2008年02月25日

ポケット争奪戦 - 俺の事も忘れてもらっちゃ困るぜ! -

田舎者の僕には一体何だかよくわからないキャリアだったのがイー・モバイルでした。キャンペーンの人に絡まれ説明攻めにされた挙句、通話出来ない通信端末な上に「御宅の地域では・・・」と口篭る始末。結局コレは何なのか・・・そんな疑問を持ちつつ自分のところでは今の所は用の無いモノだろう…と、わざわざ説明を聞いてしまったガッカリ感まで含めて寂しい思いをしたものです。

それが少し判りやすくなったみたいなので早速ご紹介。

イー・モバイル、音声通話サービスを3月28日開始
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38668.html
■ 電話サービス

 イー・モバイルの電話サービスは、月額基本料が無料の従量制電話サービス。通話料は、携帯電話やPHS、固定電話(IP電話含む)への通話が30秒18.9円、ショートメッセージサービス(SMS)の利用は1通あたり2.1円かかる。

 イー・モバイル同士の通話が定額となるオプションサービス「定額パック24」も用意され、月額980円で提供される。イー・モバイル同士は24時間定額となり、SMSも定額利用が可能。

 また、「定額パック24」では、他社の携帯電話やPHSからの通話料が30秒9.45円、固定電話(IP電話含む)からの通話料が30秒 5.25円にそれぞれ減額される。ただし、通話が定額となるのはイー・モバイルの通信網内のみで、NTTドコモ網を利用する国内ローミング時は別途通話および通信料がかかる。

 国内のローミング先はNTTドコモとなり、イー・モバイル網の届かないエリアなどではドコモ網に繋がる。今回発表された機種では、東芝製の「H11T」がローミング対応機となり、ローミングの利用料として月額105円が発生する。ローミングを利用する場合は事前に申し込みが必要で、ローミングを必要としない場合は月額105円が不要となる。

 通話は、イー・モバイル網が優先的に接続される。たとえば、通話中にイー・モバイル網からドコモ網に接続が切り替わるようなことはなく、一旦通話が切れなければローミング先に接続されない。ローミング中は画面上にローミングマークが表示される。ローミング時の通話料は30秒22.05円、パケット通信料は1パケット(128バイト)0.0735円、SMSは通知無しで1通5.25円、通知ありで1通7.35円。

■ 音声サービス対応端末は2モデル

 電話サービスとともに発表された音声通話対応端末は、スマートフォンタイプのHTC製「S11HT」(EMONSTER)と、東芝製の折りたたみ型通話端末「H11T」の2モデル。いずれも下り3.6MbpsのHSDPA方式に対応する。

 イー・モバイルの直販サイトで購入する場合、「S11HT」が43,980円、「H11T」が33,980円となる。また、2年契約を条件に、端末代金の中から24,000円分を毎月の利用料に含める「ご加入アシストにねん」というサービスを提供する。「ご加入アシストにねん」を適用した場合、「S11HT」の初期支払額は19,980円、「H11T」が9,980円となる。残りの24,000円分は毎月の利用料から1,000円ずつ24回払いで支払う。

 なお、SIMカード単体の契約は行なえない。


通信端末からスマートフォンへ華麗なる転身を成し遂げたイー・モバイルの製品ですが、対応してる機種は前の通話出来ないヤツと比べてどうなんだろう・・・って所は未だ調べてないのでわかりませんが、WILLCOMとも違うスマートフォンを提供するキャリアが一つ増えた事でますます面白くなる事だけは間違いないようです。



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。