2007年09月09日

一番好きなスーパーカーって何?目がハート(ネコ)



昨日に続き今日もスーパーカーネタwうっしっし(ネコ)
「貴方の一番好きなスーパーカーって何ですか?」
って聞かれたら何て答えます?

僕は迷い無く「NAZCA C2」と答えますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
ちなみに写真の前の車がC2で後ろのはM12ですね。
イタルデザインで有名なジウジアーロの作

と言っても創始者ジョルジュ・ジウジアーロの息子
ファブリッツィオ・ジウジアーロの作になります。
しかも、これがデビュー作なんですねぇキャラクター(万歳)
(・・・高校時代に読んだカーグラ誌の記憶なので間違えてるかもしれませんが確か間違いないと思いますw)

しかし、このNAZCAで好みをモロに出しすぎたのか何なのか分りませんが、その後のイタルデザインのスーパーカーってどこかNAZCAを思わせるデザインが多すぎる気がします困り
それが共通したイタルデザインのテイスト・・・って風に理解した方がいいのかもしれませんが。

いやぁ、それにしても美しいです目がハート(ネコ)
僕にとっては力強く且つ高貴で女性的なライン
スーパーカーのキングならぬクィーンとでも呼びたいくらいですキャラクター(万歳)ハート3(大きい&小さい)

ちなみに、この車は内装もゴージャスでレースカーって感じではないんですけどね。
その割りにその後に出てくるマクラーレンF1と主要諸元では構成・数値など結構近かったような記憶があります。
もちろんレーシングカーのノウハウを詰め込んだ車とでは造りが違うでしょうが、ちょっと贔屓目の思い入れとしてwwwうっしっし(ネコ)あせあせ(飛び散る汗)

デザインを見た瞬間に心を奪われたスーパーカーと言えば、後にも先にもこの1台だけですねぇ・・・
別に度肝を抜かれたのが1台ありますが、それは僕にとってはキングオブスーパーカーってとこでしょうか。
その話はまた今度wうっしっし
posted by 犬すけ at 22:05 | Comment(8) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

Audi R8 衝撃のデビューは衝撃のチラシからwうっしっし(ネコ)


先日実家の新聞に入っていた折込チラシ・・・
こんなのチラシで出しちゃうんだ・・・青ざめあせあせ(飛び散る汗)

・・・ってまぁ、ブランド戦略としてフラッグシップモデルを全面に出しただけでしょうがwうっしっし(ネコ)
それにしてもジャンル的には「スーパーカー」と言っていい車ですよ。

まさか折込チラシに入ってくるとは思いもしませんでしたwww泣き笑い(ネコ)

ルマンで活躍したワークスマシンの技術をふんだんに盛り込んだ車ですからねぇ・・・
って言っても、その2007ルマンなんて日本では放送すらされていないと言う所が何とも皮肉っぽく笑えるのがいい感じw泣き笑い(ネコ)

デジタルで1チャンネル使って24時間まるっとルマン放送しろよ!なまはげ
posted by 犬すけ at 22:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

自由のための束縛(後書www)泣き笑い(ネコ)



そんなわけで延々と書き綴った無知蒙昧の妄言もコレにて終焉w

こんな規格があればなぁ…って事を何年もの間ため息まじりに思っておりましたw
実現できない事だろうと思うからこそ、いつまでもこんな妄想がとり憑くわけでwお化け
ようやくスッキリしましたよwww泣き笑い(ネコ)

後編では産業分野での活性化と自動車業界の活性化におけるメリットがあるんでない?って主張+ユーザーサイドのメリットを少々書いたわけですが、他に挙げられる利点を最後の妄想のまとめとして締めたいと思いますwwwうっしっし(ネコ)

まずは自由に組めるって事でワンメイクレースや展示会など、メーカー主導ではなくパーツ製造、組立てに関わる業者が集まれば車好きが行きたくなるようなイベントが起こせますよねOK!2
しかも日本の各地域で色んなパーツメーカーが生まれていけば地域的な特色も出てくるかもしれません。
こんなの絶対に大メーカーが作る既存の車造りでは成し得ないことですよねうっしっし(ネコ)

つまりアフターマーケットが爆発的に拡大し得る可能性を秘めてると言う事。

更には規格化されてるのですから、悪くなった部品を規格に合う製品で入れ替えれば車のリファインも可能になる訳で、部品を変え変えベースは同じ車に何十年も乗る事だって可能。何十年後には気がつけば最初のパーツは一つもなかったりするかもしれませんがwww泣き笑い(ネコ)

だって、技術開発で新素材の良いボディに変えたり、新しい より好みのデザインのボディに変えたり、くたびれた内装を変えたり足回りを変えてみたり、一台の車に乗り続けながら色んな事が出来るんですもん。

それはとどのつまりエコロジーでもあるわけですよね双葉 キャラクター(万歳)ハート3(大きい&小さい)

そして変えたパーツはそれぞれバラバラに中古市場で取引されれば多くのパーツが本当に役目をまっとうするまで長く使われるっていう理想的なサイクルに近づいたりもしますよね天使

場合によってはエンジンも時代の変遷でレシプロからハイブリットや電気モーター、水素エンジンに変わる事だってあるかもしれないし、ユーザーそれぞれの志に合わせてよりエコな車にして行く事も出来るじゃないですかにこにこ

それで競争原理が働かないとは言わせませんよきりり(ネコ)
何故ならモンキーの例が在る通り、takegawaやkitakoに代表されるメーカーだけでなくプライベーターの人までもが出力アップやターボ化、スーパーチャージャーの作成やDOHCヘッドの作成等々、様々な技術革新に夢中になってるんですからOK!2

そうなれば大手自動車メーカーはいつまでも多くてもベースが数代限りの車を今まで通り作り続けりゃいいじゃないですかw泣き笑い(ネコ)
だって、それはそれで最初からパッケージングされているからこそ出来る完成度の高さをユーザーに提供出来るわけですから。
それでは満足できないコアなユーザーがガレージで油まみれになって幸せを感じる事の出来る規制と自由に満ち溢れた車・・・
そんなのが世に現れてくれたならどんなに幸せだろうと思います。

そしてユーザーはきっと・・・メーカー製のパッケージングの安さと完成度の高さに気がつくと同時に押し付けられてる不自由さも知る事になるんじゃないでしょうかwww泣き笑い

そんなわけで妄言もこれにて終わり。

物知らぬ阿呆の駄文、散文にお付き合い下さった奇特な貴方はお気を確かにwww泣き笑い(ネコ)
posted by 犬すけ at 21:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由のための束縛(後編ww)泣き笑い(ネコ)



さてさて、止せばいいのに止まらない世迷言の後編ですwww泣き笑い(ネコ)

そんなの御上が動くわけ無いってのは大前提が崩れちゃうので我慢して下さいねwwwうっしっし(ネコ)

例えば、それだけの規格を制定するとなると大規模データベース、しかもTOYOTA等が使ってる様な3DCADで整合性の確認や耐久性等、様々なシュミレーションが可能なシステムが必要になってきますよね。

ここで理化学研究所が発表したオープンソースVCAD等をベースにシステムを開発しましょう。
いつ出来るかわからない国産OSとか林立して画一化されずユーザーにとっては迷惑極まりない各省庁の「電子何とか」なんかよりずっと素晴らしい成果が上がると思いますwww泣き笑い

そしてこの妄想の最大のキモである、パーツの製造販売は設計書の許可、工程管理のチェックを受け、製品の強度試験等をクリアした業者に権利を与えると言うこと。
更に、それぞれのパーツを集め組み立てることが出来るのもやはり設備、技術面等の審査をクリアした国が認可した業者に限ると言う事。うっしっし(ネコ)

もちろん、製造業者や指定工場は抜き打ちのチェックも覚悟しなきゃいけないし、年に数回はマニュアルを見ればすむだけなのにわざわざ出向いて講習会を受けなきゃならないwww眠い眠い(ZZZ…)

もちろん組み立てた車は正しく組まれた事を照明する用紙に記入して指定の組織で認可を頂かなければ陸運局で撥ねられるわけで・・・

ほら、ほらほらうっしっし

御上の皆さんが新しく天下る組織がわんさと出来るじゃないですかw泣き笑い(ネコ)

しかも、コレなら技術はあっても大手と付き合いの出来るパイプも無ければ経験も無い技術者や工場からだって新規事業として自動車部品製造が出来ちゃうし、エアロを作ってた工場で若いデザイナーがオリジナルの車をデザインする夢も実現できちゃうw

内装だって規格に合えば木材加工業者が本物のウッドのパネルを作る事だって出来るし皮革加工業者がレザーを使う事だって出来るし、コラボしたっていいわけだキャラクター(万歳)

そしてこの場合現在のように「エスティマ用」とか「マーチ用」ではなく、規格○○号用となるから取り付けられる車が1車種という事はなくマスは広がるはず。

色んな産業がそこに集まって様々なコラボを大手自動車メーカー主導ではなく自主的に出来る事、日本の各地から面白いものが沸いて出てくるだろうって所が面白みOK!2

ユーザーだって極力安く日ごろの足としてパーツを組む人から、徹底的にハイパフォーマンスとかゴージャスとかって人もいるだろう。
しかもパーツが規格化されてるからアフターマーケットも盛んになるってもの勝ち誇り

結局のところ、モンキーがこれだけ長く愛されてるのはアフターパーツの充実とカブ系エンジンを利用した派生モデルの豊富さからくる流用パーツの豊富さ。
そしてTAKEGAWA、KITACO、JETSTREEMに代表されるカスタムメーカーが競い合って育ててきたカスタムパーツ群の恐るべき豊富さ、これらがあるからだと思うんですよ。もちろん原付の法規制の緩さがべ-スなわけで。

しかし車の法規制は縛っても緩めやしない。
だったら、雁字搦めにする変わり、縛りを各パーツに定め、その基準をクリアしたパーツ同士の組み合わせは自動的に認められるとすればいかがかとうっしっし(ネコ)

それで役所も仕事は爆発的に増えるが、息のかかった業者も増えれば天下る組織も爆発的に増えるわけだしねw

僕はいつも規則とは自由を保障するためにこそ在るべきだと思ってます。

ユーザーが自由を享受出来る縛りを作る!

自動車大国日本からこんな規格が出てきたら素晴らしいと思いません?チュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 19:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由のための束縛(前編w)うっしっし(ネコ)



さてと、Monkeyの記事をupした事で長いこと記事にしなかった思いを漸くupする事が出来ましたwうっしっし(ネコ)

僕が長い間「こうなれば楽しいのになぁ・・・ほえー(ネコ)」って思ってる事。言わば妄想であり妄言www泣き笑い(ネコ)

まぁ、んな事出来る訳ねぇだろ!とか阿呆か!って突っ込みだったら承知してますので要りませんからほっといてくださいw

・・・で、本題。

自分でパーツを取捨選択して車を組上げたい!!!

しかも、それでちゃんとナンバーが取得できて道路もちゃんと走られて、当然任意保険も加入できなきゃ意味が無い。

ぇ?無理?

いやいや、それが出来る決まりがあれば出来るでしょwww泣き笑い(ネコ)

今日のネタはそんな愚にもつかないお話w

じゃぁどんな決まりがあれば良いのかって言うと・・・

例えば軽、あるいはリッタークラスのサイズくらいまでを上限とした車両等で自由にカスタマイズできる規格を自動車の一カテゴリとして作成し、様々な組み合わせが可能なように取り付け位置やサイズ、重量や強度、耐久性等パーツ毎に多岐にわたる微細な規制を設ける事。
つまり組み合わせが可能なパーツ同士を規格でもって保障する事。これで組み合わせる事は可能になるわけだw

これを御上が規格としてリードすれば、それだけで自分で様々なパーツを選択して自分の好みの、まさに世界に一台のマイカーを手にする事が出来ちゃうでしょチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

もちろんそうなってくるとボディはFRPに代表されるような素材になってくる、何故ならボディも選択できなきゃいけないからシャシーと別でなきゃいけないからwww泣き笑い
つまりはロータスみたいな構成じゃなくちゃ無理wうっしっし(ネコ)

もう少し細かく妄想するとwww

エンジンはFF・FR・MR・RR用とありそれぞれに排気量○○cc〜○○ccで、サイズは縦横○○mmから○○mmの範囲内で重量は○○kg以内とか、マウント位置は最低こことここで後は何個以内を任意とし、更に補強を必要とする場合は・・・とか細かい規則が要りますねw

シャシーも然り、FF・FR・MR・RR用に合わせてエンジンマウント位置からボディの取り付け位置がきちんと決まっていなけりゃいけないし、当然衝突安全性や様々な強度、サスの取り付け位置からサイズまで、シャシーの材質まで全て決まりに従わなければいけない。

ボディは当然FF・FR・MR・RR用、サイズは縦横奥行き○○mmまでエンジンとのクリアランスは○○mm以上確保しなければならないとか、強度についてもそう、耐熱性等耐久性についても厳しく規定がいりますよね。それからシャシーとの取り付け位置も守らなければなりません。更には極端に片側がヘビーにならないように重量配分も規定値以内に収めなきゃならんでしょう。(これはシャシーなんかにも言える事だけどw)

…なんてね、細かい規制の下に組み合わせが保障されたパーツを選んでいけたら面白そうじゃないですか?

ぇ?阿呆かって?

ソレは言わない約束www泣き笑い(ネコ)

そしてこの妄言は続くwww
posted by 犬すけ at 18:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

HONDA Monkey 旗(祝日・日の丸)さるキャラクター(万歳)


Z80と言えば言わずと知れた8bitCPUですが、ぇ?・・・知らない?困り
いや、まぁ・・・Z80は良いとして、Z50と言えばHONDAのMonkeyシリーズなわけですねさるキャラクター(万歳)
今は型番違うみたいだけどw

ちなみに僕はモンキーに乗ってた・・・と言うのは面倒だからそう言ってるだけで実はモンキーには乗ってませんwww泣き笑い(ネコ)
じゃぁ何に乗ってたかと言うと・・・


それがこちらモンキーの兄弟車のゴリラチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
僕のは古い方6Vのゴリラなので、この当たらしいヤツの写真12Vのとは若干デザインが違いますがw


そしてモンキーをよりレーシーに仕立てたコンセプトのモンキーR目がハート(ネコ)

ゴリラもモンキーRも分る人には分るけど一般的にはモンキーって言った方が通りがいいし、同じようなもんだからいいんです、別にw

最初に買ったのは6Vゴリラ、そしてモンキーRに乗り換えて再び新しく6Vゴリラを買ったんですねぇwww泣き笑い(ネコ)

最初のゴリラは色々カスタムしてたけど、トラブルも多く、理想は4stのミニマムスポーツバイクだったので、偶然中古で見つけたモンキーRに飛びついてこっちのカスタム開始。
ボアアップにハイカムにレーシングマフラー等で最高速は100kmオーバーキャラクター(万歳)
でも100km越えた辺りからハンドルのブレが物凄くて道路の轍一つで死ねるかも・・・って恐怖感www泣き笑い(ネコ)

ちなみにボアアップしたモンキーの加速って視線が低いのもあって、結構凄いですうっしっし(ネコ)
しかも足回りがフルノーマルだったりすると色んな意味でドキドキもんですよwww泣き笑い(ネコ)

…と、話をモンキーRに戻すと・・・
バイトの帰りいつもの道でいつもの時間に同じ信号で出会うKSR80(2st)のサラリーマンと毎日追いかけっこしたりw
ぶっ飛ばしてすり抜けして車に追いかけられたり色んな思い出が一杯www
町でも何処でもブンブン回せて一番楽しいバイクでしたねぇチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

でも、回し過ぎてエンジンが逝ってしまわれました涙ぽろり(ネコ)
モンキーRはもう一度欲しいなぁ・・・って思えるバイクですねぇ目がハート(ネコ)

そして最後のゴリラはカスタムし過ぎも考えもんだとボアアップは70ccに留め、外観も極力ノーマルを維持、耐久性を重視した通勤快速仕様にしてました。

このモンキーシリーズ(今はエイプでも同様かもしれませんが)ハマるととてつもなく大変な事になります青ざめ
何といってもカスタムパーツが豊富。カスタムパーツだけ買い揃えても一台組めちゃうw
更に歴史の長いカブ系のエンジンだから流用チューンなんてのも盛ん。90ccカブエンジンのスワップなんてのも当たり前。

ってか、実際ノーマルからカスタムしていって気がついたら「外したノーマルパーツを組み立てたら元のノーマルモンキーが出来ちゃうよ「!!」びっくり」って状態の人に何人も会いましたし、僕のゴリラも外したノーマルのストックパーツで一台組めそうなとこまで潤沢に揃ってましたwww泣き笑い(ネコ)

そもそも大型二輪や車と比べるとカスタムパーツだって凄く安いですからね。
本当にプラモデル感覚でパーツを買っては付け買っては付け・・・と遊べます。
気がつけば車一台くらい軽く買える金額をつぎ込んでた…なんて話もざらですw

しかも小排気量で本来パワーが無い上に基本的な作りも昔のまま古臭いバイクですから、アフターパーツを付けての変化って結構ハッキリわかります。(わかんないパーツも色々あるけどねw)

なので特に十代のお兄ちゃんなんかがメカ入門に弄る分には良い勉強になると思いますよOK!2
僕みたいに抜け出せなくなったりしなけりゃの話ですがwww泣き笑い

小さいので極端な話、部屋の中に持ち込んでメンテしたりエンジン積み下ろしから分解だって出来ますしねうっしっし(ネコ)
おかげで一時期僕の部屋に入った人は口を揃えて「オイル臭い顔4(つかれたカオ)」と言ってましたよwww泣き笑い(ネコ)

日本では珍しく規制が非常に少ない原付のカテゴリだからこそ出来るやりっぱなしな開放感は他に変えられない楽しさがあるんですよねぇ〜うっしっし(ネコ)

保険も自動車のオプションで付けれるから
維持費も極端に安く、財布に優しいしチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

なので、正直言うと僕はDUCATIとビートに関しては必要なカスタムはやっても、チューンナップって意味では弄ることはほとんどないと思います。
弄るんだったらコッチ側でやりっ放しやった方が滅茶苦茶楽しいんですもんwww泣き笑い(ネコ)

そんな「資質のある人だけが幸せになれる泥沼」・・・浸かってみたいって人は「モンキー カスタム」辺りでググッて見て下さいw
きっと幸せになれると思いますwww泣き笑い
posted by 犬すけ at 21:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

マッシュアップに自動車の明るい未来を夢見てみるチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

えぇ〜っと・・・別に新しい話でもないんですが
欧州では評価の高いディーゼルエンジンなんかでも有名ですが
エプソンのインクジェットプリンタなんかで身近なピエゾ素子が
自動車のエンジンの燃料噴射装置に使われているって話。

電話3ケータイで写真や音を楽しもうメロディ」のphotologさんが仰った「マッシュアップ」という言葉を使わせていただきましたうっしっし(ネコ)
Web界隈では頻繁に使われるマッシュアップという言葉ですが、自動車業界の話にこの言葉を用いるのがなんだかセンスいいなぁとか思ったり面白かったりして本日のタイトル。photologさんに感謝平謝り

電子制御で燃料を送る事が出来るって事は、そのタイミングが正確であればあるほど
DUCATIのデスモやベヴェルの様に天井無しに(上がらなくなるまで)回し続ける事が出来るわけですからヘッドより下の精度が如何に高く出来てるかがキモになってきますよねにこ(ネコ)

コレは素晴らしい事だと思いますOK!2
出来ることなら過去の車にも搭載(調整・セッティング)できる機器等が販売される未来になって欲しいとも思いますが。。。

ちなみに以下の記事は久しぶりに技術開発の記事を読んで興奮した内容うっしっし(ネコ)
記事にしようと思いつつずいぶんほったらかしてましたがwww

次世代自動車開発フィーバー(1)
http://wiredvision.jp/news/200706/2007061923.html

次世代自動車開発フィーバー(2)
http://wiredvision.jp/news/200706/2007062021.html

自動車のエンジンを取り替えるのではなく、根本から変えようとしている企業もある。斬新な新しいデザインを採用したエンジン『Scuderi』は、内燃エンジンのシリンダーを2つに分けて、1つの部屋で空気を圧縮してから、その空気を燃焼室に送り込む。送り込まれた空気はそこでガソリンと混じり合って発火する。マサチューセッツ州の新興企業The Scuderi Group社が設計したこのエンジンを使えば、回収した減速エネルギーを圧縮空気として保存できる。また、非常に効率的な燃焼環境を作ることで、ガソリン燃費を2倍にすると同時に排ガスを大幅に減らすことも可能だ。

米Sturman Industries社(本社コロラド州)は、それとはまたタイプの異なる革命をボンネットの下で起こそうとしている。NASAの元エンジニアで、1960年代にアポロ宇宙船の電子バルブを設計したEddie Sturman氏が経営する同社は、デジタル式のバルブを使って内燃エンジンへの空気と燃料の流れを制御し、カムシャフトを不要にしている。

デジタル式のバルブは、機械で動くバルブと比べて動作が速く正確で、消費エネルギーがはるかに少ない。Sturman Industries社のEddie Sturman氏によると、燃焼を正確に制御できるため、エンジンに搭載すると馬力が2倍になり、排気ガス汚染は理論的にゼロになるという。

この技術を搭載した自動車やトラックは、さまざまな燃料に適応が可能だ。

「今日はディーゼル、明日はガソリンかエタノール、といった具合にさまざまな燃料を入れることができる。バルブがマイクロプロセッサーに情報を送り返すと、マイクロプロセッサーが必要に応じて燃焼プロセスを調整する」と、同社のCarol Sturman社長兼会長は説明する。このバルブはすでに一部商業生産が始まっている。


いやぁ・・・凄いですねぇ・・・目がハート(ネコ)
モーターとレシプロのハイブリットやモーター駆動のみの自動車は嫌だと常々このブログでも言ってましたが
こんな技術があるのなら内燃機関の新しい時代が花開く時を夢見てしまいます。

キャブ車の場合季節に合わせてニードルを変更したりしてたのが、これならアイドリング中に自動で燃調を合わせる事だって出来ちゃいますよねキャラクター(万歳)

プレーンな構成の車が好きなのでパワステとかドライバーのポジションを覚えてボタン一つで調整してくれる機能なんかは頼むから外してくれとお願いしたい所ですが、燃料噴射をデジタル処理にする事でエンジンの能力を最大に発揮するなんて、こういう技術は大歓迎ですチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

これで人の運転にチョッカイ出さない車なら本当に欲しいなぁ・・・
ってか旧MINIかビートに装着できるヤツを出してくれwww泣き笑い(ネコ)続きを読む
posted by 犬すけ at 12:44 | Comment(9) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

ターゲットは何処だ?当選弓矢

記事にしようかどうかと考えてたニュースを、こおり@さんが記事にされていたのでトラックバックいたしました。
文章も引用させていただいております。トラバの報告はしておいたのですが、引用の件はご容赦下さいませ平謝り

こおり@さんのブログ「ロードスターの話車ダッシュ」より
------------
(o^ー')b トヨタが動いた!の話

トヨタは富士重工と共同で、スポーツカーを開発する方向で調整している事が明らかになった。
(朝日新聞より)

エンジンには富士重工独自の水平対向エンジンの搭載も検討し、秋までに詳細を詰めるそうです。

排気量は2リッター以下になる見通しで、価格は200万円以下に抑えるみたいです。

しかし、水平対向エンジンは割高でどれだけ価格を引き下げるかが課題だそう。

価格の話ですが、上層部は『150万円以下で何とかしなさい』とも言ってるとか…。

150万円って言ったら相当な赤字覚悟でしょう。

スイフトスポーツ等がその 価格帯に当たりますが、スバルのプラットフォーム(おそらくインプレッサ)を使って、FRレイアウト、水平対向エンジン。

------------
コレ、僕も非常に期待していますチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

トヨタ一社だけでの話なら穿った目で見てたかもしれませんが、スバルと共同&150万以下ってほどの低価格って所で物凄く反応してしまいました。
開発費を抑えスバルの水平対抗を用いて低重心化等、基本をキチンと作る事で安くても持ち得るポテンシャルの高い物にしたいって事でしょうか?

いやいや、このニュースで脳裏を過ぎるのは、まぎれもなく「ヨタハチ」でしょう目がハート(ネコ)

水平対抗2気筒、軽量コンパクトで安く手に入るスポーツカーとして、ホンダが自動車業界に参入して世界をあっと言わせた伝説の「S」に真っ向から対峙するライバルとして歴史に名を残す「TOYOTA SPORTS800」を思い出すなと言われても無理ってもんですチュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)

コレってのは現代の若者に向けても、ついにF1にまで参戦してる豊田ですから元気なところをアピールしたいでしょうし、定年でドロップアウトした団塊の世代、まさにエスハチ、ヨタハチに憧れた世代をターゲットにしているに違いない「!!」

・・・・って事だったらいいなぁ…涙ぽろり(ネコ)

と思ってましてwww泣き笑い(ネコ)


wwwうっしっし(ネコ)雫(涙・汗)


強引ですが、そこでヨタハチ再来であると勝手に仮定して個人的嗜好全開で是非是非実現して欲しい希望を書き連ねてしまいますうっしっし(ネコ)

まずスバルと共同って事で期待される水平対抗エンジンですが、これを是非是非1200cc程度で2気筒で出して頂きたい「!!」OK!2

新設計で2気筒とか使い道のないエンジン作って安くなるわけが…なんてのは抜きwwwうっしっし
シリーズ化してくれりゃいいし、スバル的には軽への転用だってOEMだってあるじゃないですか。いや、「でも2気筒・・・」とか言わんで下さい、話が終わっちゃうからwww泣き笑い(ネコ)


話を元に戻して・・・w

気筒数が多いとか出力がデカイ方が凄い、偉いってな単純なお坊ちゃま達に媚びなくていいじゃないですかNGバツ1赤ちゃん
それでも100ps位は超える事も出来るでしょうしビッグボアツインの鼓動感を楽しめる車なんて現代においては英国キットカーでしか存在しませんから。
こんな魅惑的な車のカテゴリが世界に名だたるメーカーが揃った日本において存在しないのは不幸だと思います涙ぽろり(ネコ)

大排気量、高出力の車とは全くベクトルの異なる車、フィーリングからして比べる事が無意味な立ち位置こそ現代のライトウェイトの在るべき姿だと信じています。
でなくちゃ大きいほうが良いって下らない話で小さい車の存在は片付けられてしまいますから。

小さくないと出来ない事を真面目にやって欲しいのです

もちろん水平対抗2気筒なんて積むからにはボディも相応にコンパクトになるはず。
決して5ナンバー枠一杯に作ることは必要ないと思いますよ。
現行軽よりちょっと大きいくらいでも十分じゃないですかうっしっし(ネコ)

そして昔を懐かしむ団塊世代のオジ様や、経済的に手に届く若者達を虜にしていって欲しいと願ってやみません目がハート(ネコ)

ビッグボアツイン搭載の車をどれだけの人が買うのかって現実的な意見はあるでしょうが存在しないカテゴリでは語り合っても互いに空論ですからね。

振動が酷いんじゃない?って心配もご無用、現代は振動を消す技術も進んでますし何より「その振動(を生み出す2気筒という構成そのもの)が良いんですから泣き笑い(ネコ)

排ガスの問題が出てくるのかもしれませんがVWのディーゼルの様な電子制御で実現できませんかね?

兎にも角にも是非是非こういうカテゴリ(超ニッチだとは僕だって思ってはいますがw)を世界のトヨタだから出来たと、そういうチャレンジをして欲しいですねOK!2

って、自分の趣味全開で在り得ない事ばかり好き勝手書いたけど・・・現実的にはインプレッサの1.5L水平対向4気筒の搭載ですよね。

…きっとね。

別にいいけど〜・・・チュー(ネコ)
posted by 犬すけ at 12:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

バイクの盗難対策うっしっし(ネコ)

こおり@さんのブログ「ロードスターの話」にて「(o^ー')b BNR34 GT-Rの話」って記事で自動車盗難などの話があったので、そこから今日の題目を頂きました。

僕の場合はバイクの盗難対策なわけですが、どっちかと言うと原チャリメインの対策かな・・・
一度書いた様な気がするけど書いてないみたいなので僕がモンキーにハマってた頃に実際にやってた盗難対策をご紹介。
・・・と言っても直結対策なだけで大した事ではないのですが困り

やり方は簡単。
直結させなければいいのでキーシリンダーから伸びてる線の一本を追いかけてバレにくそうな所で切断しますはさみライトの中の配線が巻いてるとこなんかはいいかもですね。
切断した線の両端に別の電線をつないでフレームに沿わせてシートの方まで持って行きます。もう理解できたと思いますが、線の色など目立ちにくい物を選びましょうね。線の這わせ方も不自然だといけませんOK!2
シートの下など判り難い場所で延長した2本の線をトグルスイッチ等で繋ぎましょう。僕の場合は2箇所に分けてトグルスイッチを付けましたwww泣き笑い(ネコ)
もちろんトグルスイッチも電線もなんらかの方法で固定しなくちゃいけませんよ。

これで完成キャラクター(万歳)
エンジンをかける時はキーを捻るだけでなくトグルスイッチをONにしなくちゃエンジンはかかりません。バイクから離れるときはもちろんトグルスイッチをOFFにしましょう。

この対策のおかげで実際に直結しようとして鍵穴を破壊されたものの盗まれずにすんだ事がありますうっしっし(ネコ)
腹いせなのか鍵穴そのものが無くなってましたwww泣き笑い(ネコ)
ちょっと直結方法を学んだ程度の兄ちゃんだったらその線の存在に気付いて先を追いかけるなんて事は出来ないでしょうし、そんな暇もないでしょうOK!2

スクーターだったらメットインの中にスイッチを入れてもいいですね。もちろん走行中に動いた荷物にスイッチを切られないようにカバーなどが必要でしょうがw

大型バイクの場合はスターターに細工しても良いですねうっしっし(ネコ)

ぁ、もちろん業者の格好でトラックにホイと積み込んで颯爽と去っていくような本職の窃盗団に対しては無駄な抵抗なのは言うまでもありませんがw

ーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーー

気に入ってくださった方のためにちょっと記事を追記しておきますにこ(ネコ)
コレ、もう少し配線を弄くればスイッチoff時の停車中に直結したり
スターターを押したりすると警報や警笛が鳴るパトカーのランプ・・・
なんて細工も出来るのは想像に難くないと思いますうっしっし(ネコ)
そん時はそういうスイッチを選んで利用すればいいですね。
探せばそういう工作にぴったりの物が色々あると思いますよ。
posted by 犬すけ at 22:19 | Comment(10) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

新生サソリが東京に現れる!星座(さそり座)キャラクター(万歳)イタリア国旗


【フィアット 500 新型発表】アバルト仕様は東京モーターショーでお披露目へ
http://response.jp/issue/2007/0709/article96665_1.html 2007年7月9日
5日に伊トリノで行なわれた新型フィアット『500』の記者発表会で、フィアット・オートモービルズのルカ・デメオ社長は筆者の質問に対し、新型500を東京モーターショーに出品することを明らかにした。

質問は「アジア市場への導入計画について」で、それに対しデメオ社長は、「今秋の東京モーターショーに、限りなく生産型に近いアバルト仕様を参考出品する」と答えた。

またデメオ氏は、「日本の顧客は、スポーティで、スペシャライズする趣向があると認識している」とも言及した。


だそうです。
東京モーターショーで新型(というより新生)FIAT500のABARTHバージョンが発表されるそうですキャラクター(万歳)
現在のラインナップでも面白そうなんですから、そのサソリバージョンたるや
さぞや刺激的な車として現れるのでしょう。今から楽しみですねぇうっしっし(ネコ)
グランデプントでアバルトの名をバッジだけでなく性能からブランドとして送り出すことを宣言したFIATですからHONDAのType-Rよろしくエンジンも足回りも走りに関して抜かりなく手を入れて欲しいものです。

スポーツカーとしてはもちろんFIAT500のチューニングでその名を馳せたアバルトですから、ここでの復活こそFIATにおけるABARTHの完全復活を名乗るのにふさわしい場と言えますね。

個人的にはABARTHには派生バージョンでFiat Abarth 750 Record Monza Coupe Zagatoの様なコンパクトスポーツを作ってくれたら鼻血もんなんですが目がハート(ネコ)目がハート(ネコ)目がハート(ネコ)

そしたらファミリーカーに新FIAT500ABARTHでビートの代わりに新FIAT ABARTH750チュー(ネコ)ハート3(大きい&小さい)
・・・あぁ、妄想してしまいます泣き笑い(ネコ)
でもカプチーノより少し大きいくらいのサイズじゃなくちゃいらないやうっしっし(ネコ)


・・・って本当のところ僕は相変わらずこっちの方がずっと好みなんですけどねwww
posted by 犬すけ at 23:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | Motor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。