2008年02月04日

ポケット争奪戦 - 中の人だからさ -

小学3年生の頃に皆がファミコンで遊んでた頃パソコン(MSX)を買い与えられて以後、傍らにPCの無い時期は無いと言っても良い様な境遇で育った僕としては今問題になっている子供と携帯の付き合い方の議論はどうしても他人事には思えない面がありましてwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
普段はPDFなどでスクラップを溜めていくだけの記事ですが、ネタとして継続して行くつもりです。興味のない方には申し訳ない平謝り

ポケット争奪戦 -悪魔無菌培養天使

ポケット争奪戦 - 俺たちは臭くないNG ウンチマーク 言わざる -

ポケット争奪戦 - 絡みつくアレ -

ポケット争奪戦 - 目黒の秋刀魚 -

ポケット争奪戦 - 坊やだからさ -

今回は中の人へのインタビュー記事をIMPRESSより。
前回が当事者(子供)の意見だったからバランスがいいかなとwうっしっし

【キーパーソン・インタビュー】
フィルタリングは万能なのか?――MCF岸原氏に聞く

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/interview/38278.html
 年間1兆円と言われる規模にまで成長した携帯電話コンテンツ市場だが、一つの転機が訪れようとしている。青少年向けのフィルタリングサービスの導入である。今、この業界に何が起きようとしているのか。MCF(モバイル・コンテンツ・フォーラム)の事務局長、岸原孝昌氏に聞いた。

■ 第三者機関でフィルタリングの基準を

――各キャリアが一斉にフィルタリングサービスを導入することになりました。

 昨年12月に総務大臣からの要請があり、携帯電話事業者各社が18歳未満の青少年に対してフィルタリングサービスの原則適用を決めました。青少年向けのフィルタリングサービスについては、昨年11月に開始された総務省の検討会においてフィルタリングの検討を進めていたのですが、かなり急に一斉導入が決まってしまいました。

――これから導入される、あるいはすでに導入されている各社のフィルタリングサービスの内容を見て、どこが問題だと思いますか。

 フィルタリングサービスの導入によって、青少年が有害なコンテンツから守られるというメリットはあるのですが、たとえばホワイトリスト方式の場合、基本的に公式サイト以外にはアクセスできなくなってしまうわけですから、個人のホームページはもちろんのこと、学校や行政機関のホームページにもアクセスできなくなってしまいます。ブラックリスト方式の場合も、ユーザーが自由に書き込める掲示板を用意したサッカーチームのサイトへのアクセスもNGになってしまいます。

 いずれの場合においても、現状のリストでは健全なサイトにまで網がかかっており、ユーザーが大きな不利益を被ってしまうのです。リストに載せるか載せないか、そこが全て外形上でしか判断しないキャリアの基準で大丈夫なのか、ということです。18歳未満に同じリストを一律適用する形になっていますが、小学生と高校生では随分と差があるはずです。本来、子供にどのサイトへのアクセスを許可するかは、各家庭の中で決めるべきことではないでしょうか。とりあえず原則適用しておいて、適用を外したければ親権者がショップに来い、という運用のしかたも少し乱暴なのではないでしょうか

――そうした問題に対してMCFではどんな取り組み、働きかけをしていこうとお考えですか。

 誤解しないでいただきたいのですが、我々もフィルタリングサービスが悪だと言っているわけではありません。導入するなら導入するで、しっかり議論し、きちんとしたものを導入して欲しい、ということです。

 そこで、我々は第三者機関を設立して、フィルタリングの基準を示し、それを各キャリアに採用してもらえるように働きかけていこうと考えています。昨年12月にも発表しましたが、今春設立を目指しています。この第三者機関では、フィルタリングの話だけではなく、健全なコンテンツを普及を目指してさまざまな取り組みを行なっていくつもりです。

■ フィルタリング以外の方法
――フィルタリング以外では具体的にどのようなことを行なっていくのでしょうか。

 非常に大切なのは、フィルタリングは万能薬ではないだろう、フィルタリング以外の方法もあるだろう、という発想です。フィルタリングサービスを導入したから安心です、ということではありません。根本的には何も解決していません。

 有害だからアクセスできなくしてしまえ、というのは禁酒法のようなもので、厳しくすればするほどアンダーグラウンドな市場が広がってしまうことが容易に想像できますよね。好奇心旺盛な若者は、すでに手に入れた便利なツールをそう簡単に手放すとは思えません。Webがダメだと言えばメールを、携帯がダメだと言われれば、無線LANスポットのようなものをうまく活用していくでしょう。

 一律規制するのではなく、親に子どもの利用を「見える化」するというのもひとつの方法だと思います。パソコンでは当たり前ですが、子供のWeb 利用履歴を親が確認できます。あるいは、ブラックリストのあるサイトの利用回数だけを知らせるだけでも、親が子供のWeb利用を管理できるようになります。子供もそうですが、親にもきちんと意識してもらう。「お前、こんなサイトにアクセスしちゃダメだぞ」と、親が叱ってやるのが一番です。

 また、これだけSNSやブログが若者の間に普及しているのであれば、そのプラットフォームを使って啓発・教育していくということも考えていいのではないでしょうか。ネット上にはどんな危険が潜んでいるのか、どんなことをすると他人を傷つけてしまうのか、ということを、きちんと教えていく必要があると思うのです。

――ちゃんと理解できたら特別なアバターが貰えるとか、ポイントが貰えるとか(笑)。

 そうですね(笑)。第三者機関では、そうした啓発プログラムにも取り組んでいく予定です。教育機関とも連携して、若者を育てていけたらと考えています。SNSサイトが集まれば、日本中の若者に啓発プログラムを提供することが可能です。

――ただ、我々がケータイコンテンツを見ている限りでは、コンテンツプロバイダー自身の自浄努力も必要なのではないかと思います。たとえば、電子コミックなど、公式メニュー内でもかなり過激な内容のものが多数見受けられます。

 それはまさにそうだと思います。実際、iモードの公式メニュー内の電子書籍配信サイトは、キッズ契約すると2サイトしかアクセスできなくなっています。コンテンツプロバイダーの意識として、「儲かれば何をやってもOK」「まだブラックリストに載ってないから大丈夫」ということでは困ります。 MCFでも、各業界団体と自主規制のガイドライン作りで相談しているところです。

 一方、総務省でユーザーIDのオープン化について議論されているところですが、契約者の生年の情報を環境変数のパラメーターとして取得できるようにしてもらえないかとお願いしています。未成年がアクセスしてきた場合、サイト側でそれを判別して表示内容を変更する、というようなことが可能になります。

――総務省といえば、最近はMVNOの創出にも積極的ですが、小学生向けのMVNO、高校生向けのMVNOといった風に、フィルタリングのレベルが違う事業者が登場してもいいですよね。

 MVNOには本当に期待しています。何千万人という顧客を抱える既存キャリアにはできないことを実現できるのがMVNOでしょう。小・中・高、せめて小中・高で異なるフィルターを適用できるようになってもらいたいものです。

――本日はお忙しい中、ありがとうございました。

■ URL
  MCF
  http://www.mcf.to/mcf.html


まぁ、ごく普通の事を言ってるように思います。
とにかくこの件については議論不足なのは明らかですので、改善しながらやっていくにしても第三者機関(コレはコレで変な組織の息がかかったりしない様にオープンなモノでなければならないと思います)を作るにしても、より良い環境作りのために頑張って欲しいものです。
しかし、僕の胸中に常に付きまとう違和感の正体は「これが携帯電話上の話だけ(PC抜き)に終わってる事なんじゃないか」と思うわけですが、それでも現実的に出来る手法の中で恐らく最も確実な制御方法である事には間違いないだろうとは思います。
・・・が、先に封鎖してゴタゴタするよりもタグを付けて泳がせた方が・・・って悠長な話でもないんですかねw



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。