2007年12月19日

ポケット争奪戦 -KCP+とデータベース -

Google AndroidのSQLiteが使える・・・なんて所に魅力を感じる・・・てな記事を以前書いた記憶がありますが、iPhoneのSDK公開やこのGoogle Androidを前に国産キャリアが歩むべき道としてデータベース化・・・ってのは避けられなくなるだろうなと思っていました。
と言っても現在までの携帯端末がDBを組み込んでるとか組み込んでないとか詳しい事は知りません。
ってか大した機能はなくても組み込んでる端末も少なくはないだろうくらいには思ってますがw

・・・が、アドレス帳などのソート機能などに「っぽい事は出来る」くらいの印象は持ってますが、それ以外の機能になると「データベース化してくれたらいいのになぁ」と思う事もしばしば。

もちろん「してくれたら」と思ってるソレもまた既にDB的に管理されてる事もあるかもしれませんが、とてもそうは見えないのでwww泣き笑い(ネコ)

特に歯痒いのはLISMO!ですね。
リストを開いてから激しく遅い・・・端末によっての差異はあるのでしょうが、正直使い難いったらありゃしない。リスト表示に数メガのファイルに直接アクセスしてるだろうみたいなwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

こういうファイル管理を高速にこなし目的のファイル等に素早くアクセスできる仕組みこそデータベースですから、是非コレは採用していただきたいなぁ・・・と思って「BREW データベース」で調べるといきなり見つかった期待の記事「!!」びっくりあせあせ(飛び散る汗)


KDDI統合プラットフォーム「KCP+」の開発において
組込みシステム向けRDB「Linter」を採用

http://www.linter.jp/topics/20071113.html

株式会社ブライセン(代表取締役社長:藤木優、本社:東京都品川区)は、KDDI株式会社が推進する携帯電話向けアプリケーションの共通プラットフォーム「KDDI CommonPlatform(KCP)」の展開において、本年秋冬モデル端末からの適用が予定されている「KCP+(ケイシーピープラス)」の要素技術に当社が開発・販売を手がける組込みRDB「Linter(リンター)」が採用されたことを発表します。
「Linter」は、当社が著作権などのIP権(知的財産権)を持って開発・販売を手がける組込みシステム向けRDBMS※1です。モバイル等の小型機器でも利用可能な小さいフットプリントで、オープン系大規模/中規模システム向けのRDBMSと同等の機能性とパフォーマンスを実現している点が特長です。


Linter Embedded製品概要
http://www.linter.jp/products/micro/


電源断からの自動復旧
組込み機器をターゲットとしていますので、大規模/中規模システムで使用しているサーバやPCと違い突然の電源断が発生する可能性があります。Linter はログ情報によりデータベースへの変更情報を随時保証し、突然の電源断が発生した場合でも、次回起動時にログ情報からデータベースの自動復旧を行います。

通常セキュリティ
ユーザ/パスワード、及びロールによるデータアクセス制限ができます。また、データベースイベントの監査を実施できます。

拡張セキュリティ
データベースアクセスを時間で制限できます。
また、ユーザ、ロール毎に同じテーブル内のデータをタグ付けしてアクセス制限できます。

小さなフットプリント/フルスペック
フットプリント(稼動時のメモリ使用量)は最小で800Kバイトです。最大機能ビルド時では最大2.3Mバイトです。稼動時のメモリ使用量が指定サイズを超えることがないのでメモリ資源が限られている組込み機器への搭載に最適です。
コンパクトな組込みデータベースではありますが、機能面では大規模/中規模クラスのデータベースと同等の機能を備えており、SQL92/99への準拠、ストアド・プロシージャ/トリガーのサポート、オンラインバックアップ、さらにレプリケーション機能をサポートしています。

容易な管理
高機能を実現しているデータベースですが、最適化に関して設定するパラメータは少なく、データベースが自動的に最適化を行いますので、高度な管理技術を必要せず、モバイル端末やオーディオ機器上でメンテナンスフリーを実現できます。

豊富なプラットフォーム
UNIX,Linux,Windows系をはじめ約20種類のOSをサポートしており、さまざまなプラットフォームでのご利用が可能であり、システム構築時の基盤構成が柔軟に行えます。
また、現在サポートしていないOSについてもご相談をお受けいたします。

豊富なプログラムI/F
ODBC、JDBCをはじめとし10種類のプログラムI/Fをサポートしており、今までにデータベースシステム開発経験のある技術者の方であれば、とくに新しい技術を習得することなくプログラムの開発を行うことができます。

柔軟なカスタマイズ
組込み機器をターゲットとしているデータベースであり、個々のシステムの特性に合わせたカスタマイズを積極的にお受けいたします。基本的な機能の選択及び、お客様のご要望をお伺いしての柔軟な対応が可能です。


Linter Micro製品概要
http://www.linter.jp/products/micro/


電源断からの自動復旧
組込み機器をターゲットとしていますので、大規模/中規模システムで使用しているサーバやPCと違い突然の電源断が発生する可能性があります。Linter はログ情報によりデータベースへの変更情報を随時保証し、突然の電源断が発生した場合でも、次回起動時にログ情報からデータベースの自動復旧を行います。

通常セキュリティ
ユーザ/パスワード、及びロールによるデータアクセス制限ができます。また、データベースイベントの監査を実施できます。

拡張セキュリティ
データベースアクセスを時間で制限できます。
また、ユーザ、ロール毎に同じテーブル内のデータをタグ付けしてアクセス制限できます。

最小限のフットプリント
フットプリント(稼動時のメモリ使用量)は最小で40Kバイトです。
SQL92/99に準拠していますので、アプリケーションの開発は通常のデータベースアプリケーションと同様にSQLをベースで開発が可能です。

リアルタイム機能
非同期クエリ等の採用により処理の最適化を行いリアルタイム性の高いシステム構築ができます。

カスタマイズベース
組込み機器をターゲットとしている組込みデータベースであり、個々のシステムの特性に合わせてカスタマイズベースでのご提供となります。


う〜ん、これでユーザーが項目をカスタマイズ出来れば最強のアドレス帳になり得るのですけどねぇ。
今までの様なグループ分けだけでない関連(住所、年齢、キャリア、交友関係等)の情報からソートして目的の人のアドレスデータを抽出出来たりすれば素晴らしく使い易い物になるに違いない「!!」勝ち誇り
もちろん貧弱なお気に入り登録件数や管理方法も変わってくるかもしれない。
更にLISMO!やアプリ等アドレス帳以外の操作画面にも適用すればサクサクになるかもしれないし、なにより便利だし目がハート(ネコ)

KCP+からは中身がデータベース化されてるかもしれないので今までのやり方と同等の方法を用いた場合と考えるとMSM7500に変わった事以上の高速化や利便性も期待できるかもしれないチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

しかし気になるのはこのLinter採用の記事が2007.11.13の公開である事。

・・・KCP+・・・まだまだ開発中ですか?困り

ちなみにdocomoもMOAPにて適用検討中だとか。

ま、実際にはカスタムできて様々な情報からソートできるアドレス帳・・・なんてのを実現してくれるのはiPhoneやAndroidなんだろうとは思ってるんですけどねw
国内キャリアにそんだけの「当たり前の利便性」を求めてもねぇ。。。ほえー(ネコ)
国内キャリアの端末が本当に使い易い端末に変化していくのはiPhoneが上陸してAndroidが攻め込んで、そいつらが覇権を握った後。
追いかけると強いんですよねwww泣き笑い(ネコ)

しかし、期待して待つだけの価値はありそうだと思えるニュースに来年が楽しみになりましたOK!2



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 13:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by プーカウ
こんにちは平謝り


Linterって初めて聞きましたショッキング
何か凄そうですね手(チョキ)


まあ今のauは本当に冬なんでしょうねあせり

早くKCP+搭載機種を発売し、今の不満の声を抑えて欲しいですにこにこ
2007年12月19日 15:42
Posted by 犬すけ
>プーカウさん

あはは、僕も今日調べて初めて知ったのですが、コレ・・・面白いですきりり(ネコ)
色んな方向性(サービス含め利活用)が期待できますね。
特にauが現在頑張ってるauOneのコンセプトにピッタリなので「なるほどそういう事か・・・」と思った次第ですうっしっし(ネコ)

そんなわけでKCP+の本気の攻勢、サービスが十分に出揃う頃には物凄く面白い物になるかもしれません。
予想通りならKDDI・・・なかなか天晴ですよOK!2
2007年12月19日 17:10
Posted by XSA
へぇ〜びっくりこんなものが発表されていたのですね。
というより、KCP+とは言ったものの、未だに実機が世に出ていないわけで、正直なところ自分は漠然としたイメージでしか捉えられていないんですよね困り
しかしコレを読んで、初めて具体的な期待感が湧いてきた気がしますふっ

このLinterなるものが組み込まれているのならば、それは共通化の部分なのか、メーカーが手を入れられる部分なのかも気になりますね。
両方なら問題ないですが。

しかし、54Tになってもやっぱりリスモ重いんですね…雫(涙・汗)
ていうか今 気付いたけど、「LISMO」くらい予測変換に入れてくれ…困り
話を戻して、アルバムやアーティストでリスト開こうとすると、30秒以上は待たされますからね雫(涙・汗)
自分は入浴時に欠かさず使うので、これは本当に改善していただきたい失敗
リスト表示するよりもシャワーの水がお湯に変わる方が早いですから泣き笑い
2007年12月20日 02:12
Posted by 犬すけ
>XSAさん

確かに未だに噂の域を出ないKCP+ですから実際に出たらどうなるのか・・・わかりませんねうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
ただ、端末内にRDBMSを搭載するって事でトレンドと言うか今後必ず必要になってくる機能を一大変革期にきちんと押えてる事に好感を持ちますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
端末の力を存分にユーザーが活用できる提案をしてくれさえすれば、標準搭載の様々な機能が見事なアプリに変わるはずなのですが・・・コレは後日記事にしますねうっしっし
2007年12月21日 17:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。