2008年03月15日

ポケット争奪戦 - 無線LANの強〜い味方 -

コレは理想的な機器だなと思える凄いものが開発されたようで、非常に興味津々です。

置くだけで無線LANエリアが拡大――手のひらサイズの基地局が登場
福岡県産業・ 科学技術振興財団と九州大学が共同開発

http://www.computerworld.jp/news/mw/100931.html

 福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST)と九州大学は3月13日、無線LANの通信エリアを簡単に拡大できる、手のひらサイズの無線中継/基地局「picoMesh LunchBox」を発表した。同基地局は、ふくおかISTと九州大学システム情報科学研究院が共同で行ってきた文科省採択プロジェクト「MIMO- MESHポイントの開発」の成果となる。

 picoMesh LunchBoxには、基地局間の無線中継ネットワークを自動形成する「多段無線マルチホップ中継技術」が使われている。これにより、picoMesh LunchBoxを置くだけで無線LANの通信エリアを拡大することができるという。また、ブロードバンド通信にも対応させるため、中継回線容量は高く設定されている。

 そのほかの特徴として、複雑な配線が不要であること、基地局設置工数が少ないためシステム構築コストが削減できること、大規模な無線中継網の構築に向いた「周期的間欠送信(IPT)」を採用していることなどが挙げられている。IPTとは、電波干渉を制御し、高い中継伝送効率を達成する同プロジェクト独自のパケット伝送方式のことである。

 ふくおかISTと九州大は、データ通信量が急増する将来において、場所/時間によらない快適な通信を実現するには、無線通信のブロードバンド化と通信エリアの拡大が不可欠だとし、それが容易に達成できるpicoMesh LunchBoxの意義を強調した。

 今回の研究成果を基に、国内外の企業、各種研究機関と協力して、今後20年のポストICT(Information & Communication Technology)社会に求められるユビキタス・ブロードバンド・モバイル通信実現のためのカギとなるインフラの開発をも目指すと、両者は説明している。


こういうのを家庭内や店舗、オフィスなどに置くと無線LANが更に便利になるかもしれませんね。スマートフォンの流れから無線LANをサポートする機器の増加は避けられぬものと思えばモバイルマニアにも無線LANルータやアクセスポイントだけでなく無視できないものになってくるんじゃないでしょうか?
とりあえず、表に出るまでやたらと時間がかかったわりにイマイチ手を出したくならないPLCなんかよりずっと評価したいネットワーク機器だと思います。


posted by 犬すけ at 21:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。