2009年01月19日

T-28

国産ドラマよろしくハリウッドもネタ切れ感が相変わらず漂っている様で、日本のマンガからネタを頂くってパターンは尚も続くそうです。

ドラゴンボールの酷い話は最早、アニメや原作漫画ファンでなくても知る所となってしまった感がありますが、鉄人28号がハリウッドで映画化される話はご存知でしょうか?

…日本では実写とCG合成の鉄人28号がありましたが、正直言って正視に堪えない出来だったので、これも何だか鉄人っぽくない鉄の塊が出てくるんだろうとたかをくくってスルーしてましたが…チュー(ネコ)雫(涙・汗)

そのトレーラーを見て…完全に惚れてしまいました目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

鉄人28号のハリウッド版をお伝えしていたのはGizmodo Japan

ハリウッドアニメーション「鉄人28号」(動画)

http://www.gizmodo.jp/2009/01/tetujin28.html


鉄人28号のハリウッドリメイク「T-28」の映像をお送りします。

人部分は(正太郎少年はJimmy Sparksという外人に完全に変更されているのを抜きにしても)ちょっとかなりアレですが、肝心のロボのところは、これは結構いいんじゃないですか? 鋼鉄の重量感とアニメならではのダイナミックさが上手に表現されていると感じました。



う〜ん・・・MONSTERも鉄人もブラックオックスも素晴らしい出来です目がハートハート3(大きい&小さい)
何が素晴らしいって、トレーラーから判断できる部分は少ない物の原作のイメージの雰囲気は壊さずに、しかし囚われ過ぎずにきちんとアレンジを加えている様に見える点が一つ。
国産の鉄人もリボルテックのギミックでかなり良いアレンジをしているし、アニメ自体、もう少しデザインに余裕を与えても良かったんじゃないかな…とか思うんですけど、まぁストーリーは良かったけど絵のクオリティがオープニング程には良くなかったので(ry

そして…僕が特撮やらロボットアニメで最も気にしている(国産の作品を見ない最大の理由でもある雫(涙・汗))重厚感やスケール感がきちんと表現されているキャラクター(万歳)きらきら
特撮なんかだと顕著だけど、やっぱり火薬の爆発なんてじゃ煙や建物の壊れ方がどうしてもオモチャ的になってしまいますからねぇほえー(ネコ)
この辺は軍事大国ならではの誇りにかけて?いい感じに作ってる様に見えますね。

飛んでる鉄人の上に立ってる子供の余裕な感じとか、そりゃ無理だろとか思ったりもしますけど、それは国産も同じだし…うっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

あと、ハリウッド版不乱拳博士はイメージぴったりでお見事w

ストーリーに関してはハリウッド版はな〜〜〜〜んにも期待していませんが、コレは上陸したら映画館に行きたいし、DVDも買うでしょう。
それ以上にハリウッド鉄人のフィギアはコンプリートするかもしれないって位に気に入りましたねぇ目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

2004年の鉄人…こんなCG使ってもう一度やって欲しいなぁ〜チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)


posted by 犬すけ at 23:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | favorite | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。