2010年02月28日

世界の中心で、なうを叫ぶ

えぇ、聞いた話では最近猫や杓子の間でTwitterが流行ってるらしいですが、貴方の周りではどうですか?

昨年から「なう」「なう」とあちこちそちこちでその文字を見かけてましたが、しかし現在の動作を報告しているのであれば常に「Twitterなう。」なのではなかろうかとか、まるで電話の相手に「今何してる?」と聞かれて「君と電話で話してる」と答える様な抜け作ぶりを発揮するあちしな訳で御座いますが。

まぁ、、、下らないあちしのなう論は置いといてですよ。

やはり現実世界の人との繋がりが希薄になるほど「ネットのご近所さん」が存在感を増して来るってのは当然の成り行きなのかなとか、更には「俺生きてんだぜ。ここにいるんだぜ」ってな自身のライブ感と言うか存在を寄り合って互いに確認し合ってるんだろうか?なんて観点でTwitterを眺めてる訳で。

そこにビジネスチャンスを見いだしてTwitterをビジネスに!って声を大きく触れて回ってるセミナーの人なんかに「あんたのソレが一番のビジネスなんだろ?」なんて思う言葉を飲み込みつつ、突然フォローして来る何か商売じみたアカウントを華麗にスルーしながら過ごすツイッターと言う世間は賑やかな雑踏の中を独り歩く感覚に近い気がしてます。

でもってやっぱり現実のご近所と比べると煩わしくなれば即やめたり別アカでやり直したり出来る手軽さがある反面、縛りが無いが故にコレもまた流行の中でいずれ去り行くムーブメントなんだろうなとも思いながら記事を書いてる。なう。

なんつーか・・・時代ですなぁ・・・チュー(ネコ)

ま、そんな感じで生きてるなうな今日この頃ですが、街中で仕事の移動中、ふと見上げるとそんなライブ感を訴えるまさに時代なうな看板を発見。



実践中 国語会話


今風に言えば

国語会話なう!


と言う事になるんでしょうな。



だからどうしたと突っ込みたくなる気持ちを抑えつつシャッターを切ったあちしの胸には現代社会の空虚感と、それをかき消そうとネットや街にこだまする自己主張の喧噪に言葉にし難い虚しさを覚えつつ

で、国語会話って何よ?チュー(ネコ)雫(涙・汗)

と一人呟いてその場を後にしたのでした。


posted by 犬すけ at 08:47 | Comment(8) | TrackBack(0) | 変なの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。