2008年04月17日

ビート購入計画異常あり その2

そんな訳で前回の話「ビート購入計画異常あり」の続き。

最初はサンバーかバモス・・・軽バンが欲しかったのだ。野草を取りに行くにも仕事で大きな物を運ぶにも(まず無いけどw)便利がいい。
ちらりとビートと同じMTREC搭載のトゥデイを買えば…なんて考えたりもしたけど流石にそれは極悪過ぎて自制したwww泣き笑い(ネコ)
やはりファミリーカーである以上軽規格変更後の衝突安全対策の施された物を選ぶのが筋だろう。(個人的には事故にあったときの事を考えて物を買うと言う行為自体が物凄く気に入らないのだけど)


もともとRR(リアエンジンリアドライブ)は現代のコンパクトカーにこそ必要な駆動方式と思ってるのでスバルサンバーへの興味は非常に高い。個人的にはサンバーバンのセレクティブ4WDは非常に好奇心をそそられるのだが・・・しかしリアドライブでキャブオーバースタイルを軽規格で頑張って貫いているだけにホイルベースが他車より必然的に短くなってしまう。もちろんこれによる旋回性などメリットもあるが・・・ファミリーカーとしてのメリットとは少々違う気がする…
ちなみにサンバーの一般向けモデルであるディアスはフルタイム4WD・・・コレは何度かスバルのディーラーに行って文句を言ったけど、かつてドミンゴなどで市販車でもやってた事なのに、何故今じゃ商用バンにしか採用されていないのか・・・これがなければサンバーディアスは比較対象に入ったのに非常に残念だ。


ホンダバモスはMRだしこいつの場合サンバーバンの手動切り替えではなくスリッピーな路面で自動で2駆と4駆が切り替わるリアルタイム4WD(イマイチ言葉の意味がわからんけどw)って事でも非常に興味深い。リアが板バネでなければサンバーと購入対象としていい勝負出来たはずなのだが・・・せっかくのミッドシップが・・・と思えば思うほど次点の座が強固になっていく。

ま、どちらにしても乗り心地重視で決める今回の車選びには軽バンがそこまで乗り心地のいい乗り物とは思ってないので無理。


三菱 i は前記事で書いた通り中古でも高い。ミッドシップとスタイルには惹かれるけど、アレはファミリーカーと言うよりは一人から夫婦など二人程度しか乗らない構成と利用シーンをスマートに割り切ったユーザー向けのお洒落な車だろうと思う。だいたいMT無しな所を見てもメインターゲットが女性なのは良く分かるし。
ま、新車でも中古でも少々値が張っても・・・って思える様になるにはMTをラインナップに入れてくれなければ絶対に無理。

ここまでは前回の記事でさらりと書いた欲しい軽自動車ラインナップ。

ちなみに書いてなかったけど、もう一つ条件があって・・・絶対にMTでなければならないと言う事。世間的には逆に今時MT?なんだろうけど、コレは譲れない。
幸い身内はビートで僕の隣に乗って「MTを運転する方が楽しい&経済的」ってのを刷り込まれてるおかげで「私もMTに乗れるようになりたい」と言ってるので問題なし。
この辺は元々驚くほどの素直さ(面白さwww)に惹かれて結婚した訳だけど、今思えば「嫌よMTなんて!」と突っぱねる人の方がはるかに多そうだ・・・と思えば頭が下がるほど有難い。
騙されてくれてるのかも知れない・・・なんて思えば更に返すに返せぬ義理も積もって行くってもんだ・・・チュー(ネコ)雫(涙・汗)

さてさて、どうするか・・・


個人的にはスズキ ラパンはかなり好き。アレはとにかくシンプルなデザインが素晴らしい。特にラパンLはかなり好み。だが、コイツも人気車種で中古市場でもそこそこするし・・・
本音を言えばこの車がRRでNA 64馬力なんて構成なら激しく欲しいw
フレンチブルーにオールペン白のラインを入れてR8ゴルディーニ気取りで遊ぶんだけど・・・ビートの代わりだって我慢できるのだけど・・・そんな事を言っても始まらないwww



そこでふと思ったのがミラジーノ
・・・母が旧ミラジーノのMTに乗ってるから良く知ってるが、正直好きではない。狭いし何よりパワー不足・・・ミラジーノ1000なら物凄く興味があるがMTが無いみたいなので論外。他にミラジーノの選択肢は・・・と思って調べてみるとミニライトスペシャルターボなる仕様がある事を知った。ターボで64馬力・・・成るほどミラジーノで走るぞって雰囲気の車を見て不思議に思ってたけどこういう事か…
確かにクラシックな雰囲気だけど中身は「ミラ」だしダートラなんかで昔から頑張ってるイメージを思い返せば意外と悪くないかもしれない・・・
と思って中古市場をネットで検索・・・高ぇな・・・
ミニに乗る根性は無いけどミニのルックスが好き・・・って人とか多いだろうし、若い子から年配まで肩肘張らずに自然に乗れるルックスは魅力だろうな・・・


そんなわけで決定打の無い状態が続いた・・・身内はスズキのKeiの様な車が結構好みらしい。ボーイッシュな感じのデザインが好みなのかもしれない。しかし僕は車高の高い車は大嫌い。
なのでミッドシップとは言えホンダ Zもあり得ない。スズキエスクードのパイクスピーク仕様の様にローダウンしてモリモリとブリフェンで迫力を増せば鼻血物のカッコ良さだろうとか夢想はするが・・・軽じゃなくなるじゃんwww
普通のミラとかアルトなんてのも考えればいいんだろうけど僕の好みでは無いので、そんな物を買ったらいつか車に飛び蹴りしてしまいそうだしwww

どうにも決まらずに困り果て、いつもお世話になってる修理屋さんに出向いて(ここんとこ2〜3日に一度は顔を出してますがwww)悩みを相談した。

「オプティなんかいいんじゃない?」

「・・・・・・オプティ・・・「!!」びっくり


綺麗に忘れていた車だったけど、軽規格が変わった第一陣として出た車の中では一番好きだったのがこのオプティだった。
背高自動車の流行に流されたのか、ちんちくりんのセダンスタイルが不評だったのか知らないけどラインナップから消えた車・・・でも僕はコレ大好きチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
なんつーか、60年代の軽自動車の様にリッタークラスのファミリーセダンへの憧れに背伸びして近づこうと無駄な努力をしてる感がたまらなく可愛らしい。言ってみれば幼稚園の入園式にスーツでやってくる坊ちゃんの様な可愛らしさがこいつにはある。

見ててめちゃくちゃ和むのだチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

それに数年後にはアルファだって買ってやるさと思って儲からない毎日を頑張ってる僕にはこの背伸び感は何だか親近感さえ覚えるwww泣き笑い

個人的にはオプティのクラシックが好きなんだけど54馬力のエンジンに800kg近くあるボディを動かさせるのは可愛そうだからターボで64馬力のビークス以外に選択肢は無い。
余談だけど当時こいつはセダンスタイルのデザイン故に追突時の安全性が軽自動車で最も高いと言われていた。同じ事がNewビートルでも言われてて、まぁ形から考えて当然だろうなと思う話だけどw

家に帰って身内に見せると成るほどKeiが好きと言うだけあってビークスのエクステリアが気に入った様子。中古市場も十分安い。
おまけにビークスはクラシックの女性向けなイメージに対してボーイッシュで走りたい人向け・・・みたいなイメージで売られた事もあってMT車が意外と多い。


コレしかない「!!」勝ち誇り

早速世話になってる修理屋さんに「程度のいいビークスも一緒に探してください!」とお願いして悩みは解決。

後はビートとオプティの2台生活に切り替わる日を首を長くして待つだけだ。

・・・が、冷静になって改めて考えると・・・



俺…永遠にマイナー路線から抜けられないだろうなw泣き笑い(ネコ)


posted by 犬すけ at 13:20 | Comment(12) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。