2008年03月26日

アルファロメオMi.To 発表

今まで何度もモーターショーに顔を出して、ファンの間からは市販化を望む声も多かったと思われる8C Competizioneのデザインの流れを汲む新モデルが発表されたそうです。

アルファロメオ Mi.To 発表…コンパクトスポーツ
http://response.jp/issue/2008/0324/article107306_1.html

アルファロメオは、新世代のコンパクトなスポーティーカーとして『Mi.To』を発表。Mi.Toの「Mi」はこの車のスタイルを生んだデザインの街ミラノを、「To」は生産を担うことになるトリノを表している。

Mi.Toは、フレームのないサイドウィンドーの形、フロントバンパーの三角グリルやヘッドライトとLEDテールランプのフォームなど、アルファロメオのスタイルとテクノロジーの象徴である『8C Competizione』の特徴を受け継いでいる

サイズは、全長4060mm、全高1440mm、全幅1720mmとなり、エンジンは、ガソリンとディーゼルのターボエンジンを搭載し、90馬力から155馬力まで用意される。今後、より高出力のものへと拡大していく予定。

VDCスタビリティコントロールシステムを標準装備、将来制定予定のユーロNCAP(欧州新型車評価プログラム)の最高ランキング獲得を目指して設計された車体構造を持つ。

また、Mi.Toは「アルファロメオDNA」システムを採用。走行状況やドライバーの要望にあわせて、スポーティーな「ダイナミック」、都市走行時の「ノーマル」、スリップしやすい走行困難時の「オールウェザー」の三つの走行モードが用意され、エンジン、ブレーキ、ステアリング、サスペンション、ギアの設定を変更する。

Mi.Toは、6月に正式発表され。その後7月より順次、各主要マーケットに導入されていく予定。


レーシーなロードゴーイングカーとして、アルファロメオのフラッグシップとして8C Competizioneに登場して欲しかったお金持ちの皆様にはお気の毒としか言いようのない所ですが、個人的にはメーカー自ら「やっちゃった」感の強いデザインは結構好きです目がハート(ネコ)
なんたってニュースを見て「本気で冗談かと思った」くらいですからwww泣き笑い(ネコ)

二輪ではイタリアのカジバでも125ccのDUCATI916のデザインをそっくりそのまま採用したモデルでMITOってのを出してましたが、イタリア語でMitoは伝説という意味を持つそうで・・・

なんつーかブレラもそうでしたがフロントオーバーハングの長い車って嫌いなのでこれも嫌い・・・と言いたい所ですが、コンセプトカー大好きで8Cのデザインも大好きだっただけに、現実として受け入れ難いあり得ない結末として見事に伝説の名を欲しいままにしてるんじゃないかと思いますw泣き笑い

コレねぇ・・・ポストNewMINIやNewFIAT500みたいなプレミアム市場ではなく「ポストロードスター」としてオープンスポーツとして作られていれば拍手モノだったと思うのですが・・・それじゃ売れないのかねぇ・・・困り



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。