2008年10月09日

ポケット争奪戦 - こういうのが欲しかった目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい) -

ず〜〜〜〜〜〜っと、こんなのがあれば…と思ってた機器がWILCOMから発表されました。

WILCOMサイト 「どこでもWi-Fi」の発売について
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2008/10/09/index.html?ref=rdf
 株式会社ウィルコム(本社:東京都港区、代表取締役社長:喜久川 政樹 以下、ウィルコム)、株式会社バッファロー(本
社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明 以下、バッファロー)および三洋電機株式会社(本社:大阪府守口市、代表取締役社長:佐野 精一郎 以下、三洋電機)の3社は、モバイルデータ通信の新しいスタイルとして、携帯可能な家庭用の無線LANアクセスポイントデバイス「どこでもWi-Fi(ワイファイ)」(バッファロー製)を共同開発し、ウィルコムから2009年春を目処に発売いたします。

 「どこでもWi-Fi」は、ウィルコムの超小型通信モジュール「W-SIM(ウィルコム シム)」を搭載し、全国99.4%をカバーするウィルコムのPHSエリアで様々な無線LAN機器の利用を可能にする製品です。本製品をご利用いただくことで、無線LANのアクセスポイントがない場所でも、ウィルコムのPHSネットワークを介し、無線LANに対応した携帯ゲーム機でのネット対戦ゲームなどを、好きなときに、好きな場所で、お楽しみいただけるようになります。

 本製品には、バッファローが開発したプッシュボタン方式の無線LAN簡単設定システム「AOSS」を搭載しており、任天堂株式会社の「ニンテンドーDS®」や株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのPSP®「プレイステーション・ポータブル」などと、簡単かつ安全に接続できます。
 また低消費電力というPHSの特性を活かし、バッテリーには通信デバイスとしては初めて、三洋電機の単3形充電池「eneloop」を採用し同梱いたします。「約1,000回※の繰り返し利用が可能」という優れた経済性、環境配慮に加え、自己放電を抑え、あらかじめ充電しているため、「買ってすぐ使える」特長を有しています。また、追加のバッテリーが必要な際にも一般の店頭で容易に入手可能という高利便性が、本製品の活用シーンをより一層広めます。


これがPHS回線でなく3G回線だったら…とかWIMAXだったらとか惜しいと思う所は多々あれど先駆として、この機器の登場は大いに評価したいですねぇチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
携帯の通信カードでルーターにする機器はプラネックスから出てますが、こんな感じでハンドヘルド端末に通信カードを挿してどこでも無線LANルータになる機器…そんなのでいいからあちこちで追随される事を望んでやみませんOK!2


posted by 犬すけ at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。