2008年03月17日

ポケット争奪戦 - この機、何の機、気になる機 -

見た事もない〜気に〜なるでしょう

東芝dynabook SS RXに128GB SSD搭載モデル、KDDI WIN内蔵モデル
http://japanese.engadget.com/2008/03/17/dynabook-ss-rx1-128gb-ssd-kddi-win/
東芝の「世界最軽量モバイルノートPC」(※12.1型ワイド液晶モデルにおいて) dynabook SS RXに、ノートPCとして世界初の128GB SSD搭載モデル、および3G WWANデータ通信モジュール(KDDIのCDMA 1X WIN)内蔵モデルが発表されました。

内蔵されるKDDI CDMA 1X WINデータ通信モジュールは下り最大2.4Mbps/上り最大144kbps。月額最大5985円の定額プラン「WIN通信機能搭載PC定額」への加入が必要となります。

ラインナップされているのは店頭向け3モデル、ウェブ販売4モデル、法人向け60(!)モデルの計67モデル。WEB販売モデルでは128GB SSD搭載のRX1/W9Eが41万7800円(Office Personal 2007 with PowerPointつきは44万2800円)、120GB HDDおよび1X WIN内蔵のRX1/W7EGが29万2800円(同Officceつきは31万7800円)。

重量は128GB SSDモデルにバッテリパック5800 (12.5時間駆動)で988g、120GB HDD + WWANモデルにバッテリパック5800 (11時間駆動)で1.139g。 WEB販売モデルは3月25日より、店頭向けは4月中旬発売。残念ながら128GB SSDかつ WWANモデルはラインナップされていないようです。


まだ待ちですね。



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 21:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Lancer
動画ダウンロードしまくっているとHDいくらあっても足らないです。

ノートパソコンといえどもHD250GBぐらいが最低ライン。

でもKDDI WIN内蔵モデルは魅力がありますね。それにしてもauはMacintoshに冷たすぎ。

だれか、WindowsノートパソコンにMacintosh OS Xを移植させてくれるツワモノはいないかな。

Mac Bookもトリプルブート可能だから悪くはないですけれど、キーボードはWindows配列に慣れきってしまいました。
2008年03月18日 22:59
Posted by Lancer
『Linux100%のVol.2&3を書店で見つけて2冊とも買ってしまいました』って私と同じ。

ちなみにVol.3だけ購入してVol.2は買わず、いま後悔しています。

87ページのAndroid携帯のURLをこっそりこのブログに書き込んで、自慢しようかと思っていたのですが泣き笑い

姑息な考えでした。
2008年03月18日 23:31
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

まとめますね。
確かに動画を落としてたらHDDはいくらあっても足りませんが・・・実測800kbpsで動画を落としまくるなら家のPCをリモートしてでもそっちを動かした方がいいんじゃないかとwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
それか携帯用外付けHDDを頻繁に家でバックアップとか・・・
う〜ん・・やっぱりまだそれは早いんじゃないでしょうかwww

ところでLancerさんもLinux100%に惹かれましたか。
僕は第一号から全て買ってますが、他のLinux誌とは違って一見Windowsの雑誌かと思うほどカジュアルなのが凄いですね。
ってかgOSとかKDE等の新版などを見るにいよいよそういう時代が来たんじゃないかって気はしますね。
2008年03月19日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。