2008年12月22日

ポケット争奪戦 - 目指せコンビニケータイ24HOURS(コンビニ) -

前記事「ポケット争奪戦 - EZブックと中チェン -」の続き。

はっきり言って今のEZブックと中チェンには不満だらけですNG怒り(ムカッ)
以前よりは書籍を探しやすくなってるモノの、今だに見難い探し難い。
そしてラインナップが貧弱すぎる。

中チェンも、通常メニューをカテゴライズした物にして合わせたサービスに誘導しているだけ…

これでは全く足りません。

EZブックは大手の何でも置いてある本屋並にとは言いませんが、新書と雑誌はとりあえず揃ってる店舗並になってもらわなくてはなりません。
中チェンはメニューと言う概念を捨てもっとリッチなコンテンツとして立ち上げるべきです。

EZブックと中チェンに注力・・僕が言う所の犬デマ的妄想を一言にまとめるならば…


コンビニケータイOK!2

って言うのも、有名な話ですがコンビニはお客様の導線を考え抜かれて配置が決められており、およそどこのコンビニに行っても店内レイアウトはこの鉄則に従っている・・・のはご存じだと思います。

メニューをニーズに合わせて変化させ、そこから課金サービスに誘導したいと言う思惑があるのであれば、コンビニ並みに完成させた導線を生み出さなくてはいけません。

つまり中チェンされたメニューを開いたならば…まるで書棚の前に居る様な刺激的な見出しの羅列が欲しい…ユーザーが取捨選択したジャンルに属する雑誌の見出しが、差し詰めコンビニの書籍コーナーの様に目に飛び込んで来る状態。
雑誌の表紙もバナーの様なもんで、刺激的な言葉やビジュアルでユーザーの購買意欲を刺激するために工夫された物ですから、あれを眺めるだけでも一種のエンターテイメントなんです。
気になる見出しをクリックすると雑誌の表紙の全体が表示。iPhoneのCDジャケットよろしく次の雑誌、次の雑誌と自分の好みのカテゴリの雑誌がスイスイと流して見れて惹かれる本があれば購入ハンマー賞金
コレがEZブックと中チェンの連携に求める姿。今のauのラインナップじゃ弱いタッチパネル分野ですけど、この辺もタッチですいすいできるようになれば電子ブックリーダーとしての動作もまた含めて面白そうですよねチュー(ネコ)

個人的にはASCIIだったりBE-PALとかRIDERSCLUBとかOldTimerとか安く買えると嬉しいなぁ…目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

言わなくても分かってると思う事をわざわざ書くのもなんですが、前回PCで見る「当り前のネット」に対し「ケータイのネット」は情報量がプアだと。そしてPCのネットが見れるメリットはスマートフォンで支持されてる機能の一つ…と書いた訳ですが、どうでしょう?ネットがあるからテレビを見ない人は増えてますし、新聞を読まない人も増えた訳です。

しかし、iPhoneで産経が配信を始めたら大勢の人が飛びついた。僕の知人に聞けば、早速使っていて非常に満足しているとの事。そして有料になったとしても安ければ使いたいと。コレは僕も同感です。

結局のところ、既存メディアからシェアを奪ったネットですが、ユーザーはネットの情報と書籍、紙面の情報の価値とイコールで結びつけてネットを選んだとまでは言えないと言っていいんじゃないかと思うんですね。

浅い情報ならネットで調べますが、書籍で無ければならない事ってのは結構ある。

メニューを開くとコンビニの店舗に足を踏み入れた様にいつも最新の雑誌の見出しが刺激的に踊り、他の用で入ったのについ足を止めてしまう。そんなコンビニケータイエクスペリエンスw24HOURS(コンビニ)きらきらうっしっし(ネコ)

ケータイでEZブックと言う紙媒体と比べれば価格で勝るサービスを駆使してオープンなネットの波とは質の違う情報端末としての地位をがっちり掴んで欲しい訳です。

だって、そんな便利な端末だったらウハウハで手放せないじゃないですかwww泣き笑い(ネコ)

ぁ、そんなメニュー画面ウザくて使えねーよ!って仰りたい人もいると思いますが、そんなのはiPhoneが解決した事でして、不便なものになるって決まった訳じゃない…ってのを次のお話でチュー(ネコ)

まだ引くのかwww泣き笑い(ネコ)


posted by 犬すけ at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。