2008年02月27日

ポケット争奪戦 - 戦は数だよ兄貴 -

タイトルでネタの内容がわかっちゃった人も多いでしょうが、元ネタを思い出して反応した方は冷静によろしく。
せうさんのブログ「せうの日記 on au one」にてこの実態は早くに知る事になっていたので別段驚く内容ではなかったのですが・・・

KDDIがプリペイド携帯無料配布 契約“水増し”?に総務省が対応検討
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0802/27/news062.html
 KDDIがプリペイド携帯端末を無料配布していることが26日、分かった。同社は年度内にauブランドの携帯電話で3000万件の契約獲得を目指しており、契約者拡大が狙いとみられる。端末を0円で販売することは違法ではないが、総務省は「契約数を水増しするような販売方法は、市場競争の健全性を阻害する恐れがある」とし、対応を検討している。

 KDDI関係者によると、契約獲得に向けた社員紹介キャンペーンで、500円分の通話ができるプリペイドカード付き携帯電話を端末代金も設定手数料(税込み4200円)も無料とする販売方法を導入した。先週には約1万5000人の社員全員が、知人や親戚(しんせき)へ斡旋(あっせん)するよう通知を受けたという。都内のあるauショップでも、プリペイド携帯に500円分のカードを付け、端末・手数料0円で提供していた。

 これに対して、KDDI広報部では「社員紹介キャンペーンはauの携帯を試してもらうことが目的。auショップの販売政策は代理店が工夫して行っており、コメントできる立場にない」としている。

 情報通信事業者協会が毎月集計している携帯電話の事業者別契約数によると、プリペイド携帯の契約数は各社ともおおむね減少を続けてきたが、昨年12月と今年1月はKDDIだけが急増に転じている。

 プリペイド携帯は、カードを購入する形で通話料金を前払いして利用する仕組み。不正な転売や譲渡によって犯罪に悪用される例が相次ぎ、NTTドコモは平成17年3月にプリペイド端末販売を終了。KDDIとソフトバンクは本人確認を徹底して販売を続けている。


昔いた職場でも知人の職場でもシーズンが来ると決められた数を捌くように命令が届いてましたが、こういうのは世間一般ではあたり前田のクラッカーだと思っていましたが、KDDI程の企業が総力を上げてやっちゃうと問題視されるもんですねぇ。とりあえず大手の競争の中での出来事だから販促もとい反則っぽい臭いが鼻につくのは紛れもない事実。

しかしむしろこういう何処にでもある様な数稼ぎの小細工や販売方法に対して総務省が噛み付いた事に関心を持ってしまいます。ってか役所でも似たような事やってませんか?京都議定書のCO2排出量の件なんかでもちらと似たような話を小耳に挟んだような挟んでないようなwww泣き笑い(ネコ)



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 15:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by 日記小僧
犬すけさんトラバ複数とリンクいただきましたm(__)m
2008年02月27日 16:05
Posted by 犬すけ
>日記小僧さん

トラバとリンクありがとう御座います平謝り
2008年02月28日 10:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。