2008年03月10日

ポケット争奪戦 - ソニエリその後 -

前記事でソニエリ国内携帯端末事業から撤退のニュースを紹介しましたが、それを覆すニュースがITmediaより・・・何がなんだかショッキングあせあせ(飛び散る汗)

ソニエリ「ドコモ向け携帯からの撤退はない」 一部報道にコメント
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/10/news036.html
 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは3月10日、NTTドコモ向け携帯電話から撤退するという一部報道に対し、「ドコモと商品計画の見直しを行っているのは事実だが、撤退はない」(同社広報部)とコメントした。

 日本経済新聞が10日付けで、同社がドコモ向け端末について、今夏に発売する製品を最後に開発・生産を打ち切り、その後は国内の携帯メーカーから製品を調達し、ソニエリブランドでドコモに供給し続ける──と報じた。

 同社広報部は「ドコモと商品化計画の一部を見直しているのは事実だが、撤退はない。ほかのメーカーから製品を調達し、自社ブランドでドコモに供給する計画もない」としている。商品計画の見直の具体的な内容は「公開できない」という。

 同社は「サイバーショット携帯」「ウォークマン携帯」などの端末をドコモとau(KDDI)に製品を供給している。au向けは従来通り開発・生産を続け、商品計画の見直しなども考えていないとした。


しかしこのコメントで妙なのはほかのメーカーから製品を調達し、自社ブランドでドコモに供給する計画もないってのは信じて良いんでしょうか?既にauではOEMやってますよね?アレもひょっとして「断固としてOEMでは無い」って事なんでしょうか?困り
ま、ソニエリ信者としては帰る場所が確保されてホッと一安心ですが、こういうネタが真実の様に受け取れるくらい海外事業と比べて国内ソニエリ端末に魅力が欠ける(販売数をしても)のは紛れも無い事実じゃないでしょうか。実際その辺が納得した人の根拠でしょう。
世界に羽ばたく端末メーカーの製品をして撤退を信じさせる土壌を生んだキャリアは今回のデマがユーザーに信じられ「さもありなん」と思われた事を恥じるべきではないでしょうか。

・・・って言いながらやっぱりOEM販売で事実上の撤退みたいになる疑念を払拭出来ないでいるのが何ともwww泣き笑い(ネコ)
ま、OEM販売を挟んで純正ソニエリ端末は年に2回の発売、そのかわりマニア垂涎の端末・・・って流れにするんだったらソニエリさん、ガンガン行ってくださいwwwうっしっし(ネコ)


posted by 犬すけ at 22:48 | Comment(8) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 - ソニエリの撤退 -

僕にとっては帰るべき場所を1つ失ってしまった様な寂しさを覚えるニュースがnikkei.netより・・・涙ぽろり(ネコ)

ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080310AT1D0900N09032008.html
 ソニーはNTTドコモ向けの携帯電話機事業から事実上撤退する。年内に開発・生産を打ち切り、国内の携帯事業を大幅に縮小して主力の海外事業に注力する。飽和傾向を強める日本の携帯電話機市場には約10社のメーカーがひしめき、収益環境が悪化している。すでに中下位の三洋電機と三菱電機は撤退を決めており、市場淘汰の流れが大手にまで波及してきた。

 ソニーは折半出資会社である英ソニー・エリクソンを通じ、世界で携帯電話を「ソニー・エリクソン」ブランドで製造・販売している。国内ではドコモとKDDI(au)に製品を供給。春商戦向けの新型機はドコモに3機種、KDDIに2機種を納入している。 (07:00)


なんとソニエリがdocomo向け端末開発から手を引き、海外事業に注力するって事になったそうです。これはそのうちau端末からも、au×SONY MusicPortなど旨味のある所だけの連携にとどめて端末開発は完全にOEM化…なんて事になるんじゃないかって不安になりますが・・・来るべき流れだったとも思います。
海外ソニエリ端末の素敵さを見れば、端末開発と販売においてはやはりキャリア主導が癌なんだろうなと思わずにはいられません。

ソニエリはやっぱりMVNOで自ら海外端末を国内にて流通させるべきです。ソニエリ組旗揚げの時は必ず馳せ参じますので田舎も対応エリアになるキャリアを利用してMVNOして下さいまし平謝りあせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 09:06 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。