2011年11月06日

201X、クルマのボディはオーダーメイドになる!? ・・・なれよ。

20111106.JPG

201X、クルマのボディはオーダーメイドになる!?
クルマがEV/PHVになると、これまでのクルマ製造とは一見無関係に思えるような企業や、EV/PHVを専業とする新たなベンチャーが現れるだろう。そして、その先には、インテルなどがパソコンで行っているようなアーキテクチャのようなリファレンスに、ボディ(筐体)を載せるようなことができるかもしれない。現実にそれにトライしているのが「TREXA」だ。


いやぁ、こういうのが出て来ると本当に楽しくなりますね。
日本で乗るためには海外で組みあげてからの輸入になるかもしれませんが・・・

2007年08月31日の記事でコレと似たような規格の車への夢を記事にしてたのですが
漸くこういうのが出てくる事になったのも自動車業界が大きな転換期に来てるからこそですね。

自由のための束縛(前編w)

自由のための束縛(後編ww)

自由のための束縛(後書www)


人に話せば馬鹿だと笑われるような事を本当にやれる力とか
ソレを後押しした人達の知性とセンスに敬意を表したいですな。

日本なんて他人がやったのを見てからじゃないと新しい事が評価されなかったりw
他所で起こったムーブメントを持ってきて革命だとか何とか建前にゴリ押しで金儲けのネタにしかしない様な革命児とその信者とかが先進的で開かれた思考を持ってると勝手に自負してたり、ソン位の人間しかいない世間ですよ。

あっぱらぱ〜
posted by 犬すけ at 12:49 | Comment(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

復活への道・・・チュー(ネコ)雫(涙・汗)

めちゃめちゃ御無沙汰で御座います。
御無沙汰過ぎて、自分のHNを他所のサービスで使用しているHNと間違えそうになってしまうくらい御無沙汰の犬すけで御座いますwww泣き笑い(ネコ)

さてさて、最近ネットに全く出て来てませんでした。
ってか、見てるサイトが超限定されててIT系のニュースに目を通すのは職場の休み時間程度。
もう、3キャリアの新機種にも「安ければね・・・」と欲しがる子供の駄々を華麗にスルーするお母さんの心境に近いくらいに冷めたハートで眺めておりますがw

現在僕が夢中になっているのが・・・




ビートキャラクター(万歳)



車検を受けずに放置中だったビートに手を入れだしたのです。
って言うのも嫁が職場復帰してデミオを使いだしたのでどうにも便利が悪くなって来たので・・・って事だったんですが、それで「たまにはメンテすっか・・・」と重い腰を上げた所が、エンジンがかからない「!!」青ざめあせあせ(飛び散る汗)

バッテリーかと思ってブースターケーブルで繋いでもダメ、そこからあちこち調べ症状を検索し考えられる根本から調査を進めて何とか始動出来る状態になった訳ですが・・・

もう、程度の良い中古を待ってられる状況では無いので、本来ならそれなりの金額を投入してリファインしたかったビートをちょこちょこ触りながら出来る限りの対応を取って再度僕の足として復活させようと言う事で最近は休日は、ほぼビートの事ばかり。

仕事の行き帰りはカバンに入れたメンテナンスブックやビートの本を読みながら時々ヤフオクで安いパーツなど無いかとチェックしては次の計画を延々と練り続ける毎日。

どうせスマートフォンの未来の近い間はiPhoneで間違いないと思っているので、もう新しいニュースに食指も反応しなくなってきた中、結構難解で且つチャレンジ野郎の心を満たしてくれる良きオモチャとしてビートが再浮上して来たって訳ですwww泣き笑い(ネコ)

そんな訳で現在車修理中。

復活への道ってタイトルは車の事でauOneブログへの復帰の話ではないのであしからず。

さ、修理だ修理♪チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
posted by 犬すけ at 13:31 | Comment(10) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

通勤バイクが欲しいなぁチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)



先日仕事の帰りにバイクで通勤している人を見かけて、にわかにバイク通勤したくなった犬すけですwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

だって、バイク通勤すれば電車代より安いし、車だと交通費のほかに駐車場代もいるし、電車通勤と比べるとむしろ高くついちゃうからですねぇ…車あせあせ(飛び散る汗)

維持費の安い125ccだったらファミリーバイク特約で任意保険もカバーできるので、愛しのCD125ベンリィが欲しいのですが、バイク通勤するなら高速道路も通るので当然250cc以上になってしまいます。

しかし我が愛しのDUCATIだとハイオク仕様でもって燃費もそんなに良くない&通勤に使うなんてとんでもないNGあせあせ(飛び散る汗)
って事で、250ccな訳ですが…

耐久性の良さ&軽量ボディで取り回しの楽でオート速配にも多く利用されるVTR250がドツボな訳でして…
平均30km/Lの燃費と高速代を考えても電車より安いし車検が無い&重量税が安いってのも魅力なんですよねぇ…目がハート(ネコ)

バイク雑誌を見てると実に良さげなカウルなんかもあってですねぇ。
http://www.a-tech.org/shop/_honda/vtr250/page/07211.html

いいなぁ、いいなぁ…と思ってる訳ですよチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)


もちろん雨の日にコレでってなると厳しいので車で…と考え出すと、それなら電車でって話になってしまうのでどうにも難しい話なんですけどねwww泣き笑い(ネコ)

ってか250ccバイクがいくらするのかってのも問題ですが、今回はまぁ定期的に顔を出す持病が再発したって程度の記事と言う事でwwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 17:06 | Comment(8) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

less is more の美学

VW up!の発売決定のニュースも大変嬉しい話題なのですが、個人的にはこちらも絶対に見逃せない…って車の話題を少々チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

低価格で低燃費:普通車に見える2人乗り3輪バイク『EMC3』



http://wiredvision.jp/news/200904/2009042322.html

http://www.ecomotorcompany.com/
EMC3の製造元であるECO Motor Car Company社は、シアトルに拠点を置く新興企業で、「少ないほど良い」(less is more)をモットーとしている。

まずは、車輪を1つ少なくしたことで、燃費が良くなっている。EMC3はリッター当たり約25.5キロメートルを走れるという。

EMC3の公式はシンプルだ。「自動車 - 余計な重量 = 燃費の向上」。車両全備重量[燃料やオイルなどを含め、通常走行できる状態での重量]は、590キログラムか680キログラム。この数字を見れば、ECO 社がこの三輪車でトヨタ自動車の『プリウス』にもまさる数字を出せた理由は明らかだ。(違いはマニュアル車とAT車。なお、ガソリンは満タン状態で38 リットル入る)

EMC3のパワーユニットは、1リッター、52馬力の3気筒6バルブSOHCエンジン。シリンダーヘッドはアルミ、ブロックは鉄製だ。

EMC3は中国の吉利汽車で製造されている。これはつまり、通常のバイクのような開放車両を別とすれば、高速道路を走行可能な速度の出る中国製の車が、初めて米国市場で販売されるということだ。


前2輪の3輪車は昔から大好きな乗り物なんですが、こちらも時代の中で消えてしまって復活を待ちわびてたんですよね〜チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
安定性などの問題から敬遠されていた事は解るのですが、技術はウィークポイントを減らすためにこそ使うべきだと思ってるあちしにはこう言うのは大歓迎車きらきらキャラクター(万歳)

そして3ホイラーではないものの、方向性としてはかくあるべしと言うお手本の様な話題がまたしてもVWのプロジェクトに目がハート(ネコ)ハート5(矢がささっている)

フォルクスワーゲン「リッター100キロ」車発売へ、画像で紹介

http://wiredvision.jp/news/200807/2008070722.html

http://www.volkswagen.co.uk/volkswagen-world/futures/1-litre-car

VW社の超倹約型コンセプトカー『1 Liter Car』は、6年間倉庫の奥に眠っていた。
100キロメートル走行するのに必要なガソリンの量をそのまま名称にしているこの1 Liter Carは、車体をカーボンファイバー製にすることで重量を抑えている(車両総重量はわずか約300キログラム)。
VW社がこのしゃれた2シーターのコンセプトカーを公開したのは、6年前のハンブルグにおける株主総会の場だった。同社会長のFerdinand Piech氏は、これが本物の車であることを証明するために、ヴォルフスブルクからハンブルグまで自らこの車を運転してきた。

Piech氏は当時、カーボンを素材としたこのモノコック構造に要するコストが、3万5000〜5000ユーロ(約59〜84万円)程度まで下がらなければ量産のめどは立たないと述べ、その時期を2012年と予測していた。

しかし、旅客機からノートパソコンにまでカーボン・ファイバーが使われるようになった現在、VW社は、数百台程度の1 Liter Carを生産するにはコスト的に十分競争力があると判断したようだ。

VW社の技術者らは、3年にわたる開発の過程で、マグネシウム、チタニウム、およびアルミニウムをフル活用することで、この車の重量を、トヨタ自動車の『Toyota Echo』[PlatzおよびVitzの輸出用バージョンの名前]の3分の1未満に抑えた。

価格はどのくらいになるのだろうか。Car Magazine誌によれば、「ある信頼できる情報筋」が、1 Liter Carの店頭表示価格は2〜3万ユーロ(およそ340〜500万円)の範囲になるはずだと語ったという。これはけっこうな価格だ。もっとも、1 Liter Carは小さなサイズながらも贅沢な車ではあるのだが。


過去記事「削って削って25%うっしっし(ネコ)」やその他記事でもひたすら軽量化して欲しいと訴えているあちしですから、電動とかハイブリットなんて方向性で新たな商品の買い替えサイクルにユーザーを乗せようと躍起なメーカーの新車なんて興味は無く、こう言うニュースの方がずっとワクワクしますw泣き笑い(ネコ)
PCで言うならモアパワーなMSの新OS戦略に「もっと軽いOS出せやゴルァ!(゚Д゚)」ってなもんで次期7は流石に反省が形になってるらしく好感ですが…
モバイル機で言えば僕のS21HTでWindowsMobileを動かすよりもAndroidの方がはるかに気持ち良く使える例えの様に…って言うのも今更野暮なのでこの辺にしますがwwwうっしっし(ネコ)雫(涙・汗)

最後にあちしの愛してやまない英国バックヤードビルダーの3ホイラー、スコーピオンIIIを…星座(さそり座)きらきら目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
http://www.grinnallcars.com/



posted by 犬すけ at 09:42 | Comment(10) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

車コンパクトカー新時代の幕開けチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)



2007/09/14の記事「VW更新(UP!) キャラクター(万歳)きらきらこんなのを待っていた「!!」「!!」目がハート(ネコ)」でVWがRRレイアウトのコンセプトカーを発表した事を記事にしましたが、何とも嬉しい事に…


VW UP!の発売が決まったそうです!車きらきらキャラクター(万歳)


VWの新世代コンパクト…up!コンセプトの市販決定
http://response.jp/issue/2009/0423/article123686_1.html
フォルクスワーゲンは22日、『ニュースモールファミリー』(仮称)の生産を2011年、スロバキアで開始すると発表した。2007年に初公開されたコンセプトカー『up!』シリーズが、いよいよ量産に移される。


『up!』シリーズって事で3ドアのup!とサイドとリアに観音開きドアを備えた6ドアの『space up!』の2種が発売だそうです。

3ドアのup!は、全長3450×全幅1630×全高1500mmでspace up!が全長3680×全幅1630×全高1540mmって事で、どちらも十分にコンパクトOK!2

既に絶滅寸前のリアエンジンリアドライブの構成の車をVWが出す事に「なぜ?」と疑問をお持ちの方、当犬デマにて定期的にRRを要望しているのを目にして疑問に思ってる(そこまで読んでると言う意味では極めて)奇特な方の為の回答としては2007/09/15の記事「なぜRRを待ち望むのかチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)」をお読みいただければ解って頂けるかと思います。

昨年夏にデミオのDY3W(MT)を購入したばかりなので何ですが、VW UP!は次に購入する車の最有力候補として揺ぎ無い地位を確立したと言っていいでしょう。
一年早く発売してくれたら…orz
と落胆したくもなりますが今後のラインナップや評判を見て決めれる時間が出来たので逆に楽しく様子見しようかなと思ってます。

願わくばこのRRコンパクトカーカテゴリはVWのみの独壇場として代々煮詰めて行って欲しいなと。次期ビートルもこのup!ベースのRRレイアウトになる事は予想できますしup!にスポーティなGTiバージョンとか出てくれたら更に嬉しいし…
個人的にはそのデザインに心底惚れてるカルマンギアのクーペを再び現代にRRで出してくれれば…と妄想は膨らむばかり…目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
RRでカルマンギアのリメイクだったら個人的買い度は100%目がハート(ネコ)ハート5(矢がささっている)
泣いて喜びます泣き笑い(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

国内ではスバルからサンバーベースのRRコンパクト軽やコンパクトカーなど待ち望んでましたがその願いも尽きた今、今更ソレを盗与太の劣化コピーでは見たくないなと…NG怒り(ムカッ) ま、無いでしょうけどw泣き笑い(ネコ)

そんな訳で久々に車の話題で実に嬉しい大衆車レベルでのRR復活の狼煙にコンパクトカー新時代を感じる犬すけでしたチュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 11:04 | Comment(10) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

DYデミオでZoomZoom車ダッシュ



そんな訳で、ファミリーユースに仕事に新しい相棒となった我が家のDYデミオ。
ちょいと落ちた車高でスタイルもグッと引き締まって非常に良いです目がハート

LA-DY3Wなので排気量は1.3L、個人的には小排気量でちょっと物足りない所をぶん回して補うのが大好きなので1.5Lでパワーに余裕があるより、ずっと好みチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

走った感じは流石に固めなので荒い路面ではちょっと難あり。
とは言えダウンサスは新品なので走ってるうちに少しはこなれてくるでしょううっしっし

操舵性は…元より素直な特性がダウンサスと相まって結構クイック。
タイヤは買った当初のモノはエコ系のモノがついてたのでスプリンターに付けてたスポーツタイヤをホイルごとそのまま移植(購入時に付いてたのは鉄ちんだったし)。峠でもグングン突っ込んでグリグリで走れますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
ぁ、おかげでロードノイズはうるさめですが・・・そう言うのは全く気にしないから良いんですwwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
お陰様でタイトに曲がりくねった峠が楽しい〜目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
ATだったら「走らねぇ「!!」なまはげ怒り(ムカッ)」不満爆発してたかもしれないけどwww泣き笑い(ネコ)

ちなみに少々気に入らないのは2速が入りにくいのと3速が少々パワー不足に感じる事(あと比べちゃいけないけどビートと比べると吹け上りのレスポンスが悪いw)くらいか・・・ま、2速の入りが渋いのは慣れればいいし3速でパワー不足に感じるのは走り方でカバー出来るから良いんですけどねチュー(ネコ)
後、排気音とかいまいち聞き取りにくいので耳でシフトチェンジのタイミングを計りにくいのが困りものですね。この辺はAT主流の流れで重視されなくなった所なんでしょうか…困り

身内の評判はおおむね良好。
嫁は自動車学校以来のMTにドキドキわくわくみたいで運転したがるけど、車通りの少ない時間帯以外は今のところ不可www泣き笑い(ネコ)
未だにビートに乗りたがってる息子も新しいデミオが凄く気に入ったようで「デミオでお出かけするの?赤ちゃん」なんて聞いてくるし、相変わらずMTのシフトチェンジを興味深そうに眺めてる辺り…やはり血は争えないようでwww泣き笑い

本音を言うとMAZDA純正エアロを付けてスタイルもより好みに仕上げ、エアクリやマフラー等の交換でエンジンの出力とスロットルレスポンスを上げたいのですが燃費の事とファミリーユース&仕事用でもある事を考えると、ヤンチャな方向にはあまり手は入れない方がいいかなぁ失敗…と自分に言い聞かせなだめてる真っ最中w泣き笑い(ネコ)

とりあえずグリルは中を抜いてメッシュをDIYして入れるのと純正の味気ないシフトノブ交換&シフトブーツを染めQで黒くしたいなぁ…後、子供に汚されるのでレザーのシートカバー…これは急務かなと…チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)(出来ればシートもスポーティなアレに交換したいけどあんまりやると父親としての道を踏み外しそうなのでこちらも我慢我慢wwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

嫁はというとガッツンガッツン エンストしては路上でテンパってキャーキャー騒ぐ日を繰り返しつつも最近ようやく空いた道を走る分には落ち着いてきましたwww泣き笑い ま、ATオンリーで来てるドライバーだからシフトチェンジやニュートラルで転がす様な操作を考えてこなかった分、先読みが足りないなぁ…横目と思って今まで横でうるさく色々言ってた事がようやく肌で感じれるようになってきたみたいで、これで運転が上手くなれば今よりは安心して横に乗ってられるかなと…良い教材にもなりそうですOK!2

僕のモノ選びを信じてくれる素直な嫁なので、その辺は本当に感謝平謝り

後は…もうちょっとカスタムさせて欲しいなぁ…ってやっぱり諦めきれてない俺www泣き笑い(ネコ)
posted by 犬すけ at 01:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

新しい相棒がやって来た…車


ビート購入計画異常あり」と「ビート購入計画異常あり その2」で記事にした様に「スプリンターがいやだ」と言う嫁の言葉に新しく車を用意するため中古探しを始めたのですが、狙っていたOptiは折しも原油高の煽りをくらい軽自動車人気と共に値上がりしてしまいました。
内容と金額にどうにも納得がいかない出物ばかりなので、再び暗礁に…

しかしなぁ…軽は今、割高な車種になってるしボディが太ったまま排気量が変わらないから構成的に車としての魅力が欠けてるからなぁ…失敗あせあせ(飛び散る汗)
と悩んでると嫁の本音がポロリ「私はスプリンターが嫌いだっただけで維持費変わらないくらいでも、もっと良い車だったら普通車でもいいのよ」だって…青ざめあせあせ(飛び散る汗)

俺…Optiを選ぶまで一生懸命考えたんだぜ…www泣き笑い(ネコ)

しかし、普通車でも良くなってくるとはるかに選択肢が広がってくる「!!」

特にコンパクトカークラスなら走行距離などで考えると軽よりもイニシャルで手頃に抑えられて燃費も期待できるものだってあるし…

さて、面白くなってきたぞ目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

納得できる状態とプライスで買える狙い目を探す毎日…
タイムリミットは8月中旬まで…

狙う所は手ごろで使い勝手の良いコンパクトなファミリーカーOK!2


第一候補は広さと走りを確認済の2代目デミオ。
中古市場での走行距離と価格のバランスを見ても十分に納得できる車種なので候補入り。


次に三菱ディンゴの2代目。
エンブレムをVWに変えて「コレはVWなんだよ」って言ったら知らない人は騙されそうなくらい欧州っぽいデザインと、徹底的に室内空間の広さにこだわった作りは不人気で絶版になったモデルですが、僕は凄く評価していますOK!2
市場の安さもOK!2…ただしこのモデルに関しては1.3Lからラインナップがあるものの最低でも1.5L、本音では1.8Lモデルでなければ買いたいくはないモデルですね。


最後に狙い目でもってちょいと冒険なのがFIAT プントうっしっし(ネコ)
走行距離、価格ともにリーズナブルかつこのモデルのデザインはものすごく好み目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
高回転型エンジンとスポーツシフトでもって走りも期待できるので遊ぶには非常に良さげ。問題はコレではちょいと仕事に使いにくいくらいか…


そんな狙い目を探しつつもう8月の1週目を過ぎた頃、僕の心の琴線に触れる1台が現れた「!!」びっくりあせあせ(飛び散る汗)

2代目Demio「!!」OK!2


ワンオーナー走行距離2万kmちょいでナビやらバックモニタやらオプション付き。内装も綺麗だし匂いも無い。足はRS-R Ti2000で数センチダウン、乗り出しで60万くらい。もちろんMTうっしっし(ネコ)

新車ながら新型デミオも購入対象として意識していたけどプライスもさることながら、実は2代目デミオの前期型はエクステリアが凄く好きチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
なんつ〜か、ファニーでもなく遊んでるって感じでもないし、初代は商用っぽすぎるけど、こいつはファミリー向けっつーか、真面目な感じが好きうっしっし(ネコ)
走りに関しては仕事で乗った事もあるし、友人ので遊んだ初代の印象からしても十分魅力的。
100kg云十万かぁ…とか思いながらも、ATのみで10年以上やってきた嫁を新車デミオのMTで勉強させるのは正直言って嫌だったので、この辺りが落とし所かなと…チュー(ネコ)

そんな訳で色々ありましたがスプリンターの替わりに2代目デミオがやって来ましたキャラクター(万歳)
2代目デミオの話は次の記事で…チュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

ビート購入計画異常あり その2

そんな訳で前回の話「ビート購入計画異常あり」の続き。

最初はサンバーかバモス・・・軽バンが欲しかったのだ。野草を取りに行くにも仕事で大きな物を運ぶにも(まず無いけどw)便利がいい。
ちらりとビートと同じMTREC搭載のトゥデイを買えば…なんて考えたりもしたけど流石にそれは極悪過ぎて自制したwww泣き笑い(ネコ)
やはりファミリーカーである以上軽規格変更後の衝突安全対策の施された物を選ぶのが筋だろう。(個人的には事故にあったときの事を考えて物を買うと言う行為自体が物凄く気に入らないのだけど)


もともとRR(リアエンジンリアドライブ)は現代のコンパクトカーにこそ必要な駆動方式と思ってるのでスバルサンバーへの興味は非常に高い。個人的にはサンバーバンのセレクティブ4WDは非常に好奇心をそそられるのだが・・・しかしリアドライブでキャブオーバースタイルを軽規格で頑張って貫いているだけにホイルベースが他車より必然的に短くなってしまう。もちろんこれによる旋回性などメリットもあるが・・・ファミリーカーとしてのメリットとは少々違う気がする…
ちなみにサンバーの一般向けモデルであるディアスはフルタイム4WD・・・コレは何度かスバルのディーラーに行って文句を言ったけど、かつてドミンゴなどで市販車でもやってた事なのに、何故今じゃ商用バンにしか採用されていないのか・・・これがなければサンバーディアスは比較対象に入ったのに非常に残念だ。


ホンダバモスはMRだしこいつの場合サンバーバンの手動切り替えではなくスリッピーな路面で自動で2駆と4駆が切り替わるリアルタイム4WD(イマイチ言葉の意味がわからんけどw)って事でも非常に興味深い。リアが板バネでなければサンバーと購入対象としていい勝負出来たはずなのだが・・・せっかくのミッドシップが・・・と思えば思うほど次点の座が強固になっていく。

ま、どちらにしても乗り心地重視で決める今回の車選びには軽バンがそこまで乗り心地のいい乗り物とは思ってないので無理。


三菱 i は前記事で書いた通り中古でも高い。ミッドシップとスタイルには惹かれるけど、アレはファミリーカーと言うよりは一人から夫婦など二人程度しか乗らない構成と利用シーンをスマートに割り切ったユーザー向けのお洒落な車だろうと思う。だいたいMT無しな所を見てもメインターゲットが女性なのは良く分かるし。
ま、新車でも中古でも少々値が張っても・・・って思える様になるにはMTをラインナップに入れてくれなければ絶対に無理。

ここまでは前回の記事でさらりと書いた欲しい軽自動車ラインナップ。

ちなみに書いてなかったけど、もう一つ条件があって・・・絶対にMTでなければならないと言う事。世間的には逆に今時MT?なんだろうけど、コレは譲れない。
幸い身内はビートで僕の隣に乗って「MTを運転する方が楽しい&経済的」ってのを刷り込まれてるおかげで「私もMTに乗れるようになりたい」と言ってるので問題なし。
この辺は元々驚くほどの素直さ(面白さwww)に惹かれて結婚した訳だけど、今思えば「嫌よMTなんて!」と突っぱねる人の方がはるかに多そうだ・・・と思えば頭が下がるほど有難い。
騙されてくれてるのかも知れない・・・なんて思えば更に返すに返せぬ義理も積もって行くってもんだ・・・チュー(ネコ)雫(涙・汗)

さてさて、どうするか・・・


個人的にはスズキ ラパンはかなり好き。アレはとにかくシンプルなデザインが素晴らしい。特にラパンLはかなり好み。だが、コイツも人気車種で中古市場でもそこそこするし・・・
本音を言えばこの車がRRでNA 64馬力なんて構成なら激しく欲しいw
フレンチブルーにオールペン白のラインを入れてR8ゴルディーニ気取りで遊ぶんだけど・・・ビートの代わりだって我慢できるのだけど・・・そんな事を言っても始まらないwww



そこでふと思ったのがミラジーノ
・・・母が旧ミラジーノのMTに乗ってるから良く知ってるが、正直好きではない。狭いし何よりパワー不足・・・ミラジーノ1000なら物凄く興味があるがMTが無いみたいなので論外。他にミラジーノの選択肢は・・・と思って調べてみるとミニライトスペシャルターボなる仕様がある事を知った。ターボで64馬力・・・成るほどミラジーノで走るぞって雰囲気の車を見て不思議に思ってたけどこういう事か…
確かにクラシックな雰囲気だけど中身は「ミラ」だしダートラなんかで昔から頑張ってるイメージを思い返せば意外と悪くないかもしれない・・・
と思って中古市場をネットで検索・・・高ぇな・・・
ミニに乗る根性は無いけどミニのルックスが好き・・・って人とか多いだろうし、若い子から年配まで肩肘張らずに自然に乗れるルックスは魅力だろうな・・・


そんなわけで決定打の無い状態が続いた・・・身内はスズキのKeiの様な車が結構好みらしい。ボーイッシュな感じのデザインが好みなのかもしれない。しかし僕は車高の高い車は大嫌い。
なのでミッドシップとは言えホンダ Zもあり得ない。スズキエスクードのパイクスピーク仕様の様にローダウンしてモリモリとブリフェンで迫力を増せば鼻血物のカッコ良さだろうとか夢想はするが・・・軽じゃなくなるじゃんwww
普通のミラとかアルトなんてのも考えればいいんだろうけど僕の好みでは無いので、そんな物を買ったらいつか車に飛び蹴りしてしまいそうだしwww

どうにも決まらずに困り果て、いつもお世話になってる修理屋さんに出向いて(ここんとこ2〜3日に一度は顔を出してますがwww)悩みを相談した。

「オプティなんかいいんじゃない?」

「・・・・・・オプティ・・・「!!」びっくり


綺麗に忘れていた車だったけど、軽規格が変わった第一陣として出た車の中では一番好きだったのがこのオプティだった。
背高自動車の流行に流されたのか、ちんちくりんのセダンスタイルが不評だったのか知らないけどラインナップから消えた車・・・でも僕はコレ大好きチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
なんつーか、60年代の軽自動車の様にリッタークラスのファミリーセダンへの憧れに背伸びして近づこうと無駄な努力をしてる感がたまらなく可愛らしい。言ってみれば幼稚園の入園式にスーツでやってくる坊ちゃんの様な可愛らしさがこいつにはある。

見ててめちゃくちゃ和むのだチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

それに数年後にはアルファだって買ってやるさと思って儲からない毎日を頑張ってる僕にはこの背伸び感は何だか親近感さえ覚えるwww泣き笑い

個人的にはオプティのクラシックが好きなんだけど54馬力のエンジンに800kg近くあるボディを動かさせるのは可愛そうだからターボで64馬力のビークス以外に選択肢は無い。
余談だけど当時こいつはセダンスタイルのデザイン故に追突時の安全性が軽自動車で最も高いと言われていた。同じ事がNewビートルでも言われてて、まぁ形から考えて当然だろうなと思う話だけどw

家に帰って身内に見せると成るほどKeiが好きと言うだけあってビークスのエクステリアが気に入った様子。中古市場も十分安い。
おまけにビークスはクラシックの女性向けなイメージに対してボーイッシュで走りたい人向け・・・みたいなイメージで売られた事もあってMT車が意外と多い。


コレしかない「!!」勝ち誇り

早速世話になってる修理屋さんに「程度のいいビークスも一緒に探してください!」とお願いして悩みは解決。

後はビートとオプティの2台生活に切り替わる日を首を長くして待つだけだ。

・・・が、冷静になって改めて考えると・・・



俺…永遠にマイナー路線から抜けられないだろうなw泣き笑い(ネコ)
posted by 犬すけ at 13:20 | Comment(12) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ビート購入計画異常あり

ビートを探し続けて半月近くが過ぎた・・・
ビートの探索はいつもお世話になっている自動車修理屋さんに頼んでいるので後は出物待ちなのだが・・・この時期にビートを探すってのは正直言って時期が悪い。長丁場になる事はしっかり覚悟してるのだけど・・・

今の我が家の車はスプリンター一台のみ。僕が仕事など車で出ると身内が動けない状態で田舎生活では非常に不便。

しかしこの2週間ほどの生活ではそこまで不便を感じなかったのか、身内がとんでもない事を言い出した。

「車は家に一台でいいんじゃない?」

コレには猛反対。僕は仕事でいつ何時車を使うかわからないし、滅多に無いが身内と予定がかぶる事だって無いわけではない。
更に家に一台となると当然僕のビート購入計画が流れるわけで、これは絶対に認められないのだ。

「その時はそのときでどうにかするわよ」

・・・と身内は反論するが、そういう時は「何とかなる範囲での想像」でしかないのだ。環境が一つ欠けただけで「どうにもならない状況」ってのは簡単にやって来るもんだと僕は常々思っている。

例えばパソコンがクラッシュした時、もう一台PCがあれば何とか出来るのに一台しかなくてやむなくリカバリするケースとか・・・ここを読んでる方ならきっと「あるある」と思う人は多いと思うw

車も2台無いと困る事態は絶対に避けられないのだ。
ちなみに僕が仕事で移動する場合は基本的に携行品は大きくてもノートPCまで。最近では工事をする時は専門の業者の車に同乗して出かけるのでビートで十分。
・・・って言うか、車はまず最初にとにかく軽くなくてはいけないってのが信条なのでそんな一人での移動がメインの僕が要りもしない3座以上の椅子(オモリ)を背負ってトコトコ走るのなんてとても許せる事ではないのだ。

で、説得すると・・・

「だって私スプリンター嫌いなんだもん。お金かかるし・・・」

なるほど維持費にかかる費用が高いから手放したいのか・・・「つまり俺にもっと稼いで来いと・・・仰る事、いちいち御尤も」・・・しかし以前身内が乗ってたフェスティバを手放して一時期軽に乗ってたのをスプリンターに変えたのは子供が車酔いしないように少しでも乗り心地を良くしたい・・・というのが話の発端だったので、今また軽に戻そうっての話はどうにも矛盾してくるのだが・・・

ま、稼ぎが足りないのだから仕方が無い・・・

で、乗り心地を優先して軽自動車を探すことにした。
個人的にはファミリー向け軽としてスバルサンバーが本命でホンダバモスが次点。積載量を気にせずスタイル優先なら三菱i・・・これ以外に選択肢はなかったのだが・・・乗り心地がキモなので残念ながら軽バンは却下。三菱iは中古でも高いので却下。
・・・となると突然選択肢がなくなるのだ・・・世間一般の感覚ではアレがいいとかコレがイイとか色々選択肢があるのだろうけど・・・僕の好みは皆無に等しい・・・


悲しいことにスプリンターの車検は今年の8月・・・一年に2台の車を中古とは言え買い変えるってのは正直辛い。ここはビートのために意地でもファミリー向け軽自動車の最も理想的な落とし所を見つけなくてはならないのだ。

せめてスタイルと許せる構成、そしてビート購入計画を圧迫しないプライスwこれらを考慮してもう一度検討することにした。ぶっちゃけスプリンターだってタダでもらったのでファミリーカーとして考えて細かいところは何も気にしてなかったのだけど・・・

そこで僕の出した答えは・・・次の記事でw
posted by 犬すけ at 23:31 | Comment(6) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

いつか手に入れたい青い鳥



前の記事「血は争えない「!?」赤ちゃんきらきら青ざめあせあせ(飛び散る汗)おじいさん」にて僕が父の乗ってたブルーバードU 2000GTをいつか手に入れたいと思ってた・・・と書いていましたが…


もちろん今でも思っております「!!」勝ち誇り

出来れば40台を迎える頃までに。

・・・あっと言う間にきちゃいそうだけどwww泣き笑い

そんなわけで今日はブルーバードの話。
幼い頃はこのブルーバードU 2000GT(通称サメブル)に乗って出かけるのが大好きでした目がハート(ネコ)ハート3(大きい&小さい) そもそも当時から丸4灯の車が好きだったのですが、その中でもコレは本当に別格。
この画像と以下の文章は日産のサイトより。

http://www.nissan.co.jp/MUSEUM/BLUEBIRD/
サイドウインドウのJラインが印象的な「ブルーバードU」が、4代目にあたる610型です。発売は1971年8月、510型より大きく、ゆったりしたフォルムとしました。ラインナップとしてはクーペモデルを廃して、新たに2ドアハードトップを設定しています。
この610型はスポーツ志向の510型と併売され、位置づけとしてはファミリー向けのクルマでした。車名のUはUSERを指したもので、「ブルU」として浸透していきました。エンジンは当初、1600ccと1800ccの2本立てで、1800ccにはシングルキャブ仕様、SUツインキャブ仕様、そして電子制御燃料噴射装置(ニッサンE.G.I.)仕様を用意しました。さらに、1973年にはスカイライン2000GTと同じ直列6気筒エンジンを搭載した「2000GT」も加えています。これは「ブルG」の愛称で人気を得ました。
また1972年には、史上最高の国内販売台数を記録しています。


ついでにスペックもwうっしっし(ネコ)
全長 4215mm
全幅 1600mm
全高 1415mm
車両重量 1035kg
乗車定員 5名

最小回転半径 4.9m
燃料消費率 - Km/L
駆動方式 後輪駆動
フロントサスペンション 独立懸架ストラット式
リヤ-サスペンション 独立懸架セミトレーリング式

型式 L18型
最高出力  125/6200 PS/rpm
最大トルク 16.5/3600 kgm/rpm


あのスカイラインの2000GT(Rじゃないけどw)と同じ直6エンジンを搭載したブルーバード・・・って事でも非常に興味深い車ですが、オイルショックを機に売れなくなり、以後スクラップとしてガンガン潰されていったモデルでもあります。

多分僕にとっては、この青い鳥が父や大人の男への憧れの象徴だったんだろうなと今では思います・・・チュー(ネコ) 父は渋い茶色っぽい赤で全塗したやつに乗ってましたが、僕適にはミニやジャガー等で用いられる渋いブリティッシュグリーンにしたいなぁ・・・なんて思って数十年。

いつまで欲しがってんだwww泣き笑い(ネコ)

ってかね、只今物色中のビートとこれから先、サメブルを手に入れたら僕の車道楽は終わりです。後は大切に乗って行くだけ。それ以上は求めないし、どうしても他の足がいるならそん時は何でもいい。
幼い頃に身に付けた車への価値基準が現代に合わないのだから仕方ない。
エアコンだってステレオだって絶対に要る物とは思ってないし。それで当たり前の時代を生きてきましたしね。

例えばスペックを見てもらえばわかるんですが、車重1035kgで125/6200 PS/rpmなんてのは僕にとっては理想的なスペックなんですよね。1トン辺り(出来ればそれ以下w)で100馬力程度あれば丁度いいってのが僕のこの頃からの指標なんですが、今じゃ軽ですら重量だけはそんくらい行ってしまいますからね。当時の軽なんて半分の重量あるかないかくらいだったんで、文字通り軽自動車だったわけですが・・・ちなみに今なら他の追随を許さないド級のライトウェイトスーパー7と当時の軽と同じかまだ軽いくらいの重さだったりしてねwうっしっし(ネコ)

要するにパソコンなんかが進化するほどに肥大化して容量とスペックを要求して行くのと同じ時代の流れを車に感じてたりするわけです。・・・で、「そんなの別にいらないし・・・」って最新の大きくて重いOSを敬遠しているのと同じ事なんですよ。安全性とか排ガスがとか快適性が云々って色々付けてどんどん重くなって行く車に対して「そんなのいらないよ」ってのが僕の答え。

そこで重量を増大させる要素の一つであるボディの素材に対してどこまで頑張ったのか・・・ってのが見えないのが何より今の車を支持しない理由。国民の足となって戦後の復旧期を支えた国民車第一号のスバル360は通常より薄い鉄板で強度を出すためにミニマムかつ最低限の居住スペースを確保するためにどれだけの努力を費やしたか・・・なんて話は今ネットを調べたってわんさと出てくるはずです。
材料が潤沢にあるわけではない日本の物作りに於いては「今でも本当は」教訓とすべき話も沢山含まれてるような気がするんですがね。エコが叫ばれる時勢になって久しぶりに「ボディの軽量化の重要性に対する取り組みが・・・」なんてニュースが見られるのがそもそも根本から可笑しいと思えて仕方ない時勢なんですが・・・

ま、携帯電話は話せればいいのに余計な機能ばかり増えて高くなって・・・って文句言ってるオッサンと同じですねwww泣き笑い(ネコ)

でも、車の場合・・・あれで十分だったと未だに思ってるんですけどね困り

このネタについては書き出すと色々言いたくなるけど、あんまり言うと今の車マンセーな人を貶す内容になりかねないのでこの辺でおしまいチュー(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 犬すけ at 21:43 | Comment(15) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。