラを備える。

 通信機能は,Bluetooth機能のほか,100BASE-TXの有線LANとIEEE802.11a/b/gの無線LANのネットワーク機能を備える。また,SDカードもしくはメモリースティックが利用できるスロットを搭載する。

 外形寸法は幅230mm×奥行き171mm×厚さ29.4mmで,重さは970gである。

 特徴的なのは,キーボードの配列。日本語キーボードだが,キーの配置とキーの数(80キー)が海外モデルの英語キーボードと全く同じ。そのため,キーピッチは英語版と同じだが,カーソル・キーの隣に「\」キー(英語版では右側のShiftキー)があるなど,一般的な小型キーボードと比べ,配列が大きく異なる。

  なお,Eee PCなど小型PC関連の情報は,日経LinuxのEee PC関連特番サイトで詳しく紹介している。また,Eee PCにLinuxカーネルを導入する方法については,日経Linux4月号の特集記事「Eee PCで最新カーネルを使おう!」を参照していただきたい。


国内版になった途端にWindowsのみのリリースなど魅力が半減するモノになってしまうのは、何ていうか…日本のメディアのフィルタに似た嘘臭さ胡散臭さがぷんぷんして「もしかしてUMPC市場の盛り上がりも世界の潮流から微妙にズレた選択肢ばかりになってしまうのでは・・・」なんて不安が胸をほんの少しだけよぎったりもしますが、端末そのものまで制限出来るわけも無いので最低限マニアの手にハードは渡る物と思えばまぁよしとするべきでしょうか。

ちなみにCFカード2.5インチHDDコネクタ変換アダプタを使ってジャンク箱の中で眠ってたVaio 505SのHDDをSSD化、Puppy Linuxをインストールしてモバイルノートとして利用しようかと考えてましたが、最近の激安UMPCの金額を考えるとあまりにも非効率ってか金の無駄としか思えない見積りに完全に断念する事になりました・・・
まぁ、MMX機を現役で使って回りを驚かせようとかそんな気もなかったわけではないのですがwww泣き笑い(ネコ)
posted by 犬すけ at 23:52 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

古い車好きの戯言

興味深い記事があったのでご紹介

人はなぜ歳をとると古いクルマが好きになるのか
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/TOPCOL/20080314/149011/?ST=AT
 私がまだ中学生だったころ、自宅の近所にクルマ好きのおじさんが住んでいました。その人をここではKさんと呼ぶことにしますが、Kさんは広い敷地の一軒家に住んでいて、相当に古い車庫付きの離れがあり、その車庫には、これまた古い大きな黒塗りのシトロエンが納められていました。

 離れの前には、これも(その当時でも)古い、でもシトロエンほどは古くないローバー(P6)が停まっていました。でも、Kさんは普段の足として、(相当な資産家であるにもかかわらず)FF化された最初のスバル・レックスに乗っていました。シトロエンやローバーが走る状態だったのかどうか、今となってはよく分かりません。

 その離れの中には、Car Graphicが創刊号から保管してあり、離れの中の部屋のほぼ壁一面を占領していました。Kさんと私はよくその部屋にこもって、クルマ談義に花を咲かせていました。親と子ほどに歳の離れた二人ですから、私がKさんのお話を拝聴していた、というほうが正しいでしょう。部屋にこもっているばかりでなく、Kさんが懇意にしている自動車修理工場に連れて行ってもらったり、今にして思えば、近所に住んでいるクルマ好きの少年、というだけの私に、どうしてあんなに親切にしてくれたのだろうと思います。

 私はKさんと会うのが好きでしたが、少々閉口するところもありました。それはKさんの話が、ともすればすぐ昔のクルマのほうへ流れていくからです。それは私の知らない時代の話でしたし、正直に言って、そんな昔のクルマにどんな価値があるのかと思っていました。私はそのころ発売されたばかりの新型ローバー(SD1)が好きだったので、凡庸なデザインに見えたP6を後生大事にしているKさんの気持ちが、よく理解できませんでした。当時の私は、過ぎ去ってしまった時代の車よりも、最新の技術を盛り込んだ新型車のほうに、ずっと興味をひかれていました。

 それがどうでしょうか。最新技術を追うのが仕事ではありますが、最近は古いクルマを見るとやけに心がときめいてしまう自分に本当に驚きます。先日富士重工業に取材に行ったときには、駐車場に停めてあったスバル360をなめるように眺め回してしまいました。傍目からはかなり怪しげだったと思います。少し前にマツダの横浜研究所でR360クーペが展示してあったときは、取材よりも熱心に見入ってしまいました。

 Kさんのことを思い出したのは、最近Fiatの新型500(チンクエテェント)に試乗する機会があったからです。じつは私にとって500はリアルタイムで経験したクルマではなく、むしろその後継車として登場した126のほうが懐かしい感じが強いのですが、以前のブログで書いたように、イタリアで古い500がまだ現役で走っているのを見て、すっかりファンになったのです。

 なので新型500の試乗はとても楽しみだったのですが、正直に言って新型500は(当たり前ですが)古い500とはまったく別のクルマでした。 Fiatは、モチーフは借りつつも新しい価値を創造しようとしているのに、そこにノスタルジーばかりを求めようとした自分が間違っていたことを思い知らされました。

 残念ながら今の私の周りには(息子たちも含めて)クルマ好きの少年はいませんし、私には広い自宅も、離れもシトロエンもローバーもありません。でも、もしそんな少年がいたら、私もかつてのKさんのように、昔自分が好きだったクルマの話ばかりしてしまいそうです(新型Fiat500の詳細は、3月 28日発売の本誌5月号に掲載します)。


なんて言うかね。
かれこれ10年以上(好み自体は変わってないので広義には30年以上?w)古い車好きな僕から見れば「何を知れた事を・・・」とも思わなくも無いですが、そこはそれ、人それぞれに古い車が好きな理由もあるでしょうから一概には言えないと思います。

しかしね、今の車がどうしても好きになれない(正確にはギリギリ90年代まで)僕にとっては常に思う事がありまして・・・

一つ目は「重い」
軽自動車ですら1トン行っちゃう時代です。重いです。
エンジンを低燃費とかエコとか言う前に新素材の採用とかそっちの開発を優先して軽量化に金をかけるべきです。ボディを軽くしろ、話はそれからだ・・・

二つ目は「電子機器入り過ぎ」
これはね、時計に例えれば「機械式の時計が絶滅した状態」だと言えると思うんですよ。時計好きな方なら絶叫モノの大惨事でしょう。電子機器が色々入ってお利口ちゃんになっていってるのはわかりますが、そうでなくたってちゃんと走ってたのにそちら側の系譜を引き継ぐモノが無いまま全てが電子機器の塊になっていってる。機械式時計だって現代のテクノロジーで更に精度を増し技巧を凝らしたものが新しく生まれていく中で自動車は工芸品的な芸術性も趣味性も無くなって行ってる・・・そりゃ自動車の家電化って言われても仕方ないでしょう。昔の車の様な機械としての美しさや魅力は薄れています。今の自動車業界ってそんな感じに見えます。だからどれも好きになれない。

要するにプリミティブな車を愛する人にとって日々余計なモノが付いていく現代の自動車は走る本質から外れた動くリクライニングシートの様なもんでしかないんじゃないかなと思います(ってか少なくとも僕はそうとしか思ってませんwww)またしても時計に例えて電波時計がどこにいても正確な時間に合わせてくれるのは便利かもしれませんが、自動巻きの機械式時計が止まらないように身に着けない時はオートワインダーを利用したり、そういうのだって立派な楽しみの一つなんです。そうして手をかけ愛することの出来る(それに見合うだけの)機械だからオーバーホールしてでも利用し続けるモノなんです。

つまり

手を掛け愛し続ける(所有し続ける)ことの出来る永続性を感じさせない代物=家電

だと言えるんじゃないでしょうか?

僕が愛するビートだって「キャブだったらいいのに・・・」って不満があったりしますが、そこまでなってくるとメンテナンスなどにかける時間が増えすぎて身内が本気でブーイングしそうなので妥協点かと思ってますwww泣き笑い(ネコ)

もちろん現代の車を「生涯乗り続ける」って愛情を持ってる人もいるかもしれませんが、電子機器が色々入ってるモノのコンディションをウン十年保ち続けるのって「やめた方がいいんじゃない?」って思いますよホントwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

機械に自分の人生を一緒に年を重ねる事の出来る相棒としてのポジションを求めるのであれば機械式時計の様な優れたカラクリを求めるべきです。そしてそんな代物はもはやほぼ確実にクラシックカーでしか手に入らないんですよチュー(ネコ)

※ま、僕的には「そこでバックヤードビルダー製の・・・」とくるわけですがwww泣き笑い
posted by 犬すけ at 22:25 | Comment(13) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

ポケット争奪戦 - この機、何の機、気になる機 -

見た事もない〜気に〜なるでしょう

東芝dynabook SS RXに128GB SSD搭載モデル、KDDI WIN内蔵モデル
http://japanese.engadget.com/2008/03/17/dynabook-ss-rx1-128gb-ssd-kddi-win/
東芝の「世界最軽量モバイルノートPC」(※12.1型ワイド液晶モデルにおいて) dynabook SS RXに、ノートPCとして世界初の128GB SSD搭載モデル、および3G WWANデータ通信モジュール(KDDIのCDMA 1X WIN)内蔵モデルが発表されました。

内蔵されるKDDI CDMA 1X WINデータ通信モジュールは下り最大2.4Mbps/上り最大144kbps。月額最大5985円の定額プラン「WIN通信機能搭載PC定額」への加入が必要となります。

ラインナップされているのは店頭向け3モデル、ウェブ販売4モデル、法人向け60(!)モデルの計67モデル。WEB販売モデルでは128GB SSD搭載のRX1/W9Eが41万7800円(Office Personal 2007 with PowerPointつきは44万2800円)、120GB HDDおよび1X WIN内蔵のRX1/W7EGが29万2800円(同Officceつきは31万7800円)。

重量は128GB SSDモデルにバッテリパック5800 (12.5時間駆動)で988g、120GB HDD + WWANモデルにバッテリパック5800 (11時間駆動)で1.139g。 WEB販売モデルは3月25日より、店頭向けは4月中旬発売。残念ながら128GB SSDかつ WWANモデルはラインナップされていないようです。


まだ待ちですね。
posted by 犬すけ at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

クルマ占い

ピエインさんのブログ「のんびりゆるーり時々マジメ」にてクルマ占いなるサービスを紹介されていました。もちろん試さないわけありませんwうっしっし(ネコ)
そんなわけで判定結果はこちら。

判定結果
あなたに似合うクルマは、アメリカ製でホワイトのステーションワゴンです
http://store.neostreet.co.jp/servlet/select_point.PointAdd
いつでも笑みを絶やさず、おおらかでのんびりやさんのあなた。和み系の雰囲気がにじみ出ているため、自然と周りのひとを愉快にすることができます。サービス精神も旺盛で、場を盛り上げるのが得意なので、宴会幹事向きの性質です。ふざけているように見えても芯は真面目なのですが、時間にルーズというのが欠点。また、ひとの好き嫌いはあまりなく、異性の好みも広い博愛主義者でもあります。



・・・当たってねぇよwww泣き笑い

占いの結果から得たイメージを車で表しているので自分の好みのクルマのジャンルにならないのは残念ですが、アメリカ製でホワイトのステーションワゴンっておおらかでのんびりなんですかね…ま、いいけど。


ぁ、唯一当たってるかなと思ったのは


ふざけているように見えても芯は真面目

って箇所ですが・・・

性格には「本気でふざけている」んですねぇwww泣き笑い(ネコ)
posted by 犬すけ at 21:39 | Comment(8) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

ポケット争奪戦 - 無線LANの強〜い味方 -

コレは理想的な機器だなと思える凄いものが開発されたようで、非常に興味津々です。

置くだけで無線LANエリアが拡大――手のひらサイズの基地局が登場
福岡県産業・ 科学技術振興財団と九州大学が共同開発

http://www.computerworld.jp/news/mw/100931.html

 福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)と九州大学は3月13日、無線LANの通信エリアを簡単に拡大できる、手のひらサイズの無線中継/基地局「picoMesh LunchBox」を発表した。同基地局は、ふくおかISTと九州大学システム情報科学研究院が共同で行ってきた文科省採択プロジェクト「MIMO- MESHポイントの開発」の成果となる。

 picoMesh LunchBoxには、基地局間の無線中継ネットワークを自動形成する「多段無線マルチホップ中継技術」が使われている。これにより、picoMesh LunchBoxを置くだけで無線LANの通信エリアを拡大することができるという。また、ブロードバンド通信にも対応させるため、中継回線容量は高く設定されている。

 そのほかの特徴として、複雑な配線が不要であること、基地局設置工数が少ないためシステム構築コストが削減できること、大規模な無線中継網の構築に向いた「周期的間欠送信(IPT)」を採用していることなどが挙げられている。IPTとは、電波干渉を制御し、高い中継伝送効率を達成する同プロジェクト独自のパケット伝送方式のことである。

 ふくおかISTと九州大は、データ通信量が急増する将来において、場所/時間によらない快適な通信を実現するには、無線通信のブロードバンド化と通信エリアの拡大が不可欠だとし、それが容易に達成できるpicoMesh LunchBoxの意義を強調した。

 今回の研究成果を基に、国内外の企業、各種研究機関と協力して、今後20年のポストICT(Information & Communication Technology)社会に求められるユビキタス・ブロードバンド・モバイル通信実現のためのカギとなるインフラの開発をも目指すと、両者は説明している。


こういうのを家庭内や店舗、オフィスなどに置くと無線LANが更に便利になるかもしれませんね。スマートフォンの流れから無線LANをサポートする機器の増加は避けられぬものと思えばモバイルマニアにも無線LANルータやアクセスポイントだけでなく無視できないものになってくるんじゃないでしょうか?
とりあえず、表に出るまでやたらと時間がかかったわりにイマイチ手を出したくならないPLCなんかよりずっと評価したいネットワーク機器だと思います。
posted by 犬すけ at 21:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

春のレシピ、今度は菜の花炒飯チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)


今日の晩御飯は・・・って日付が過ぎてますがwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

今日は定番菜の花炒飯「!!」花きらきらごはんキャラクター(万歳)

菜の花の塩漬けを刻んでベーコン・タマゴでシンプルに作ります。
・・・って、僕が作ったんじゃないですけどwww泣き笑い(ネコ)

こういう季節の旬を食卓にってのが僕にとっては何よりの幸せチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

次はツクシかヨモギでいくか…まだまだ楽しい食卓は続きそうですキャラクター(万歳)
posted by 犬すけ at 06:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

ポケット争奪戦 - ソニエリMVNOへの道? -

「ソニエリはSONYであってsony以外の何物でもない。そんな事はJOGを回してみればすぐにわかる事だ・・・例えCEOがソニー戦士でも・・・」

なんて事を誰かが言ったとか言わないとか犬すけの口から出任せだとか、まぁ何ですな。いずれにしてもソニーには他社とは少々違う尖った面が少なからずありますからね。やはりSONY好きな人はSONYらしさを常に求めてしまう・・・ってことですよね。はい。

ところで以前PSP携帯のリーク画像?ってネタ画像を記事で紹介しましたが、あんな端末よりもずっといけてる構想をSONYは練っていたようです。
これはiPhone対抗場として実に面白い事になるかもしれません。

iPhoneを超えろ!? PSP対応タッチスクリーンケータイ、ソニエリが特許出願中
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/03/11/008/index.html

Sony Ericsson Mobile Communications(ソニーエリクソン・モバイルコミュニケーションズ)は、バイブレーション対応のタッチスクリーンを搭載する次世代携帯電話デザインに関連した特許「ORIENTATION BASED MULTIPLE MODE
MECHANICALLY VIBRATED TOUCH SCREEN DISPLAY」を、米特許商標庁(USPTO: United States Patent and Trademark Office)に申請している。

iPhoneを始めとした、各社の携帯電話モデルに、ダイヤルキーパッドなどを装備しておらず、タッチパネル対応の液晶ディスプレイのみで直感的な操作を実現するデザインが採用されるようになってきた。斬新なデザインへの好評価は多いものの、タッチスクリーン上に表示されるソフトキーやボタンでは、実際にプッシュした感触がないため、操作しづらいといった感想なども聞かれている。

しかしながら、同社が申請している特許書類によれば、新たな携帯電話に採用される独自開発のインタフェースにおいて特徴となるのは、タッチパネル液晶のソフトキーなどをプッシュした時に、バイブレーション機能などを活用して、確実にキータッチが行われたことがフィードバック可能になる点。単に操作性を向上するのみならず、臨場感あふれるゲームプレイなどへの応用も期待される。

すでに今回の申請特許においても、プレイステーション・ポータブル(PSP)の正式名称を明示しつつ、PSPのような高性能ゲームを、同特許技術を活用した携帯電話で実現する目標が掲げられている。タッチスクリーン上に表示されるインタフェースは、ゲームやインターネット利用時にはランドスケープ (水平表示)モードに、電話や音楽プレイヤー機能利用時にはポートレート(縦表示)モードにと、各機能に応じた独自のインタフェースが設定される仕組みとなるようで、端末本体の傾きや向きを自動感知して、表示インタフェースを調整する性能も備わるとされている。

なお、同特許技術を用いた製品開発に関しては、同社から何ら正式なコメントは出されていないものの、最初に出願されたのは2006年8月となっており、一定の開発期間を経た後に製品化される見込みもあり、今後の展開に注目したい。


少なくともタッチスクリーンを触ると振動するってのはPSP携帯でなくてもこれからのタッチスクリーン携帯の標準にして戴きたいくらいの機能かと思います。もちろんあまりひどい振動だと操作しにくいですがwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

それから、コレはシェアで上を行くDSに対して同じタッチスクリーンで対抗するにしても通信と振動や傾きセンサーでそれなりに追随ではない新しさを生み出すことが出来そうで楽しみです。

しかし気になるのはiPhone対抗・・・のつもりだったら最低でも今のPSP以上にその他の機能も充実させてくれなくては勝てないだろう・・・って事。GPSだって搭載されるんでしょうから既にあるPSP用車載カーナビソフトはもちろん、PSPの資産と携帯電話だから出来る新しい価値の提案が出来なくてはなりません。
相手はゲーム機として売れてるわけではないですからね・・・少なくとも良いおもちゃではあると思いますがwww泣き笑い
posted by 犬すけ at 06:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菜の花レシピで春満喫中チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)花見(さくら)


相変わらずの菜の花レシピ。

今回は僕の大好物の一つ、菜の花の塩漬けで作る菜の花茶漬け花ごはんチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

永谷園の海苔茶漬けをご飯にかけて上から菜の花の塩漬けをたっぷり載せてお茶をかければ出来上がりキャラクター(万歳)ハート3(大きい&小さい) 香りが豊かでほんのり苦くて菜の花はシャキシャキしてて本当に幸せ〜目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい) こんな美味しいものが食べれるしツーリングもオープンでのドライブも楽しめるんだから春万歳ですよ。花粉症なんか平気だもんねぇ〜うっしっし(ネコ)

くしゃみがとまらなくったって平気の平左衛門ってやつですよ。ホントOK!2


へっくし「!!」チュー2ダッシュ
posted by 犬すけ at 04:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | Private | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。