2008年06月17日

雑草Times 後編

さてと、どうまとめるかな・・・チュー(ネコ)雫(涙・汗)

雑草Times 前編では、野草の生育環境の複雑に絡み合った様について、中編ではそれを世間や人に例えて記事にしました。

まず前編で言った事。

・十分な栄養を与えられた野菜は自身に抵抗力を備え、腐敗や虫に対して強いって事。

・栄養はそれぞれ求めるものが違う事。

・理想の環境は植物によって違う事。

・互いに補えるように特性を組み合わせたサイクル(環境)作りが重要って事。

・互いに侵食しあってせめぎあってるのが河川敷や山野の植物の姿って事。

んで中編で言った事。

・上手い循環を構築しても、そこに固執している間に他への適応力を失っては衰退してしまうと言う事。

・知らない事を知るためにだけ検索しまくりましょうって事。

・他に上手くまとまってない色々w

こんな所でしょうか。

photologさんは「腐敗と発酵」について「“人”が関わらないか関わるかの違い」と述べられてます。僕は「腐敗」について書いてるので僕の記事では主観として「腐敗」を「心の停滞状態」と考え記事にします。
要するに環境の変化や時間の経過と無関係に心が一定の思考のサイクルの中で循環している状態だと・・・

生きていくってのは絶えず変化する環境に合わせていくって事ですから、日々変わって行く状況に心だけ置き去りにしてしまうのは具合が悪い。

そこで「人に会おう」と仰ってるphotologさんの意見は全く御尤も。

僕としてはそれが出来ないなら、せめて無駄でも自己構築した心理のサイクルとは無縁の情報に触れて欲しいって事。何か一つでも自分の中を新しくして行って欲しいってのが伝えたい事です。
photologさんの仰る「人に会おう」も人と会う事で気持ちをリフレッシュさせる事も効果の一つとして仰ってるんじゃないでしょうか?OK!2

野草が様々な生態系を持ちながら渾然一体となって自然というフィールドを構成しているのに対して人の生き方ってのはどうにも多様の様でそうでもない(現実には非常に多様なのにですよw)と言うか・・・そんな気がしますよチュー(ネコ)

人にとって理想の環境が自分の理想の環境と成り得るとは限らないように自分の悩みの解決法も自分の考えてるやり方でいいとは限らない・・・ってかそれが上手く行ってないから悩んでるんだろうとも思いますしね。

絡み合う野草がそれぞれの生き方で日々せめぎ合う様に、毎日少しずつでも芽を伸ばし葉を開いていけば、今は無駄な事になってしまうとしても、いつかそれが役に立つサイクルが巡ってくるかもしれない。何か新しくしていこうってのはそういう事。

僕の場合は石垣に生えた小さな蔦の様なもんで、こんな所でも根を張れるんだからしがみ付いてやろうって感じですけどねw いつか大きく根を張り葉を広げると信じてあちこちに根を張り葉を出し模索中です。

なんかね、全然まとまらなかったですね・・・orz

言いたい事は結論よりも文中に含ませて終わりみたいな文章になっちゃいましたよ・・・
もしかしたらもう少し未来の新しい自分ならまとめられたかもしれませんが、今の僕にはコレが精一杯・・・なのかなぁほえー(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)ま、そんな失敗も次の記事を上手く書く為の反省材料として新しい自分にリフレッシュして行きましょうってね。そんな話チュー(ネコ)雫(涙・汗)


超雑文・乱文、無駄に長すぎて平謝り平謝りあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 00:06 | Comment(6) | TrackBack(0) | その他、雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by photolog
まとまっていても、いなくとも犬すけさんの仰りたい事は伝わってますよ顔1(うれしいカオ)共生感。そう私もこの言葉使いたかったw私にはまだまだボキャブラリーが足りないショッキングけど調べずに書きまくるのが私流?うっしっし

今日のお昼にでもまた改めてコメントしますチュットラバいつもありがとうございます平謝り
2008年06月17日 03:22
Posted by あべしの壺
大作でした。

避けていた事を考えるいいきっかけを頂きました。

犬すけさんのこの記事がなかったらphotologさんの記事も見逃していたので感謝します。

友人や知人に近頃色々あり・・・面倒くさいので考えるの止めていた事に・・・お二人の記事が自分として紐解く何かを見出せそうな気がするので・・・ちょっと考えてみようと思います。

ありがとうございます。
2008年06月17日 03:55
Posted by 日記小僧
犬すけさん

ワインになる葡萄は痩せた土地で木々の放つ生命力で何十年とその形成を維持し毎年実をつけるそうですよ痩せた土地で生き抜く術を実につけさせその力いい葡萄を作る

比喩するのには大袈裟かもしれませんが自身は幼少期から甘やかされたせいか今頃この葡萄のごとくハングリーさ
必要だという思いしらされました。

老いてますます盛んなり・・・・・私なりの捉え方ではありますが老いても環境適応能力を向上させていかないとこの混沌とした時勢を生き延びることはできないかもしれなと危惧する昨今であります。

人間や人生という文字が由来するもの

人と人の間で人間、人生きてこそ人生、わかりきったことですが時折意味を確認させられる事に遭遇します事件や事故のニュースを見た時は特に。

まとまりなくてすません。
2008年06月17日 07:16
Posted by 犬すけ
>photologさん

いやいや、photologさんの文章は簡潔で好きですよ。
冗長の塊みたいな僕の文章はダイエットが必要なんですショッキングあせあせ(飛び散る汗)
2008年06月18日 00:44
Posted by 犬すけ
>あべしの壺さん

足跡残して下さって有難う御座います平謝りあせあせ(飛び散る汗)
僕が足跡を残す場合はチュー(ネコ)左矢印1足跡ですかねwうっしっし(ネコ)

今回の記事はphotologさんの記事に触発されて書いたものですから、その様な感想を戴けるのはありがたい事です。
非道な事件に対して罵詈雑言を浴びせる記事は数あれど、photologさんの記事は非常に好感を持てる内容だったので僕なりに足並みを揃えたつもり・・・なんですが、並べてみると僕の記事のなんと騒がしい事かwww泣き笑い(ネコ)
2008年06月18日 00:48
Posted by 犬すけ
>日記小僧さん

葡萄の木の話、良いですね。
でもハングリーさが足りないと自身に駄目出しする以外にも方法はあるんじゃないでしょうか?
僕は自身にハングリーさがあるとは思ってませんが、それをやらなくちゃ行けないなら、そういう環境と自分を楽しもうと考えます。
歯を食いしばって頑張る事が全て苦痛を堪える事とは限らないんじゃないかと思うんですよチュー(ネコ)

人…についてのコメントへの答えにはならないかもしれませんが、今回の記事でちらと書いた通り・・・個人的には生きるって事が現代的な様式に置き換えられて根源的な物を見えなくしている(様に僕には思える)事が非常に気になります。
そうは言っても食わねばならぬ・・・と頑張ってるわけですがwww泣き笑い(ネコ)
でも、生活様式を少しでも昔ながらのプリミティブな物に変えようと言う努力は続けています。
時折記事にすると思いますので時代錯誤な変な事を嬉々としてやってる姿を笑ってやって下さいwうっしっし(ネコ)
2008年06月18日 00:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。