2007年10月23日

ゲーム機の標準と携帯電話の話(後編)ゲームのコントローラ循環矢印電話3うっしっし(ネコ)

さてさて、ゲーム機から{{keyword:携帯}}の未来を占ってみるチャレンジはまだ続きますうっしっし(ネコ)
前}}・中編はマーケティングにおける一般論のごく一部でしかないと思います}}。

ここからは飛躍したゲーム機と苦戦したゲーム機の違いの裏側を考えて見ます。

これもゲーマーの方ならば機知の事だとおもいますが、魅力的なソフトを多数リリースする事の出来るハードって何が違うんでしょう?

もちろんマシンのスペックありきなんですが、それと同等に大きな要素としては「}}そのスペックを活かすソフトを開発するための環境が整っているか?」って事が言えるんじゃないでしょうか?
現在苦戦しているPS3にしてもPS2にしても、その開発環境の厳しさがソフトリリースを難しくしていると言われています。対極にXboxがあるわけですが、こちらはWindowsベースと言う事で開発能力({{keyword:人員、機材等の環境)の差は考えなくてもわかりますよねwうっしっし(ネコ)

そして、それに絡んでくる最大の要素は「シェア」・・・当たり前ですがこれに尽きます。
シェアが多いほど売れる数も増えるのですから開発に資{{keyword:金}}(人員・環境・期間)をあてられるわけです。サードパーティーは当然シェアの多いほうでソフトをリリースしたい。ソフトが増えて魅力的なゲームが増えるほど更にシェアは伸びる。
これが{{keyword:初}}代ファミコン・スーパーファミコンが売れ、初代PSがSATURNを押さえ込んだ大きな理由の一つと言っていいでしょう。
流通面の話は今回抜きにしますから、その辺は勘弁wwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

さらに付け足せば例えばLaserActiveなんかではLDの高品質なゲームが楽しめるってのが売りでしたが、開発の事を考えるとどう思います?
一介のゲーム{{keyword:会社にユーザーが飛びつく映像コンテンツを作れるでしょうか?
TV局、プロダクションなどと協力していかなければならないケースが非常に多くなるだろうって事は想像に難くありませんね。
おまけにTV業界ですから権利の関係でも色々ありますし、おいそれと入っていける物でもないでしょう。もし僕がゲーム会社社員で担当しなきゃいけなくなったとしたらシェアがなければそんな企画わざわざやりたくないですよwww泣き笑い

マルチメディアが{{keyword:花開く事なく散ったのもその辺にも理由はありそうな気がします。
詰まる所、ベンダーだって既存のやり方、既存のスタッフで素早く開発出来てシェアの大きなところで儲けたいってのが一番だって当たり前の話でもありますwうっしっし(ネコ)

それが携帯の話になるとどうなるかって言うと・・・携帯に於いても当然開発環境なわけですよ。
では携帯に於いてはどうなのか{{keyword:・}}・・
申し訳ないのですがdocomo&SoftBankに対して日頃ほとんど情報を集めてませんので奥の事は想像できませんあせり

ただしauの話から逆に理解できる事もあるわけで、その辺から行きます}}と・・・

まずはJavaアプリ、これは最近auもサポートした事で話題になりましたが、縛りがきつ過ぎて大したものは作れないって声を聞きますね。
実際auもコレに力を入れる気は全く無いように感じられますwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

しかしJava、これは随分前}}から世間が騒いでいた技術で我が福岡でも九州工業大学なんかが積極的に進めている事をニュースで見たりもしているので地元のお偉いさんなんかもよく分からずにジャバジャバ言ってる始末www泣き笑い(ネコ)

Javaに関してはハードが追いついて来た感があって、これから更に伸びる気配があると思いますし、実際コレの開発者も非常に多い。
その点でdocomo&SoftBankはauより優位に立てるソフトの開発力を持っていると言っても良い状態。
対するauはっていうとキモはBREW、KCP+からは完全にBREWが乗っかってる形なので当然ですがw
やはりdocomo&SoftBankに対しJavaの環境で比べれば劣勢なのは否めません雫(涙・汗)

更にはauだけが国際標準ではない通信方式を採用している事・・・コレもネックになってくる話でしょう。
ただし、現在はSoftBankが純増数が云々言ってもauのシェアが十分に大きい事はご存知の通り。更に裏返せばauの通信方式が独自{{keyword:性として吉と出る事も有り得るわけで、

そこでKCP+ですよ。
KCP+は言うなればメーカーの開発を楽にするために、そしてよりメーカーが自社の特化した{{keyword:部分を際立たせるよう注力出来るよう用いたau内の開発環境なわけですね。

これは今現在Rev.Aで盛り上がってる話題だけの話ではありません。Rev.Bやその次のEnhanced CDMA2000にも繋がる話と言える事で、無線LANやBluetoothも取り込んでいこうと目指すKDDIのウルトラ3Gですが、パブリックコメンの「ウルトラ3Gのポイントは「統合」と「多様化」」と言う言葉にそのKCP+のメリットと特徴がぴたりと当てはまって来ますよね。photologさんが仰る「業界標準」と「特化」とも同じ意味合いを感じることができますうっしっし(ネコ)

auの戦略としてはクアルコムとがっちりスクラムを組んで「au内の業界標準」に徹する事、「各端末メーカーの特化」の支援に注力する事でau端末のクオリティを総合的に底上げして更に次の世代の端末へと連続的な進化を目指しているといっていいのではないでしょうか。
そういう意味では無線LANやBluetoothをサポート出来るMSM7500搭載機の発売・・・これはこれからのauの新しい方向性へ向けた最初の一歩だと言えますね。

ゲーム機の標準と携帯電話の話(後編)ゲームのコントローラ循環矢印電話3うっしっし(ネコ)ではキャリアの開発環境などについて書いてみましたが・・・どうでしょう?
こんな長い文章を連続で読んでくださる物好きな貴方なら物足りなさを感じるかもしれませんw

だって端末自体の話が一向に出てきませんものねwww泣き笑い(ネコ)
そこで次の記事ではこれまでの話を踏まえて「業界標準」や「特化」をキーワードに、端末についての話でまとめにしたいと思います。

そんなわけでつづくw



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 01:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by photolog
いよいよ端末の話に発展するのですね!楽しみです顔1(うれしいカオ)

ここまで書いて頂けるとワクワクしますね八分音符犬すけさんの視点の携帯端末の未来と、ゲーム端末の未来の両方の話を期待しちゃって良いですか?(笑)
2007年10月23日 16:30
Posted by 犬すけ
>photologさん

ようやくゲーム編が終わりましたwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
次は自動車編を後日掲載したいと思います・・・が、大体言いたい事を書きつくしたのでwww泣き笑い(ネコ)
次は少し方向を変えてみようと思います。

photologさんの導いている導線とは違う進み方ですが、コレはコレ、犬すけ視点と言う事で楽しんでいただければ幸いですうっしっし雫(涙・汗)

ちなみにゲームの未来と携帯の未来、2つのクロスした物を望むと言う意味では奇しくもリクエスト通り、両方の話を書く事になってしまいましたwww泣き笑い(ネコ)
2007年10月23日 19:13
Posted by photolog
先見性のある犬すけ視点での車業界の話を楽しみにしています顔1(うれしいカオ)

車業界はゲーム機業界以上に知らないのです困り宜しくお願い致します平謝り
2007年10月23日 23:44
Posted by 犬すけ
>photologさん

先見性があるかどうかは未来にならなきゃわかりませんが、どうせ分からない未来の話ですから面白い方が良いですよねwwwうっしっし(ネコ)
さて、車の記事はゲームの話と違う切り口を現在模索中ですのでしばらくお待ち下さい平謝り
2007年10月24日 16:30
Posted by Lancer
やっぱりゲーム業界も携帯業界も基本的には、世渡りのうまそうな人でないとつとまらないのかもしれませんね。

そんな気がしてきました。なんといってもいろんな相手と組まなくてはならないわけですから、先見の目と嗅覚が鋭くないと・・・泣き笑い
2007年10月24日 21:13
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

何所の世界でも同じと言う事ですねwうっしっし(ネコ)
先見の明も重要ですが、ポリシーを貫くメーカーの方が僕は支持していますので商売がイマイチ下手な職人的メーカーって素敵だと思いますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
2007年10月24日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。