2007年10月18日

iPhone用ネイティブアプリ開発環境公式公開キャラクター(万歳)ハート3(大きい&小さい)

Apple、{{keyword:「}}iPhoneネイティブ」{{keyword:ア}}プリ開発用のSDK公開へ(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/18/news013.html

2007年10月}}18日 07時{{keyword:23分 更新
 米Appleのスティーブ{{keyword:・}}ジョブズCEOは10月17日、同社Webサイト}}で、iPhone用のSDK({{keyword:ソフトウェア開発キット)を2008年2月に公開する計画を明らかにした。現状ではサードパーティーによるiPhone向けアプリケーション開発は、Safari経由で利用するものに限定されているが、SDK公開により、サードパーティーによるiPhoneのネイティブアプリケーションの開発が可能になる。
 SDK公開までに数カ月かかるのは、開発者に高度でオープンなプラットフォームを提供しつつ、iPhoneユーザーをウイルスやマルウェアなどから保護するという「正反対のことを同時に」行おうとしているためだという。{{keyword:携帯}}でのウイルスはさほど問題}}ではないとの説もあるとしつつも「iPhoneは最も進化した電話であり、非常に目立つターゲットとなり得る」とし、セキュリティ対策の重要性を強調している。
 セキュリティ対策の1つの例として、ジョブズ氏}}はNokiaが開発者によるデジタル署名を採用したことについて触れ、「この方法は完全にオープンとは言えないが、正しい方向への1歩だと考える」と述べている。


これはハッキリ言ってiPhone発売の次に大きなニュースだと思います}}。
WindowsMobile6では色々開発も出来るでしょうが、それと比べてどうでしょう?

Appleからのリリース以外適合機種の無いiPhoneでもって、革新的なUIで熱狂的に支持されているiPhoneとでは意味合いがかなり異なりますね。
出た当{{keyword:初}}、メディアでも多く語られた「コレはスマートフォン(或いはPDA)ではない」って言葉・・・僕も発表されたその日に同じ事を書きましたが、自分の仕様環境における理想に届かない面が({{keyword:本当は欲しくて堪らないのに)そう言わしめたのではないかとも思えるのですがwww泣き笑い(ネコ)

これでハッキリ断言してもよくなりましたね。

SDK公開でiPhoneはスマートフォンになります
もうiPhoneを止める事の出来る奴は誰もいなくなった・・・

唯一で最大の不満点だったAppleの閉鎖的な対応がこれで無くなったので
iPhoneはきっと、かつてPalmが盛況だった頃の様に小さなピンポイントのアプリから必携と言える定番アプリなど様々な物が生まれて来るでしょうね目がハート(ネコ)

PDAの頃にやってた様に文庫をDLして読書、{{keyword:燃費計算君で車の燃費をグラフ化したり、{{keyword:家計簿をつけてみたり、もちろん携帯端末ですから{{keyword:辞書}}ソフトや電車時刻早見表なんかも出てくるでしょうってまんまPDAの頃の思い出話ですがwww泣き笑い
PC用のドキュメントビューアや表計算ツールが揃えばWM6を駆逐する魅力すら出てくるかもしれません。

でも、Palmが持っていたシンプルかつ優れたUIを越えるスマートさを持ったiPhoneのアプリ開発環境が揃った事は当時Palmが通信できれば最強だったのに・・・って当時の夢の真の実現かも知れません。
ってかその夢の現実はPalmを{{keyword:愛}}した者であれば分かると思いますがWM6じゃ駄目なんですよ
AppleのiPhoneだからこそ認められるんです。

・・・僕もiPod touchが欲しくなってきたかもwww泣き笑い(ネコ)

ってか、{{keyword:朝}}起きたらこの大革命・・・
いきなり「もうiPhone以外に考えられない」って状況なのがなんともw泣き笑い

と、一人で盛り上がっていますが、公開されるのは来年2月ですし縛りがきつすぎて何もできねぇ!って我らがauのJavaアプリの様な話にもなりかねないのでまずは静観でしょううっしっし(ネコ)



スポンサードリンク
posted by 犬すけ at 08:48 | Comment(4) | TrackBack(0) | ポケット争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by Lancer
太っ腹と言っていいでしょうね、というか米国人はハード作りは下手ですが、人々のコミュニケーションを円滑に運ぼうとする発想は、我々日本民族とは根本的に異なります。

アイヌ民族、琉球民族を除くとほぼ単一民族で形成される日本と多民族国家から形成される米国との違いが端的に出ました。

広めよう、楽しもう、役に立とう、そんなSteve Jobsの設計思想から出てきた経営判断と解釈した方がいいのか?

それともiPhone定着でかつてのMicrosoft同様に牛耳ることを目論んでいるのか?

両方かも泣き笑い
2007年10月18日 22:32
Posted by 犬すけ
>Lancerさん

そうですねぇ、最初からそうするつもりだったのかどうなのか・・・
その辺はハッキリしませんが、iPhone発表時からクローズドな事をGPLに抵触するって騒がれていましたから携帯電話という意味で最善の方法を模索するには時間も必要だったかもしれませんね困り

ところで文化の違いってのは大いに感じます。
日本じゃ今までの産業どれを見ても囲い込みが当たり前。
携帯キャリアの稼ぎ方にしても同じですからね・・・顔3(かなしいカオ)
2007年10月19日 22:18
Posted by photolog
オープンな仕様になれば嬉しいですね。私の中の理想はPalmっぽいiPhoneですから(笑)

ただし、私の中の仮説ではアップルが“タダ”ではオープンにしないというのがありますが最近のアップルはコンテンツの広げ方がうまく、気が付くと市場を独占していますから、ひょっとしたらひょっとしますね(笑)
2007年10月20日 09:24
Posted by 犬すけ
>photologさん

PalmっぽいiPhone、同意ですwうっしっし(ネコ)
僕も既にソレを想定して今まで「別にいらないかも」って思っていたiPhoneをこれからの重要なターゲットと位置づけ期待して待っていますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
とりあえず来年2月の発表の内容と、その後のユーザー・ベンダーの動きに目が離せそうにありませんねうっしっし(ネコ)

ちなみに僕の予想するAppleのオープンの形態・・・これは「ユーザーにはキツク・ベンダーには緩く」オープンにするんじゃないかという判断です。
ユーザー向けに公開された分に関しては「これじゃあまり大したものは作れないよ...困り」って内容で、ベンダーには「それなりのアプリを作れる環境を提供する」ってことになるんじゃないでしょうか。
製作者の認証とか登録が云々と言ってるあたり、ベンダーに対して優遇措置があってもおかしくないと思いますのでうっしっし(ネコ)
そんでAppleに登録(認可)されたベンダー製iPhoneアプリは有料で、ユーザー製アプリは無料でiTunesでDL・・・だったらApple独占は可能ですからねうっしっし
2007年10月21日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。