2008年03月01日

ポケット争奪戦 - 完成前から既に魅力的なアレ -



相変わらずGoogle Android端末のお話。
engadgetにて「より端末っぽく出来たモノ」が紹介されていたのでご報告。

Android携帯デモ by Googleアンディ・ルービン
http://japanese.engadget.com/2008/02/28/android-by-google/
3月6日のイベントで発表されるであろうiPhone / iPod touch SDKに期待が集まる今日このごろですが、最初からスタックまるごとオープンなAndroidも着々と開発が進んでいます。「続きを読む」に掲載したのはGoogleでAndroidの指揮を執るAndy Rubin氏によるアンドロイド携帯デモ from BBC。

デモにはタッチスクリーンとトラックボールを備えた未発表の3G端末が使われており、プロセッサは「300MHzくらい」にもかかわらずブラウザの挙動はかなり高速なことが見てとれます。また携帯では初というストリートビュー(Google Mapsのあれ)も実装されており、PCと同様に滑らかなパンやズームが実現しています。

さらにちょっとだけデモされるのは3Dゲームの初代QUAKE。この試作機には3Dアクセラレータつきチップが使われているため、すでに30fpsで動いているとのこと。(プロセッサはHTC TyTN II / EMONSTERのドライバ騒動で良く耳にするQualcomm 7200らしい)。ルービン氏いわく、試作機のAndroidソフトウェアはまだ「アルファ版」。アンドロイド搭載端末は今年の後半にも登場する見込みです。


いやぁ・・・既に十分魅力的です目がハート(ネコ)
特にトラックボール採用ってのが僕のハートをくすぐりますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
おまけにトラックボールの両サイドのボタンの配列もPalmっぽくて素敵。
唯一気に入らないのは通話と終話キーがその中の2つなので、実際に頻繁に使うのはトラックボールとその両サイドの2つのみなんじゃないかと思えるところですが、Androidの作法がどのようなものか分からないのでもしかしたら4つのキーもフル活用できるのかもしれません。
後、決定キーはどうなってるのか・・・トラックボールを押して決定だったら面白いのですが、そうでない場合にどんな操作になるのか・・・この辺は操作感を決定付ける要素になりそうで気になります。
ま、タッチパネル搭載なのであれこれ考えるよりもiPhoneよろしく指で触ったほうが早いのかもしれませんがwww泣き笑い(ネコ)

・・・と、色々言ったところでコレは試作機なので余計な心配もいいところなんですがw しかしながら既にそんなにスペックの高くない端末でこれだけのモノを作れている事からAndroid端末への期待は高まります。
AndroidがLinux界隈で大きな顔をする未来にはなってほしくないものの、Audroid端末への期待も含めて、今現在でこれだけのモノが出来てる事は注目に値するんじゃないでしょうか電話3きらきらうっしっし(ネコ)



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 18:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Lancer
今、この段階でいいから欲しいです、って書いたらマズイかな泣き笑い

こういうちょっと新鮮なグッズはすぐに欲しくなってしまう悪い癖がありまして、今日発売されたmyloも買いたいです。

明日、秋葉原に行ってみてこようかな?
2008年03月01日 19:30
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

いやぁ、同感です。
僕もこの段階で既にかなり欲しいですよw泣き笑い(ネコ)
しかし、Lancerさんのデジガジェに対する探究心には遠く及びません平謝りあせあせ(飛び散る汗)
2008年03月02日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。