2008年03月17日

ポケット争奪戦 - この機、何の機、気になる機 -

見た事もない〜気に〜なるでしょう

東芝dynabook SS RXに128GB SSD搭載モデル、KDDI WIN内蔵モデル
http://japanese.engadget.com/2008/03/17/dynabook-ss-rx1-128gb-ssd-kddi-win/
東芝の「世界最軽量モバイルノートPC」(※12.1型ワイド液晶モデルにおいて) dynabook SS RXに、ノートPCとして世界初の128GB SSD搭載モデル、および3G WWANデータ通信モジュール(KDDIのCDMA 1X WIN)内蔵モデルが発表されました。

内蔵されるKDDI CDMA 1X WINデータ通信モジュールは下り最大2.4Mbps/上り最大144kbps。月額最大5985円の定額プラン「WIN通信機能搭載PC定額」への加入が必要となります。

ラインナップされているのは店頭向け3モデル、ウェブ販売4モデル、法人向け60(!)モデルの計67モデル。WEB販売モデルでは128GB SSD搭載のRX1/W9Eが41万7800円(Office Personal 2007 with PowerPointつきは44万2800円)、120GB HDDおよび1X WIN内蔵のRX1/W7EGが29万2800円(同Officceつきは31万7800円)。

重量は128GB SSDモデルにバッテリパック5800 (12.5時間駆動)で988g、120GB HDD + WWANモデルにバッテリパック5800 (11時間駆動)で1.139g。 WEB販売モデルは3月25日より、店頭向けは4月中旬発売。残念ながら128GB SSDかつ WWANモデルはラインナップされていないようです。


まだ待ちですね。


posted by 犬すけ at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。