2008年03月21日

ポケット争奪戦 - UMPCの本番はこれからなんだぜ -

先日の記事でEeePC対抗馬のCloudBookの記事を紹介しましたが、何度も言うように今年はATOM発売の年ですからATOM抜きにUMPCもMIDも語れないと言って良いんじゃないでしょうか?
ウィルコムもATOM機でVista搭載のスマートフォンを発売すると言ってますし、これからますます面白くなってくることは間違いありませんOK!2

そんな中今年のUMPCの本流とも言うべきPCが発表されたようです。

ECS G10ILは8.2 / 10.2型、Atomベース
http://japanese.engadget.com/2008/03/20/ecs-g10il-8-2-10-2-atom/


Elitegroup Computer Systemsのミニノート ECS G10ILが正式に発表されました。GSMAから「最優秀モバイルブロードバンドノートブック (発売前)」を受賞したというリリースのなかで明らかにされたもので、主な仕様は:

* 8.2インチ または 10.2インチ液晶ディスプレイ
* インテルAtom (Diamondville)プロセッサ、945GSEチップセット+ ICH7M
* 最大2GBメモリ(1スロット)
* HDDまたはSSD
* 内蔵HDSPA 7.2Mbps, HSUPA 2Mbps
* 無線LAN、Bluetooth、イーサネット、56Kモデム
* USB 2.0ポート x3、4 in 1 カードリーダ、1.3Mピクセルカメラ
* バッテリーは4セルまたは6セル。
* サイズは259 x 180 x 28.5 (mm)


内蔵HSDPA / HSUPAや拡張性などいわゆる低価格ミニノートに留まらない強力な仕様ですが、エリートは「お求めやすい価格」かつ「マスマーケット向けのモバイルブロードバンド内蔵ノート」を強調しています。価格は$500以下らしいものの今回のリリースでは未詳。AsusのEee PCもQ3にはHSDPA内蔵モデルを投入可能、各国のキャリア待ちとされていますが、ECSの8.2インチ / 10.2インチも気になるマシンです。


ほらほら、EeePC買ってる場合じゃないかもしれませんよ?www泣き笑い(ネコ)
これだけの仕様です、しかもATOMは既存のモバイル端末向けプロセッサから飛躍的に進化したCPUですから(Vistaが動くって言うんだからホント凄いですよねw)このターニングポイントに先走って買っちゃうのは危険ですよ。ホント。
なのでEeePCはスルーしたものの、こちらは僕的には完全にターゲットの一つです目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

・・・しかし、まだまだ出てくるに決まってるUMPCラッシュを十分に見極めてモノを選びたいですね。
・・・場合によってはiPhoneいらないかもwww泣き笑い


posted by 犬すけ at 21:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽量小排気量高回転型MTの勧め車ダッシュキャラクター(万歳)



仕事が複数乗っかって忙しさのあまり洗車してしまいましたwww泣き笑い(ネコ)
しかも念入りにワックスまでかけてwww泣き笑い

いやぁ、忙しすぎるとついこういう事をしてしまいますうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

ところでピエインさんのブログ「のんびりゆるーり時々マジメ?」の「AT(及び限定免許)」という記事にてピエインさんが「お前らATに乗って調子こいてんじゃねーぞ!」とは言ってませんがw 時には凶器にもなり得る車と言う物を動かす上でオートマのみでのお気楽な運転技術で気安く乗るのは危険であるという記事を書かれていました。

全くその通りだと思いますチュー(ネコ)

で、そんな話にトラバさせていただきました。

僕は車に乗るなら喜んでMT車を選びます。(ま、車にもよりますがwww)なぜならAT車は面白くない上に思い通りにならないから・・・
最近はクラッチを踏まなくてシフトチェンジできるものが多くあるみたいですが、アレも出来ればお断りしたい。 以前試乗したRX-8がAT車でしたがマニュアル操作出来る機構を備えてまして、試乗時にハンドルのボタンでシフトチェンジして「ふ〜ん…困り」と唸る僕に店員が嬉しそうに「綺麗に繋いでくれるでしょ「!!」コレならミスする事無いですから「!!」顔1」と嬉しそうにアピールするのに対し・・・


ミスしちゃ悪いんか「!!」ミスもあるから楽しいんだよ「!!」なまはげ怒り(ムカッ)
気持ちよく決まるもミスるも自分の腕一つだから楽しいんだよ「!!」

と言い返したくなるのをグッとこらえたのを今でも思い出しますwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

・・・って、ちと話たい話題からそれましたがw 
MTですよ、マニュアル。なんでコレに乗ったほうが良いのか・・・これについてピエインさんはATはお手軽で考えなしにアクセルを踏めば走るがMTはそうは行かないってな事を仰ってますが、ここで僕はもう一つ言わせてもらいたい。コレ、ライトウェイト小排気量の車をビンビン回して遊ぶのが好きな人なら当たり前田のクラッカーってやつなんですが・・・

それが・・・


エンジンとの対話

なんですねぇチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
小排気量で高回転の車…乗った事は無いですが例えばFIAT PANDAやABARTH A110なんてのが有名ですね。もちろん我が愛するビートもその中に入れさせて戴きますうっしっし(ネコ)
こいつらは基本的に下が無い(回転数の低い所は使い物にならない)車ですから当然回さなくてはなりません。なので回転数の合わないシフトチェンジなんかすると当然もたついたりするわけです。デカイ車のように1速、2速外しててもとりあえずそれなりに加速するような力強さは持っていません。必然的に適当な回転数に合わせてシフトチェンジするようになるんです。しかし、毎度タコメーターを見ながらシフトチェンジする人がいるでしょうか?そんな事は無いですよねw泣き笑い(ネコ) じゃぁどこで判断するか。エンジン音や速度に決まってます。体感する速度とエンジン音からシフトチェンジできるタイミングを知るわけです。次のギアに上げた時に気持ちよく加速できる回転域を知らなきゃいけないんですからもちろん今何速に入ってるかなんて事も頭に入ってなきゃいけない。
コーナーに向かえばはコーナーの深さから適切なギアを判断しなければならないし、そのギアに見合った速度域に狙って落とす必要もある。コーナーを抜ける中加速するのに適切なシフトアップも出来る準備を作っておかなければならないわけで、道に対して先読みを必要とする一面もありますね。
車の流れに合わせざるを得ない状況になれば望まなくてもその場の走りに合わせたシフトチェンジも必要になってくるんですね。

僕はそういう非力なエンジンをぶんぶん回して走る乗り方が大好きなのでバイクでもモンキーを乗り継いできましたし、ビートだってそういう車です目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

そうやって走る事で自然とエンジン音に対して車の挙動に対して敏感になります。当然自分の車のエンジンの速度に対して丁度良い回転数、気持ちいい回転数と速度のラインも知る事になります。
当然車の調子が悪いとすぐにわかるわけですよ。走ってて違和感を感じるんですから当然です。

ATでアクセルとブレーキを踏むだけのドライバーがコレだけの事を一度に考えたり感じたりするでしょうか?まず多くの人がMTを足にしてる人ほどは感じないでしょうね。

それだけATが楽と言えばそういう事になりますが、逆にMTはそこまで車と一体になれるわけですよ。ってかいつまでたってもそうならなきゃMTの運転は止めたほうがいいかもwww泣き笑い(ネコ)

僕の父の世代なんかだと当時のスポーティな車は今のMT車よりまだまだ気難しかったようで「アレは下手なやつは運転できなかった」なんて話も聞いたりしますが、だからこそ軽自動車の様な車が入門用の登竜門として有効だったのかもしれませんね。

そんなわけで若いうち、免許取りたてのうちこそ小排気量のMT車に乗る事をお勧めいたしますよチュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 21:30 | Comment(7) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。