2008年03月12日

バイクの春だねぇ〜てれてれ



今週は仕事で土日が無くなる予定なので、本日暇を見て実に久しぶりにMonsterで走ってきました。正直言ってバッテリーを含め色々心配だったので恐る恐る・・・調子を確かめながらのプチツーでしたうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
ってか自分のフォームも含めて色々確かめるように走って今日はおしまい。2時間ほど山道を走ってると手が寒さで痺れてきたのと手首が痛くなってきた事もあって、体もしっかり慣らさないといけないなぁ・・・と反省するやら気合が入るやら。


コースは例によって例のごとく行く先が決まってない時のあの場所。
今年は初めて来ましたが、道が所々綺麗になってるので走ってて新鮮に感じました。

しかし平日の昼間というのに何台かのライダーとすれ違い、いつもの場所にもちゃんと数台先客がいるのには春を待ってたんだなぁ・・・とニヤリきりり(ネコ) すれ違い様にサインをくれた青のCB(?)の人にはうかつにも返事できずにちょっと残念ほえー(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

また時間を作って走りに行こう。


posted by 犬すけ at 17:18 | Comment(8) | TrackBack(0) | DUCATI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケット争奪戦 - 100% FREE「!!」 -

時々、「ある話題について記事にしたつもり」になってる事があります。
このネタについて記事にしたはず・・・そう思いながら過去記事を探すものの一向に見つからない・・・「確かに書いたと思うんだけど・・・」そう思いながら探すものの、目当ての記事が見つからない場合って、記事のタイトルをあまりにも婉曲な言い回しにしていて自分でその存在に気づいていないか、別記事の中のネタの一部として掲載しているか、あるいは記事ではなく誰かへのコメントで文章にしたか・・・もしくは「本当は書いてなかった」って事がその理由のほとんど全てだろうと思います。

今回は一番最後のパターン。

【ETech】オープンソース・ハードウエアのケータイ,いよいよ一般向け販売へ
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080307/148616/
 ハードウエア・ソフトウエアともにオープンソースの携帯電話機を開発をしているOpenMoko(運営は台湾First International Computer,Inc.の子会社である台湾Openmoko,Inc.)が,一般向けに製品の販売を「O'Reilly Emerging Technology Conference」で明らかにした。

 OpenMokoは携帯電話機向けのソフトウエア・プラットフォームである「Openmoko Linux」と,携帯電話機のハードウエア「Neo」をいずれもオープンソース化している。Openmoko LinuxはOSカーネルにLinuxを採用したほか,ウインドウ・システムに「X11」と「GTK」を採用するなど,「原則としてすべてオープンソースのソフトウエアで構成している」(Head,Developer RelationsのMichael Shiloh氏)。

 OpenMokoが開発したハードウエアは「Neo」と呼ぶ。400MHz動作のARMコアのマイクロプロセサに,タッチパネル付きの640× 480画素のディスプレイGPS無線LAN機能などを搭載している。USBのコントローラとしても動作するので,周辺機器を簡単に接続できるという。開発したハードウエアのブロック・ダイアグラムやチップ間の接続,JTAGインタフェースなどを公開している。また製品のCADデータも公開している。これらが「オープンソースのハードウエア」と呼ばれる由縁である。既に米Dash Navigation,Inc.が,インターネット・アクセス機能を持つPND「Dash Express」にNeoをベースとした設計デザインを採用しているという。

 これまでOpenMoko採用携帯電話機は,「Neo 1973」が開発者向けに限定的に販売されてきたが,既に在庫がない状況という。現在は「Neo Freerunner」という名称で次期製品を開発中で,「既にテストの段階に入った。ソフトウエアの入れ替えなどをいとわないのであれば,数カ月で手に入れられるだろう。Freerunnerは一般向け製品として販売する予定で,それと同じ品質のソフトウエアを手に入れたいユーザーは6カ月ほど待ってほしい」(Shiloh氏)。


これについてはプロジェクト立ち上げの頃の記事から関心があったので、ず〜〜っと「記事にしていたつもり」でした・・・が、探しに探した結果、これについての記事が存在しない事が判明。
おそらく「書こう」と思ったままその日の記事は別の話題が優先され・・・の繰り返しの中、気にしつつも忘れ去られてしまったものと思われます。しかし、この手の「忘れもの」の話で最も具合の悪いのは「忘れたと思ってたら本当は忘れてなかった事が判明した時」ではないでしょうか。
posted by 犬すけ at 09:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。