2008年02月04日

ポケット争奪戦 - やっぱりdocomo -

docomoのお客さん離れの勢いが若干停滞してきたようだという記事がgooのニュースに出てましたのでご紹介。元記事はNikkeiBPのNB Onlineから。

NB100 NTTドコモ 顧客流出に歯止めかかる気配も、成長の道筋見えず
http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-145878-01.html
 店頭にお客さんが並んでくださったのは久しぶりだ。
 うれしかった 。


 NTTドコモ(9437)が1月29日に開いた2007年10〜12月期決算発表の席上、中村維夫社長はこんな言葉を漏らした。

 中村社長が手応えを感じているのが、昨年11月26日の発売以来、1月半ばまでに200万台以上を販売した「905i」シリーズだ。人気機種であるパナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「P905i」、いわゆる「ビエラケータイ」は現在でも品切れ状態が続いている

 量販店の店頭では、KDDI(9433)でもソフトバンク(9984)傘下のソフトバンクモバイルでもなく、NTTドコモの売り場に客が群がる。「ドコモ独り負け」と揶揄されてきた半年前には考えられなかった状況だ。

 2007年4〜12月の営業利益は前年同期比7.7%減の6250億円。通期予想の7800億円は「射程に入ってきた」(中村社長)が、値下げ競争が続く中で前年割れの厳しい状況に変わりはない。「905i」のヒットが業績を直接押し上げてくれるわけではない。

 それでも「905i」のヒットの効果は、これからゆっくりと表れてきそうだ。その兆しは今回の決算発表からも見て取れる。

解約率が着実に低下

 ドコモの解約率が下がり始めているのだ。

 2006年10月のナンバーポータビリティー(番号持ち運び)制度導入以降、ドコモの解約率は1%近くで高止まりしていたが、2007年10〜12月の解約率は0.74%にまで下がった。

 理由は2つある。1つが、昨年8月に導入した利用者が2年間利用し続けることを条件に、誰でも基本使用料を半額にするサービスの効果が出てきたこと。もう1つが、ドコモが「905i」の発売に合わせてスタートさせた新しい販売モデルの効果だ。

 新しいモデルの中心となるのが「バリューコース」。月々の利用代金を安くして、その代わりに販売奨励金(端末の購入代金の一部をドコモが補填する仕組み)を減らすという仕組みを取り入れた。端末の値段は高くなるが、長く利用すればするだけ得することになる。

 ドコモによると、昨年12月末までに「905i」を購入した利用者のうち、94%がこのバリューコースを選択した。バリューコースを選ぶ利用者は、端末を購入する際、一括払いか分割払いかを選択できる。利用者のうち、4人に3人が分割払いを選んだ。


以後の記事は無料ですが会員制のNB Onlineの記事ですので引用は避けるとして・・・続きの記事を要約するとw


ほぼ飽和状態の携帯電話市場において半分のシェアを持つdocomoが905iシリーズのヒットにより解約者を減少させた事は大きな進歩。
・・・が、Google提携等の動きを見せるものの価格競争で利益が減少している中では新たな収益確保の道は未だ確実な一手が見えない。


って事のようです。
コレはdocomoに限らず携帯電話産業の命題と言える事だとは思います。そういう意味ではdocomoがオープン路線に舵を切るのも、携帯業界の巨人として理にかなってる気がします。
ハイスペック端末が売れているのもdocomoという最もブランド力のあるキャリアだからこそユーザーにとっても満足度の高いものになったという一面もあるかも。
ソフトバンクの場合は自らの環境、コンテンツを盛り上げるための政策として必須だったのでしょうし・・・
対するauは環境の特異性もあって自らソリューションを構築する路線ってわけですね。

とりあえずdocomoは流出を食い止める事に上手く行きそうなので、成功すればユーザーの半数を保持。となるとSoftBankは2台目需要の掘り起こしに邁進か・・・相変わらず新規契約獲得に躍起なauもそろそろユーザーにソッポをむかれないような次の手を見せてはいかがでしょうか?



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 12:54 | Comment(8) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Love携帯
最近DoCoMoShopが混んでるらしいねうっしっし(ネコ)ただね、母もパパもせうさんも[料金はどの会社も変わらんって][じゃなんで?[端末に決まっとるやろ]って。料金が安いというより高くても良い端末に!に変わってきたかな?料金はソフトバンクに安さはとられたし
2008年02月04日 17:18
Posted by au住民
こんばんは

やっぱりサブケータイとしての需要をどれくらい出せるかですよね
いっそ
イギリス国旗Vodafoneみたいに携帯(SIMカード同梱)をハイエンド、ミドルレンジ、ローエンドの種類別に自販機で売ったらよさそうなきがします。
解約率を下げるには本当の料金・端末の分離を推進しないといけないですしね。

Love携帯さんが言ったように端末選ぶつもりが、会社を選んでますからね。

若輩者の意見ですが
大目にみてください。

では、失礼します。
2008年02月04日 17:53
Posted by Lancer
ええと、あくまでも個人的な意見ですが、やはりシェア50%越えはちょっとよろしくないです。

なので
電話3ドコモ45%
電話3au 30%
電話3SB 25%

ぐらいが理想的なシェアかなと考えています。

そう言う意味からすると、あんまりドコモは応援したくないけれども、でもドコモ905はいいし、なんて複雑な心境です泣き笑い
2008年02月04日 22:15
Posted by 犬すけ
>love携帯さん

確かに料金的にはSBがずば抜けて安いでしょうね・・・使い方にもよりますがwww泣き笑い(ネコ)
で、端末の魅力で買うってのは最近では重要な要素だと思います。価格が変わらないならより良い物を使いたいですもんね。
auはこの時期に変遷期を迎えてるので辛い勝負になってますが、夏モデルでKCP+の底力を見せて欲しいものです。だって・・・電話はauがいいんです。スマートフォンならサブなのでdocomoでも良いのですが・・・困り
2008年02月05日 05:58
Posted by 犬すけ
>au住民さん

今のauにサブ機狙いという思い切った戦略が取れるかどうか・・・価格面でSBとガチで勝負するのはシェア的にも厳しい気がしますが・・・でもソレがauの取るべき選択肢だとは思います勝ち誇り
だって田舎じゃサブ機ってかメインとなる実力を持ってるんですもの。
料金・端末の分離ですか…docomoが先に行ったおかげで完全に置いて行かれましたからねぇ・・・涙ぽろり
2008年02月05日 06:01
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

バランス的には確かに50%超は良くないですね。
でもきちんと100%に合わせなくてもSBはサブ機需要ですから・・・100%を越える数値になるのではないかと・・・
・・・まさか・・・まさか・・・メインの割合ですか「!?」青ざめあせあせ(飛び散る汗)
SBメインの人が25%・・・イヤ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ショッキングあせあせ(飛び散る汗)〜〜〜〜「!!」
2008年02月05日 06:17
Posted by Love携帯
私はau が悲しくなりました。どうしてユーザーの意見を聞かないの?春携帯の知りたい質問受付中?私はそんな事より今au に改善して欲しい事は?とかいうアンケートの方が有意義ですね「!!」なんかやる事がズレてませんか?だって私は春携帯に興味なく買う気もないし「!!」大丈夫なんですか?au ?やっぱり夏になったら考えようかな?私は会社じゃないで機能重視にします。これからは。ただし。ソフトバンク以外です。ホントいっその事au とDoCoMo合併しないかしら?
2008年02月07日 09:58
Posted by 犬すけ
>Love携帯さん

docomoとauが合併したらユーザーにとって物凄く不利益な環境になるんじゃないでしょうかwww泣き笑い(ネコ) とにかくユーザーの意見を聞くと言うスタンスはとても大切ですよね。
そういう意味では小野寺氏の最近多い強気発言は非常にヤバイと思います。修羅場を乗り越える時期だけの強がりならば良いのですがビジョン無しでは・・・いやいや、大手企業がそんな馬鹿なwww泣き笑い
とりあえず言えるのは「自分に合わなくなったら変えればいい」という事でしょう。そのためのMNPですし。
僕は電波が繋がらなくなれば間違いなく乗り換えます。そん時は念願のJOG機をwwwうっしっし
2008年02月07日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。