2007年12月11日

ポケット争奪戦 -師走のLinux陣営 -

Linux携帯電話標準団体LiPS、仕様完成を発表
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0712/11/news014.html
Linux携帯の標準化を目指すLinux Phone Standards(LiPS) Forumは12月10日、Linux携帯の仕様「LiPS Release 1.0」が完成したと発表した。
 この仕様には、LiPSリファレンスモデル、テレフォニー、メッセージング、カレンダーとスケジュール、プレゼンス、ユーザーインタフェースサービス、アドレスブック、ボイスコールイネーブラーAPIが含まれる。 LiPSは今回の発表において、シングルプラットフォームの業界標準化を目指すのではなく、あくまでオープンスタンダードと仕様の提供による相互運用性を目標とすることを強調している。


Linuxベース携帯向け共通プラットフォームとオペレータパック構築を検討開始
−NTTドコモ、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、エスティーモの4社と合意し覚書を締結−http://www.jp.access-company.com/news/press/2007/071211.html
株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:荒川亨、以下ACCESS)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下NTTドコモ)、日本電気株式会社(以下NEC)、パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下パナソニックモバイルコミュニケーションズ)およびエスティーモ株式会社(以下エスティーモ)と、ACCESSの「ACCESS Linux PlatformTM」を活用し、Linux(R)ベースの携帯電話端末用共通ソフトウェアプラットフォームおよびNTTドコモのサービスに関連したソフトウェアであるオペレータパックの検討を開始することに合意し、昨日12月10日、5社間による覚書を締結いたしました。

Linux陣営もAndroidの侵攻に備えて動きが活発になってるのでしょうかね。
LiPSについては英語サイトでドキュメントをDLしてざっと眺めてみましたが、興味のある箇所を探そうにも英文を一々読むのは面倒なので、どこかのポータルで紹介されるのを楽しみに待つことに致しますw泣き笑いあせあせ(飛び散る汗)

それから2つ目の記事のACCESSとdocomoの関係が興味深いですねOK!2
って言うかdocomoは携帯Linuxのプロジェクトがあれば何所にでも顔を突っ込んでる印象がありますがwww泣き笑い(ネコ)

MOAP-Lで既にLinuxを利用しているだけにLinuxでも何らかの住み分けをして行ってくれると面白そうなんですが、逆に普通の携帯にタッチパネル搭載でPalmのソフトが動くんだったらauから乗り換える強力な動機になってしまいそうです。
無いと思って言ってますけどwうっしっし(ネコ)



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 12:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Lancer
なんか2008年は携帯電話業界に激震が走りそうですね。

iPhone日本発売、Google Phone米国発売。

それにしてもドコモ、携帯端末向けプラットフォーム Androidにも参加したりといろいろと手を伸ばしているようで、これからはかなり凄そう。
2007年12月11日 22:43
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

ほんとに激震が走りそうで楽しみで仕方ありませんうっしっし(ネコ)
とりあえず注目のiPhoneがどのキャリアから発売されるのか・・・
これが最大の目玉になりそうなのは間違いないでしょうね。

Androidについては国内のキャリア2社は参入しつつも様子見でしょうから仰るとおり米国での発売に期待するのが良さそうですねにこ(ネコ)

ちなみにdocomoのLinux好きは昔からなので顔を突っ込んでる事だけ抑えてスルーした方が良いかと思いますwww泣き笑い(ネコ)
2007年12月12日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。